【冬キャンプ中の温泉とコテージ】 ご利用は計画的に




2020年12月27日

17時すぎの道志村は ほぼ日が沈んでますが

弟たちのコテージに遅れたものの

我が家用のテンティピの設営があらかた終わりました


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ


ランタンを灯す作業も 日没前に間に合いました


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

ただし まだ薪ストのインストールは終わっておらず


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

うーん… いいなぁ…(^^;


今回 あらためて感じたのは

冬キャンプはコテージのほうが楽だということです


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

電源がある場合がほとんどですし

コテージの暖房器具が置かれていなければ

自宅にある機材を持ち込めばいいのです




弟が持ってきたのは木造7畳までのファンヒーターですが

これでじゅうぶん すぐに室内は暖まってましたから


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

テントサイトのほうが料金は安いけど

寒さという大ボスがいて さらに中盤から

つるべ落としいうやっかいな敵も現れますから

手軽に設営が済むのは大きなマージンになります

我が家だけのキャンプの次がまだ冬だったなら

コテージに泊まる選択肢もアリだと思います


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

気づくと18時を過ぎたので

弟と話して 晩メシが先か風呂が先かを考えましたが

この場では済まないほうを優先することにします


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

風呂のほうです

道志村の道志上にあるキャンプ場で

温泉入浴を考えた場合 どんな場所があるかというと

本来はけっこう 選択肢が豊富なのです


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

まず 水之元さん自体も 母屋にうかがえば

民宿別棟の入浴設備を利用できます


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

利用できる時間帯は 朝8時から夜21時まで

温泉ではありませんが 循環式のお湯が張られた浴槽で

キャンプ客の利用料金は 大人子ども関係なくひとり 300円


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

こちらが素晴らしいのは 水之元ACだけでなく

場外のキャンパーも 同じ料金で入浴させてもらえること

しかし我々が利用した場合を考えてみると

男女に分かれるとしても 男湯の浴槽は狭くなってしまいます

交替で入浴しても良いのですが 密は避けたいですからね

他のキャンプ場から来るキャンパーさんを待たせることになっても

しのびないですし…(^^;


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

そうなると やはり場外へ目が向きます

すぐに思いつくのは 村営のあの日帰り温泉…


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

道志の湯です

なのですが iPhoneでホームページを調べたところ

残念なお知らせを目にしてしまった…


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

なんと今日はもう閉まってます

12月27日は16時で閉場し

すでに冬休みに入ってしまったあとでした…




水之元からの距離は約6km なので

ここから行ける日帰り温泉としては もっとも近所だったのですが

残念ながら今回の利用はムリでした… (^^;


じゃあ… 道志みちを山中湖方面へ進んだら

どうかというと…


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

石割の湯があります

ただ 水之元から石割の湯へ行くまでは

思った以上の距離があることが判明…




Googleマップで確認すると 約12km です

道志の湯に行く場合とくらべ ほぼ倍の距離があります

また標高の高い山伏峠を抜けるので この時間帯は

夏タイヤしか履いていない弟の車はスリップの危険がともないますし

さらにいまは年末です


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

石割の湯のHPを調べると 年末年始の営業は

時短になってました

そしてこちらもすでに 今の時刻は入場できません


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

HPには年末年始の営業カレンダーがあったので

転載させていただきましたが こんな感じです

新型コロナが蔓延していますし もともと合宿所が多い立地ですから

こうなるのは致し方ないことなのでしょう


ほかにも 道坂峠をぬけて 都留市へ出る方法もありますが

水之元からは 20kmもの走行距離になりますし…




道坂峠の最高部は山伏峠より標高が高くて

1000m を超しますから 道路状況は石割の湯へ行くより

さらに厳しいため この選択肢は除外です

こうなるとやはり あの場所へ行くしかありませんでした


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

けっきょく車は一台に全員が同乗しました

デリカに7人と1頭で乗り込み 道志みちを

相模原方面へ下り 向かったのは…


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

紅椿の湯です

私的には つい最近 来たばかりでしたけど




水之元からはちょうど10km

実は下善之木から石割の湯へ行くより

紅椿の湯へ行くほうが 距離は短いんですね

これ 今回しらべて初めて知った事実でした


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

ただし…

ワタシは車で留守番です


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

もちろん with ココア

彼はひとりで待てないので仕方ありません

ま こうなることは見越してあり 自宅を発つ前に

ワタシはシャワー浴を済ませてありますけど


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

ちなみに紅椿の湯の冬季営業時間は 10時~20時まで

最終受付は19時半で 食事処の営業は11時~19時


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

冬季の道志みち界隈にある温泉としては

いちばん遅くまで営業していることになります

また 気になるのはサービスタイムですが

17時以降の実施で 大人は550円 子ども300円 でした


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

もちろん来店時と在館時のマスク着用や

大声での会話を控えること そして在館時のこまめな手洗いは

お約束事項で 密を避けるための入館制限により

状況によっては 入れないこともあるそうです


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

6人のさっぱりしたメンバーと

約1名と1頭のさっぱりできなかったメンバーで

水之元に戻ったのは20時ちょうど


何がなんでもキャンプだし 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ

水之元第2キャンプ場はほかに誰もおらず

暗いので テンティピ内の照明を点けたままにしておいたのは

正解でした






更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
バナークリック、ぜひともお願いします 



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 水之元オートキャンプ場 第2キャンプ場 民宿 風呂 石割の湯 道志の湯 紅椿の湯 温泉 年末年始 冬キャンプ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます(^u^)
本日より始動します。
真冬のキャンプは装備が多いのと寝る時の寒さでコテージが頭に浮かびます、片付けが無いっていうのはかなりのアドバンテージですね〜(^o^)丿

こんにちは

明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

寒気と寒気の中休みで、やっとパソコンに向かえる時間が持てました。
グルキャン、コテージも良いですね(*^^)v
ココア君は慣れないと休まらないでしょうから慣れるまで宿泊は無理でしょうが・・・(;^_^A
でも、将来的には「あり」ですよね。
目の前のドッグランで楽しんで。すぐに慣れそうです。
年末の寒気は関東に雪を降らすほどではなかったようですが、車載用のスコップについて我が家の感想を言えば、
娘はほとんど使いません。
こちらでは柄が短くて使い物にならないのです(-_-;)
黒豆には車載用のスコップと普通のスコップ両方入ってます。
たまに使うのであれば全然問題ありませんが、普通に駐車場を掃くには使い勝手が悪い。
楽天で見たら柄を折り畳めるタイプもあり、値段も安かったから、そっちにすれば良かったと後悔中です。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ