結果、毒をもって毒を制してる




そういえば です


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

弟の葬儀は家族葬で

たまたま知り合いにいた葬儀屋さんに参列いただいた以外は

親戚だけで執り行いました


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス
テネンガス / CC BY-SA

弟の亡骸を自宅から送り出して荼毘に付すにあたり

葬儀屋さんに依頼し斎場の予約をとっていただいたのですが

高齢の両親がいますから 新型コロナ感染リスクを抑えるため

いちばん混雑しなさそうな時間帯…

朝 斎場が開いた直後の早めなタイミングをお願いしたのですが

「その時間帯は予約が取れない」 といわれてしまいます


理由を聞いて納得しました

その時間帯 斎場が開いて最初の時間枠は

新型コロナで亡くなった方の亡骸を

火葬することになっているのだそうです


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス
No machine-readable author provided. おぉたむすねィく探検隊 assumed (based on copyright claims). / CC BY-SA

けっきょく予約できた時間帯は朝から二番目の枠でしたが

その日 同じ斎場にて その病で亡くなった方が

荼毘に付されたのかはわかりません


ただ 斎場も場内の消毒をしっかり行った後で

一般の葬儀を迎え入れるとのことでしたし

火葬を待つ間も 他所の遺族同士はソーシャルディスタンスを保てるよう

離れた控室に通されていたので 不安を感じることはありませんでした

なお斎場内は撮影禁止のため 上の画像はイメージとしてお借りしました


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス
Photo by Maynard Hogg 

弟の遺言は 自分の骨は海にまいてほしいとのことで

その手筈も整いつつあります


散骨は四十九日までに行うものらしく

あと少し 弟の遺灰と別れるまで時間の猶予がありますが

実家の両親は まだ我が子を亡くした事実を

受け入れ切れていないようです


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

奥さんと子どもたちは私たち兄弟の両親と同居で

弟はしっかりローンを完済し 持ち家の自宅を息子名義にして残したのです

弟の父としての責任感には感服します

弟の庇護のもと これからも両親と弟の家族は 一つ屋根の下

生活を共にしていくので 子どもたちが成長していく日常が

いくらか両親の喪失感を埋めてくれるかもしれませんが…


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

私がもし将来 私の両親と同じように

自分より早くに子どもを見送る立場になったと考えたら…

きっと耐えられないことでしょう


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

我が家の子どもたちが強く生きていけるよう

何ができるのかを考えましたが…


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

運命というものがあるのだとしたら

その前で人は何もできないのかもしれませんね


さて 自粛生活も長引き

私も気が付けば 3月に行った都留が

最後のキャンプになっておりますが 世間では

自粛で心を病む方が増えているそうです



自分や家族の健康を守ろうとか 気持ちを前向きに保って

がんばろう とか 後ろ向きにならないよう がむしゃらに前を向こうとする

そういう心理って 心のスタミナを奪うのだそうです



なるほどなと思いました

私は実はいま 非常に健康ですし 睡眠もとれるし

食欲もあるのですが いまの健康状態は 弟が亡くなる前より

むしろ良い状態にあると感じています


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

肉親の死で 心の涙は枯れましたし

無力感も感じてしまいますが 週のうち何度か…

仕事を終えたり半休をとったりして 実家まで…


何がなんでもキャンプだし 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 弟 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス

片道約50キロの道のりを往復していた時期に比べたら

肉体的には今はずっと楽なのです

もちろん弟を失った心の痛手はまだ大きいのですが

その弟が 私たち遺族のコロナストレスの多くを引き受けて

持って行ってくれたのかもしれません




ありがたいことです

天が与えたもうたタイミングに

そして弟にも感謝しないとなりません





更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
バナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 新型コロナ コロナ鬱 火葬 斎場 肉親の死 散骨 自粛生活 キャンプ ストレス


コメントの投稿

非公開コメント

No title

コロナ鬱になる人が私の周りでも増えてきました、ずっと家にいる事と仕事に対しての不安が蓄積するんでしょうね(^-^;
私はここにきて小説を読むという趣味が復活、時間がたっぷりある事を楽しんでおります(^u^)

PS.私も死後は遺骨は海に撒いて欲しいと思っております。

No title

天国への階段。よく聴いた曲でした
命は限りあるから尊い。
今回の弟さんのことは辛かったですが
ご家族や親せき、同僚など係わった方々に
影響があったと思います。いい意味で。
先日父が亡くなった時も
いろいろな面で勉強になりました。
普段会わない兄弟や親せきなどにも
会えて話せて・・・。
そういう役目だったのかな・・・。と
いずれ自分たちも旅立つと思います。
その時まで悔いのないように
精一杯生きましょう!

こんにちは

このコロナが出現してしまったがために、様々な日常を失ってしまった。
コロナが無かったら大勢の人が心置きなくお見送りできたのにね。
その点を思うと、叔母は去年であって良かったとも思える。
県外からも葬儀に出れましたから。今だったら無理・・・
うちの妹が離婚して、将来のお墓はどうするのか聞いた事がありました。
子供がいるから子供が建てた墓という選択も勿論ありますが、元旦那とは嫌でしょうからね。
すると、本人はお墓とかに興味も無いから散骨で良いと。
今は皆さん希望する方が多いですね。
そういえば、うちのもっぷもそうでした。彼の希望で川ですね(^^;)
海なら、いろんな所から会えますね。広いから。

一緒に住んでいない分、日常に戻れば悲しみも少し薄れますが、ご両親は家にぽっかり穴が開いた感じで寂しさの度合いが違いますね。
時間が解決するのを待つしかないけど、街で同年代の人を見ただけで悲しくなるんですよねぇ。
悲しみを消すことは出来なくて、悲しみと同居する事に慣れるしかないと思います。
それには残された方々のフォローが不可欠かと。
マメに連絡を取ってあげてくださいね。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ