直ったがやっちゃってるかもしれない件:軍用ペトロマックス灯油漏れリペア③


想定外の事態でしたが

なるほどな… とも思いました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

古い軍用のペトロマックスランタンは

もともと市販モデルではないものですし

タンクの刻印から調べたら 1960年代初めの製造でした

自分より年上のそれを維持するのは

やはり生半可なことではないのでしょう


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換


社外品のグラファイトパッキンを探し当てて入手し

交換しましたが その縦の長さは…

パッキンが収まるキャップナットの内側ネジ山を

覆い隠してしまう高さがありました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

試しにこの状態で ジェネレーター下部に取り付けられるか

試しましたが キャップナットを押しつけながら回しても

ネジ山はかみ合わず…

やはりグラファイトパッキンのタテ長が

少し高すぎるのです


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ふと思いついたのは

「もしダメだったとしても 予備はまだ2つ残っている」ということ…

なかば思いつきのように精密ドライバーを使い

キャップナットにはめ込んである グラファイトパッキンを

ガリガリと削ってみたところ…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

やっとネジ山がかみ合い ねじ込むことができました


しかしスミマセン…(^^ゞ

精密ドライバーでグラファイトパッキンを削る画は撮ってません

想定外の事態が起きてしまったので

撮り忘れた次第…(m_m)


作業の手応えを書いておくとすると

パッキンの鉛はやわらかくて マイナスの精密ドライバーで

キャップナットの内側をなぞるように滑らせるだけで

1ミリくらい削れ 削った面をならすのも簡単な感じでした


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

他の方が同じランタンで同じパッキンを使い

同じ事態に陥っても おそらく8割方は

さほど苦労を感じない処理だと思います


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ハードルとしては低いけど 想定外のトラップにはまりかけ

「隙あり!」 とばかり 不意討ちをくらった気分ですが

なんとかクリアした感じなので

あとはばらしたパーツを組み戻します


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ニップル部からクリーニングニードルが出ていることを確認しつつ

グリップホイールを取り付けます

しかしここにもトラップがww


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

実は一度 グリップホイールを逆向きに取り付けてしまいまして…

これ やりなおした後の画です (^^ゞ


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ヘッドカバーをはめ 両脇のベイルナットも締めて

組み終わったところで さっそく試運転へ…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

圧力調整スクリューを全閉にしてから

空気入れで加圧します


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

適正値までの加圧完了

エネルギー充填101パーセント完了!


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

この時点で加圧によるエキセントリックまわりの灯油漏れは

ありませんが まだまだです

点灯させて熱が加わったあとも同じ状態をキープできるか…

その状況まで検証する必要があります


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

予熱用アルコールを用意します

ボトルはコールマンのものです


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ここから火を使うので ペトロマックスは屋外へ

そういえば639C ジェネレーター交換後の試運転も

同じベランダで そして同じく雨でした


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換


念のため予熱は二度

一度プレヒートカップのアルコールが燃え尽きそうになった頃

再びアルコールを注ぎ入れて追予熱し…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

頃合をみて グリップホイールをひねると

交換前の5倍増しくらい… いやもっとか?

とにかくめちゃくちゃ ホイールが重くなっていました

グラファイトパッキンの高さを削った作業が雑だったせいかも…

もっと丁寧に取り組むべきだったのかもしれません


そして…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

点灯しました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ま 先月末も点くだけなら点いたので

肝心なのはエキセントリックシャフトまわり

交換したグラファイトパッキンが

きちんとシールして機能するかどうか…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

20分ほどこのまま放置しつつ

激重なグリップホイールを回したり

ベイルで持ち上げて移動させ 揺らしたりもしてみました

その結果は…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

大丈夫みたい

グリップホイールの根元 エキセントリックシャフトまわりからは

灯油が漏れ出ることはなし!


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

なんとか復活したようです

これでまた野に持ち出して使い倒せそうです

願わくば 荒削りなグラファイトパッキンが

すぐに劣化せず 数年は保ってくれると良いのですけど…


なお 加圧式ランタンのグラファイトパッキン交換について

情報を検索すると グラファイトパッキン交換だけでなく

液状ガスケットも使いシールした事例があるようです




私もかつて アルパカストーブの灯油漏れ補修

使用したことがあり ある程度のシール効果が期待できると

分かっているのですが 今回は使っていません


何がなんでもキャンプだし アルパカ ストーブ 液状ガスケット パッキン メンテ 交換

何がなんでもキャンプだし アルパカ ストーブ 液状ガスケット パッキン メンテ 交換

液ガス使ってしまえば ケミカル使用痕が

ありありと見える状態になるでしょうからね

ただしもし グラファイトパッキン交換で灯油漏れが収まらなければ

使う事態になったかもしれません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

とりあえず この質実剛健で美しいランタンに

液ガスを使用せずに済んだのは ホント

良かったです…(^^ゞ



ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第一編はこちら
軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする ①
: 各部品解説とグラファイトパッキンの入手先情報 編



ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第二編はこちら
軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする②
: 新品グラファイトパッキンのタテが高杉くん? 編





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換


コメントの投稿

非公開コメント

ランタンの明るさ

ランタンの明るさは驚異的ですよね
初めて見たときにこれは何!?
とわからず原理もわからなかったなあ
これガス科学館に詳しく書いてあるんですよね
歴史が古いランタンですが今でも使われてるとは
オドロキです!

こんにちは

あぁ良かった(*^^*)
二転三転してドキドキしましたが、上手く削れたようだし
その後も問題なく使えそうでよかった。
やっぱり古いものは部品が違うし故障した時は頭抱えちゃいますね。
これが外注だとあっさり断られちゃうじゃないですか。
自分で直せるって強みですよね~

普通の感覚の人は役員なんてやりたがりません。
責任があって大変だと言うのが分かるからです。
それが、最近は進んで組長をやりたがる人が出てきました。
〇〇〇二号もそうだったし、今回の方もそうです。
子供さんが小さいし大丈夫かなぁ・・・と傍目で思うのにです。
そんな彼女らの共通点は、自分の好きにしようという思いがあるから。
郷に入ってみたら自分の思ったような感じでは無かったから
じゃ郷に従わずに自分仕様にしちゃおう、という感じかな。

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ