軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする②:新品グラファイトパッキンのタテが高杉くん? 編



先月末 久しぶりに点灯させて不具合が起きていた

ペトロマックス HK250 が その前はいつが

最後の運用だったのかというと…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

記憶やブログをいろいろ掘り返してみたら

2年前の朝霧JAMだった…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

その時のブログを振り返ると 上のように予熱したものの

点灯できずに終わってしまってました

その後 自分自身でこのブログに

「点検する必要がありそう」と書いていたにもかかわらず

何もせずに2年もの間 放っておいたことになります… (^^ゞ


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

無責任ここに極まれりですが

2年間ノーメンテ放置のツケを精算すべく

渾身のメンテに励んでおりまして…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

前の更新は HK250 のホールエキセントリックを分解し

キャップナットを緩めてはずしたところで終わりましたが

はずしてみた内側を覗いてみると…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

摩耗したグラファイトパッキンが貼り付いてます

それはもうガッツリと… 振ってもつついてもはずれません

キャップナットの右は新しいグラファイトパッキンですが

Old and tools で入手したものは非純正の社外品ですけど

外径と内径は適切なものであることがわかります


ちなみに斜めから見るとこんな感じで

右が新品のグラファイトパッキン


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

キャップナットの中に収まっている古いものは

この角度だと いちばん下のネジ山の下にわずかに見える程度

つまりかなり摩耗しており この角度では見えるかどうかくらいまで

磨り減っていることになりますから

これじゃ灯油も漏れるワケです

そしてもちろん消耗パーツですから

再生するなどできません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

振ってもつついても出てこないなら

鋭利な工具でほじくり出す必要があると考え

用意したのは精密ドライバーです


もともとは自分のメガネの補修用に

使っていたものなのですが…




※ イメージです こんなお高いものじゃありませんが


かつては起き抜けに 私のメガネを踏んづけて

蝶番のところから曲げてくれた子どもたちと

今では寝室も別々です

使用の頻度は激減してますし 潰れても他に何本もありますし…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

200円のステンレスバットの上にキャップナットを置き

精密ドライバーで 古いグラファイトパッキンを

掘削していくことにしました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

劣化しているのか 元もとそういうものなのか… 

そんなに力を入れなくても ポロポロと崩れて

ほとんどの残骸は苦労せずに取り除くことができて…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

さっきまでグラファイトパッキンだった物体は

バットにこぼれて けっこうな量の粉状になりました

しかし内容物が粉々の状態になったということは…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

それが収まっていたキャップナットの中にも

また内側のネジ山にも 粒状の鉛のかけらが

ボツボツと残ってしまってます

なので…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

車用のブレーキクリーナー

いわゆるパーツクリーナーでも同じですが

家にあるのはこっちでした


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

溶剤で強力に脱脂しつつ 炭酸ガス噴射の勢いで

粒状になった鉛パッキンのかけらを吹き飛ばしていきます


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

持ってて良かったブレークリーン

スッキリさっぱりとキレイになったし♪


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

では新しいグラファイトパッキンを

キャップナットにはめ込みましょう


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

しかしここで問題発生

新品グラファイトパッキンの高さが…?


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

なんと高すぎる?


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

プライヤーのハンドル部分のお尻を押し当てて

押し込みましたがこんな感じで

キャップナットのネジ山が見えません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

キャップナットを反対側から見ても

すでに奥までグラファイトパッキンを

押し込んだ状態であることは明らかなのに?

うーん… どうすべきか

最終編へ 続きます





ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第一編はこちら
軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする ①
: 各部品解説とグラファイトパッキンの入手先情報 編



ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第三編はこちら
直ったがやっちゃってるかもしれない件
:軍用ペトロマックス灯油漏れリペア③






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換 液状ガスケット アルパカストーブ


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

すごい粉々ですね(◎_◎;)
金属なんですよね?
電池が液漏れして粉が吹いた感じと一緒かな。
私だったら中身が出て来ない時点で諦めちゃうかも・・・

2年前でしたか!
モノを見れば、「あぁあった」って覚えてますが、それがいつの事だったかまでは・・・
そんなに前だったのね。
で、これからは・・・長さを短くカット?

アパート、1台持ちの方は全然関係なく今回のトラブルも気にしてないかもしれませんが、
凄いです。
ココまで揉めて今後どうなるのかって感じです。

続きが気になる

うまいなあ
こういう書き方このごろしてないです
ん~続きが気になる!!

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ