軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする①:各部品解説とグラファイトパッキンの入手先情報編




このところキャンプに行くごと

メンテが必要な道具の存在に気付いて

キャンプの後は必ず自宅で修繕するのが

まるでお約束のようになっていますが

またも同じ轍を踏んでしまいました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

ペトロマックス HK250

古い軍用のケロシンランタンです

これを入手したのは2011年で

東日本大震災が起きた年でしたから

もう8年も前のことになります


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

このランタン ホワイトガソリンでも運用できるらしいのですが

我が家では灯油のみ

ケロシンランタンとしてしか使っていません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

しかし 同じケロ灯であるコールマン 639C700と比べると

運用の難易度は明らかに高く またメンテの頻度も

コールマンよりペトロマックスのほうが多めです


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

気を抜くとすぐに炎上しますし かといって気難しい割に

まったく把握できなかったタイミングで不調に陥ったあと

しばらく放っておくと 再び息を吹き返して元に戻る…

なんてこともありました

ペトロマックスの加圧式ランタンによく言われることですが

私のHK250も やっぱりじゃじゃ馬だと思います

ま 過激な性質の機械物は嫌いじゃありませんからね


何がなんでもキャンプだし

Kawasaki 750 H2 / jano2106 こんなのも大好きです


先月末の運用は その前がいつだったのか

思い出せないくらい放置したあとだったのですが

何年かぶりで ひさびさに運用したのに

ともるだけならまったく問題は起こりませんでした


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

しかし今回は 過去の恵まれたケースのような

甘い状況ではなくて…


不調の原因がパーツの摩耗限界によるのであれば

どんなに放置しても 自然に本調子に戻る奇跡など

起きるはずはありません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

9月末のキャンプで 点灯はしましたが

グリップホイールの根元から ポタポタと灯油が垂れてきました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

この現象は グラファイトパッキンの摩耗限界…

鉛製のシールが逝ってしまったことを示します


ここで用語を解説しておきます

まず グリップホイールとはこれのことです


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

灯油とエア混合気の噴出量を

このホイールを回すことで調整します

グリップホイールの外周の突起 = 矢印の刻印を

真下にくるよう回すと 混合気の噴出が止まります


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

そのグリップホイールの中心軸がエキセントリックシャフト

グリップホイールでエキセントリックシャフトを回転させると

ランタンのジェネレーター内部のロッドが上下して

ジェネレーター上端のニップル部からの混合気噴出量を

制御する仕組みになっています


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

そして上の画で グリップホイールの左がわ

シャフトを覆う金色のナットがキャップナット

その内側は加圧されたエアと灯油が通るのですが

キャップナットとエキセントリックシャフトの間で

気密を保持しエアや灯油が外部に漏れないようにするシーラーが

グラファイトパッキンです




これはコールマンのランタン用 ペトロマックス用とはサイズが異なります


ペトロマックス製ランタンの各部名称図がありましたので

こちらでも図解します


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

これは全体図で 厳密には私のHK250ではなく

現在市販されているHK500やHK150のものですが

速熱器(90、220~224番)の有無しか違いはありません

軽く50年以上もの間 ほとんどその基本設計が

変わっていないということです


そして今回のリペアに関連する

主要部品の詳細が↓こちら


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

赤で囲った部分が114番 ホールエキセントリック

燃焼を制御する重要な部分です


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

拡大したこの図の108番がグラファイトパッキンですが

実は数年前までは ペトロマックス用のこのパーツ単体を

国内で探すのは 難しい状況にありました

「ペトロマックス グラファイトパッキン 交換」などでググると

2012年頃は適合するパッキンが見つからず

水道用を流用した方もいらっしゃるのですが

いまは便利になりました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

こちらのショップから取り寄せることが可能なのです

Old and tools という九州のショップで

古い火器の本体や消耗品を取り扱っており

もちろんペトロマックスに適合するグラファイトパッキンも

用意があります


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

私はOld and toolsのショップHPを知らずに

同ショップのネットオークションブースから取り寄せました

オークション経由で入手した場合の発送は

定形外郵便かクリックポストなので 送料は安いのですが

関東への配送は3~4日ほどの時間を要します

お急ぎの方は ショップHPのデフォルト配送は佐川便ですから

そちらのほうが早く手に入るはずです 高くはなりますけど…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

定形外郵便ですが緩衝材にしっかり収められてます


また今回の作業は 灯油が漏れ出す可能性も考えられるので…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

念のためステンレスのバットを用意しました

ダイソーの200円商品です


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

HK250を置いたらバットが小さい気がしましたが

何もないよりは… たぶんマシでしょう


ではメンテ開始


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

まずタンク内をきっちりと減圧します


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

プレッシャーゲージの圧力調整スクリューを全開まで緩め

そのまま2~3分放置して しっかりエアの圧を抜いておきます

高地のキャンプ場で運用し減圧せずに

パッキン部の気密を解いてしまうと

気圧差で灯油が噴き出す危険性も否定てきません


次にグラファイトパッキンを緩衝材から開梱します


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

作業直前まで最終的に開梱しなかったのは

このパーツが鉛を主材料としているからです

やわらかいので 不用意に踏みつけてしまえば

簡単に変形してしまいますから


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

980円で3つ入ってます

今回1つ使っても2つ余るので しばらくは大丈夫でしょう


次にホールエキセントリックの分解です


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

今回はウォーターレンチでキャップナットを緩めました

ちなみに今年の7月に コールマン639C700 の

ジェネレーターを交換しましたが あの時のインチ規格の工具…


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

インド製のスパナはペトロマックスには使えません

コールマンは米製でインチ規格ですが

ペトロマックスはドイツ製ですからね


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

順序が逆だったか…

先にキャップナットを緩めてしまいましたが

グリップホイールを先に外すべきでした

グリスか摩耗した形跡か 灰色の部分が見えてます


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

プライヤーでナットを緩めて

グリップホイールをはずします


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

続いてキャップナットをはずしたところで

さきほど先行してキャップナットを緩めた時に見つけた銀色に

不調の原因の確信を持ちました


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

やはりジェネレーターがわのネジ山に

古いグラファイトパッキンの鉛が摩耗したものが

こびり付いてる模様です

グラファイトパッキンの交換まで 手間がかかるかもしれません


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

はずしたキャップナットの年季の入り方に

少しだけ嫌な予感とやり甲斐を感じつつ

裏返すと…

長くなるので次回に続きます




なお ペトロマックスの同じ部位の灯油漏れで悩んでいる方で

こまごまと分解してパーツ交換する時間など持てない場合…




ホールエキセントリックをまるごと交換する方法もあります


何がなんでもキャンプだし ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイトパッキン メンテ 交換

この図のすべてがオールインワンパッケージらしいです

時間がないけど自分でメンテしたい方には

こっちのほうがオススメかもしれません





ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第二編はこちら
軍用ペトロマックス灯油漏れをリペアする②
: 新品グラファイトパッキンのタテが高杉くん? 編



ペトロマックスHK250 グラファイトパッキン交換 ↓第三編はこちら
直ったがやっちゃってるかもしれない件
:軍用ペトロマックス灯油漏れリペア③







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ペトロマックス HK250 ケロシン ランタン グリップホイール グラファイト パッキン メンテ 交換


コメントの投稿

非公開コメント

アフターサービス

すごいなあ
アフターサービスというか
補修部品がそろっているとは
この記事も優良な情報と思います

No title

オールインワンの方を使ってしまうかもです、うーむ、ケロシンランタン欲しくなります~(^o^)丿
※その前に持っているガソリンランタンの修理をしないとですが・・・

こんにちは

難しいですね(^^;)
だんだんちんぷんかんぷん。
オイルが漏れるところまでは理解できるけど、その原因を見つけるのはやっぱり構造をしっかり分かってないと出来ませんね。
私には難しい代物だわ。
でも、入手し辛かった部品が楽に入手出来るようになったのは、やっぱりアウトドアブームがあり需要があるからかな。

駐車場問題、凄いことになってます。
なんでそこまでするのかなぁ・・・って。
これからココに住むならある程度譲歩しなきゃシコリが残りますよね。
なんでそんな事も分からないのかな・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ