今度はテントボトムの撥水メンテ… ご無沙汰してましたがやっと回復しました




一週間も更新の間隔があいてしまいましたが

まさかこんなに長引くとは思ってませんでした




先週の木曜夜に発熱し 金曜に近所の内科に通院しましたが

熱の高さからインフルエンザを疑われ 検査したものの結果は

しかし そのあとで医師から下された所見とおり

頭痛を伴う発熱は続き 火曜までずっと38度以上をキープ…




水曜にやっと頭痛が収まり 平熱近くに戻ったものの

今度は胃腸が食べ物を受け付けず…

食べられなければ熱が引いた後も体力が回復しませんから

やむなく仕事を早退する日があったほどでした

そんな状態でしたから ブログにはまったく手を付けられなかったのです




ゼリー状の栄養食品 こういう時にはありがたい存在でしたが

大人しくしていた甲斐があって ようやくこの週末 連休になって

少し復活した感じがしているところです

ご心配のコメントもいただいております ありがとうございました




さて…

おそらくはこの夏の酷暑により蓄積した疲労から来たダメージが

引き起こしたであろう発熱は ようやく収束しつつありますが

今の体力ではまだ野に出られそうもないですし

この連休は持ち帰った仕事と これのメンテをして過ごすことにした次第




ウォーラス TWO-STARS のメンテナンス


…ってこのテント メンテは完了して

すでに実地で使用していたはずなのに… ?




そんな声が聞こえてきそうですが実を言いますと…

この夏の過日のキャンプのこの時に

新たな不具合が露呈してしまってました






7月に末子と行った久保キャンプ場の撤収時のこと…




テント本体のボトム部分のシームテープが剥がれてしまいました

それはキレイに剥がれてくれたので ショックのあまり

画像には収められず… (T.T)


また9月になった頃 自室に置いておいたウォーラスのテント本体を

サックに手を突っ込んだ状態で触る機会があったのですが

ボトム部分もややしっとりした手触りになっており

どうやら加水分解が始まったっぽい…




できるなら認めたくないけど 認めざるを得ない…


つまりこれ以降 そのままで使用すれば

床下の結露程度でも幕内に浸水してくるおそれがありますし

また加水分解が進行すれば もっとベタつきが酷くなり

悪くすれば牛糞のような悪臭すら 放つようになるかもしれません

そして現在の状態は おそらくいまメンテを始めれば

何とか復旧できるタイミングに差しかかっていることは明らかです






4月末にメンテした際はフライシートの撥水処理作業のみで

テント本体は手を付けていなかったんですが

その時はボトム生地の手触りに問題は感じなかったのに…




思い当たるのは5月の改元10連休でのキャンプ

この時がウォーラスのメンテ後 シェイクダウンでしたが

芝サイトでは結露もしたし 雨にも盛大に降られてました




フライシートは大丈夫でしたが ノーメンテだったテント本体は

加水ダメージを受けていたのでしょうね


ということで TWO-STARSの本体の撥水処理メンテ スタートです

まずはテント本体を洗濯します




とりあえず汚れ落としの意味で 普通の洗濯洗剤で洗って

きれいにしてから…




天気は曇りだったので 気兼ねなくそのまま外で乾かします

しかしこの後 残念ながら小雨が降り出してしまったため

作業は中断…




目論見では 前回の撥水処理で余ったポロンTが

まだ缶の半量以上残ってますから それを塗布してメンテ終了…

そう考えていたのですが 雨降りが幸いしました

ここで思い止まり よくよく考えてみると…






かつてウォーラスだけでなく MSRのオレンジ幕もポロンTを使い

撥水処理して再生させたのですが

どちらも共通しているのは フライシートのみの再生だったこと

もともとMSRツインシスターズは2ポールシェルターなので インナーテントは存在しないのですが



しかし今回撥水処理しようとしているのは

フライではなくインナーのテント本体で

ボトム部分の生地を含みます




ウォーラス TWO-STARSでいえば 上の画の黒い生地部分がそこ

ここをシーム処理を含めてきっちり撥水しなくてはなりません


しかし 言ってみれば…

たまに雨が降ることがあり たまには濡れることもあるフライシートよりも

天候にかかわらず 絶えず 「地面」という水分を揮発する存在に

接し続けているテントのボトムは

加水という要素で見た場合 フライシートよりもずっと過酷な状況下で

使われていることになります




そんなボトム生地を撥水メンテするのに

フライシートと同じ撥水剤で処理して大丈夫なのだろうかと

ふと思い当たったのです




そしていろいろ調べた結果

意外な材料を使うことで ポロンTを使わずとも

テントのボトム部分を撥水メンテできそうな情報を得たのですが

その材料を買うまでが大変でした

続きます







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウォーラス ポロンT 撥水 フライシート ボトム テント メンテ シーム 頭痛


コメントの投稿

非公開コメント

お大事に

心配していました。
復活おめでとうございます

メンテ記事大好きです
楽しみにしてますね!

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ