軽井沢キャンプ中に行ける格安な本格温泉を中軽井沢に発見!!




以前は「お天気雨」であれば

降り方はせいぜい「小雨」程度だったと思います

でも最近はその程度じゃ済まない場所があるようです


何がなんでもキャンプだし 豪雨後のテンティピ ジルコン15

テンティピと木立の先には青空が見えているのに

ついさっきまで お天気雨にしてゲリラ豪雨でした


そんな 一時は土砂災害警戒情報すら発令されていた軽井沢ですが

危険な雨雲は去りつつあります


何がなんでもキャンプだし

レーダーで確認すると これから向かおうとしている場所は

まだ雨が降っているのですが 豪雨を降らせる雲塊は

西へ動いているようです


何がなんでもキャンプだし

この状況なら 町へ降りていっても大丈夫でしょう


さてライジングフィールドから市街地へ降りる目的は

日帰り温泉と買い出しなのですが…


何がなんでもキャンプだし

軽井沢のキャンプ情報をくまなく調べれば分かることですが

この地域のキャンプ場 実は入浴設備があまり充実してるとは言えません


何がなんでもキャンプだし シャワーイメージ

キャンプ場としてはシャワー施設のみというところばかりなのです

古くからの観光地なので 大手のホテル事業者が手がける

豪華な日帰り温泉施設もありますからね…


何がなんでもキャンプだし 温泉 イメージ

キャンプ場外の選択肢がたくさんあるのであれば

あえて限られた場所に 私設の入浴設備を作る気は起きないのかもしれません


何がなんでもキャンプだし 温泉


しかしきちんと情報を吟味しないと

あまりの混雑でゆっくりできなかったり

ハイシーズンの料金設定だったりして けっこうな出費になることもあります


ということで軽井沢キャンプにおける日帰り温泉情報なんですが

我々が滞在しているRFKには シャワーだけでなく

温泉に浸かれる入浴オプションもあります


小瀬温泉ですよね

小瀬温泉ホテルではRFKの宿泊者に限定して 日帰り入浴の門戸を開放しています

料金は大人 (16歳以上) 1,500円 子ども (4歳~15歳) 800円 と

場所が軽井沢であることを考えれば平均的な価格設定です

ただし 利用上の制約がひとつ…


小瀬温泉

30分という時間制限のため あまりゆっくりはできません

ホテルの宿泊者優先の措置でしょうから これは仕方ないこと…


では他に ゆったりと日帰りで利用できる温泉がないのか

「軽井沢 日帰り温泉」 でググってみてみると…

トップに表示されるのはやはりこちらでした




星野リゾート トンボの湯

さすが星野リゾートだけあり

利用者の満足度も5段階中4.1と高評価なのですが

お盆休み期間に突入した今は ガンジス川か中華海水浴場ばりの混み方なのか…



ロケットニュース24 中国の湖がどう見ても地獄絵図! カオスすぎて中国人も仰天!! より

…さすがにここまで凄くはないでしょうけどね


やっぱり混むは混むらしい

軽井沢に一年で最も人口が多いであろう今の時期には

積極的に近寄ろうという気にはなれませんでした


ただし トンボの湯の混雑を見て迂回した方々が行く先も

あるようで…


軽井沢千ケ滝温泉

こちらはプリンスホテル系列です

その気になって 情報を調べてみたところ

今は一年で入浴料金がいちばん高い時季なんですね…  
   

1名さま(税込)平日料金土・休日※特別日
おとな¥1,200¥1,300¥1,550
こども (3才~12才まで)¥700¥750¥1,140


※特別日とは 5月の大型連休や海の日等祝日の連休日 また学校が長期休みとなる8月や 年末年始も含まれます

つまりいま大人2人と中学生3人 小学生1人という我々が訪れると

もれなく1諭吉近い金額がふっとんでいくし…


せっかくの夏休みだし 金に糸目をつけないのもアリですが

今夜ぶんの食費に影響もありそうなので


結論として 別の場所を目指しました




経路はこうです 目指したのは 「ゆうすげ温泉旅館」


ゆうすげ温泉旅館

ゆうすげ温泉旅館

撮りませんでしたが旅館の前には クレー11面ものテニスコートが広がっています

そしてこちらのお風呂 もちろん温泉です

地下400メートル以上から湧出する天然温泉なのだそう

泉質は土類石膏弱食塩泉 弱アルカリ性

無色透明のきれいなお湯が湧いています




先客はおらず 男湯を撮らせて頂きました

浴室はシンプルで露天風呂もありませんが

シャンプー類はもちろん常備




入浴料は16時までならひとり500円 (16時以降600円) です

軽井沢でこれは安い!




RFKのシャワーもリーズナブルでしたが

やっぱり時間を気にせず のんびりと温泉につかれるなら

そのほうが良いのです しかも安いし


入浴後は買い出しへ

事前に軽井沢で地物がお安く買えて

かつ品揃えが豊富なマーケットを探しましたが

このお店がいちばん間違いがありませんでした





ツルヤ軽井沢店




売られている生鮮食品は新鮮だし

品物の販売価格は平均的な設定で 安売りではないけど

安心して買えるものが揃っています

マツキヨも横にあったので 弟もムヒを買えましたし




軽井沢キャンプで日帰り入浴であれば

もう少し西へ 御代田町まで足をのばせば 大谷地鉱泉などもありますが

買い出しを含めた経路や時間的制約 そしてコスパを考えると

この中軽井沢近辺を辿るルートであれば お得感が大きいと思います




これから軽井沢でキャンプをする方の参考になれば幸いです




ツルヤを出てRFKに戻ると もう真っ暗





出発前に1基だけでも点けておくべきだったと思いながら

ケロ灯を予熱し点灯させます






3基の639Cを点灯させたところで

辺りの異変に気付きました




なんだこりゃ… まさか噴煙か?

続きます






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ライジングフィールド 軽井沢 RFK 小瀬温泉 星野リゾート トンボの湯 千ケ滝温泉 ゆうすげ温泉 ツルヤ 穴場


コメントの投稿

非公開コメント

No title

お風呂の問題はいつも悩みます、高規格のキャンプ場でお風呂付きの方が結局お得だったりすることもありますしキチンとコスト計算してキャンプしたいものです(^u^)

こんにちは

あれっ、靄ったのかな?

軽井沢価格、高いですねぇ(;^_^A
温泉だけを目的に一日いるような時なら良いでしょうけど、
とりあえずの入浴に1500円はねぇ・・・
でも、検索すればあるものですね(*^-^*)
良心的~  こちらの温泉旅館並みの価格♪
十分ですよ~  温泉だしね。

星野リゾートさん、何処も人気ですね。
高くても人気なんだもんね~
一度、何処かに泊まってみたいです。

尾瀬ではドコモはダメでしたねぇ(^^;)
使えないなんて思いもしなくて息子を放し飼いにしていたらまさかの迷子。
あんな広い山の中で、もう一生会えないんじゃないかと思いました。
調べてみたらauは山小屋限定で使えるそうです。
このご時世、携帯がないとスタッフも集まらないらしいです。
景観を保存する意味で鉄塔は建てられないみたいですね。

No title

RFKまだいったことないですが、
こういう情報がホントありがたいです(^^)
私が思うに何キャンの真髄。

ゆうすげ温泉500円、インプットしました(><)
お風呂に入れるだけでうちの奥さんは納得してくれます(爆)

素晴らしい情報

こういう情報待ってました
みなさんきっと喜んでいると思います。

キャンプ場=汗臭い。風呂は我慢
というものでしたが、今は温泉ですものね。
いや~すごいです
これ見てキャンプ行きたくなりました!

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ