噴火警戒レベル3の軽井沢でキャンプはできるのか?


夏休みのキャンプまであと2日というタイミングで

困った事態が起こりました




困り感の大もと 浅間山です

9年前に撮った画像は雪化粧しています



気象庁|監視カメラ画像より

8月7日の夜 この火山が小規模な噴火を起こしたことを

キャンプで同道する予定の弟からのLINEで知ったのは

22時半過ぎのこと


すぐに報道で確認すると

火口のふちから 1,800メートル以上もの噴煙が上がっており…



気象庁|監視カメラ画像より

また 大きな噴石が

火口から約200メートル先まで飛翔したことを知りました



気象庁|監視カメラ画像より

この噴火で噴き上げられた火山灰は

北方向に流れ 群馬県では長野原町・嬬恋村

そして長野県では軽井沢町 御代田町に

少量の降灰が予想されるとの気象庁見解も知ります



気象庁|監視カメラ画像より

って え? 軽井沢?




気象庁|監視カメラ画像より

そうです 弟がLINEしてきたのは

この2日後に 彼らと軽井沢でキャンプの予定があったからなのです


今回のキャンプでは 特におヤマに登る予定を入れてませんが

気になったのはこのニュース…




なんとキャンプ場のお客さんも避難 したとは…

しかしニュースの続きを見てみると 避難したのは

群馬県嬬恋村のキャンプ場にいた方々とのこと…




嬬恋村は浅間山の北側にあります

我々が行く予定の軽井沢町は浅間山の東南側です

長野県側のキャンプ場には避難勧告は出ていなかったのですが

念のため 軽井沢の状況も確認した方が良さそうと感じ

そこで町の公式HPにアクセスすると…




一時 鬼押ハイウェイが通行止めになったものの

噴火から約12時間後に解除されてました




火口周辺警報が発表され

噴火警戒レベルが3に引き上げられており

火口4キロ圏内の立ち入りは規制されていますが

峰の茶屋付近での噴石や降灰は確認されてないそうです



気象庁|監視カメラ画像より

明けて8月8日 朝5時の時点の浅間山は

すでに沈静化した感じ

ですが…

2014年9月に起きた あの出来事が頭を過ぎります




御嶽山の噴火ですね

この時は平常を意味する 「噴火警戒レベル1」だったのに

噴火により58名の方が犠牲になりました

日本の戦後最悪の火山災害です




ただ この時の御嶽は噴火の半月ほど前から

火山性地震が増加していたそうです


今回の浅間山ではそれがなかったとのことですし

気象庁の発表による危険箇所は 「山頂火口からおおむね4kmの範囲」 となっています


その範囲では 大きな噴石の飛来や火砕流に警戒が必要であり

地元自治体等の指示にしたがって

危険な地域には立ち入るべきではないこと…



浅間山の登山者避難用シェルター 出典 : 浅間山|日本百名山登山ルートガイド

また噴火した際 特に風下では

火山灰だけでなく 小さな噴石が降る可能性があり

さらに降雨時には土石流にも注意が必要なのだそう




平成3年 雲仙普賢岳の噴火で起きた

土石流・火砕流の被害の大きさは

報道のテレビ画面を通して記憶に残っています


いろいろと調べてみて 正直なところ

まだ逡巡しているのですが

絶対的な安全を優先させれば

彼の地でのキャンプはキャンセルするべきと考えます

すでに予約前日ですから キャンセル料が発生するとしても です

なのですが 判断に迷う材料もあり…




よくよく確認すると 今回訪れる予定のキャンプ場は

警戒区域の外 浅間山火口から約10キロの場所にあるのです


そしてもうふたつ 迷いの要素が存在します

今回の弟たちとのキャンプを企画した理由です




ひとつはゴールデンウイークの弟たちと行ったグルキャンの際に

姪のうちひとりが 諸事情により参加できなかったこと…




その姪は昨夏のAC長又でのグルキャンには来れたのですが

今年の令和初GWのキャンプには来れず

悔しい思いをしていたことを知っています


さらにそれだけではありません




我が家のお兄ちゃんが高校生になってから忙しく

なかなかキャンプに出られないのですが…




来年は弟の長男が 高校進学です

その甥もおそらく忙しくなるでしょう

そうなると弟は恒例の親戚キャンプには来れません

弟家族の事情で 甥だけを家に置いてキャンプというのは無理なので…

つまり来年以降は 毎夏休み恒例だった親戚とのグルキャンは

実施できない可能性が大きいのです…

この親戚どうしでの夏キャンプは今年が最後かもしれないというのが

2つめの理由です




大人はキャンプの予約が流れたとしても

さまざまな情報を吟味し 安全を期した上での決断であれば

断腸の思いであっても 仕方ないと諦められますが

それをただ 子どもたちに押しつけるのは良くありません

どうするにせよ 子どもたちにも情報を伝えて

彼らの意志も聞き取った上で決断するのが望ましいと

最後はそう考え 子どもたちの意見を聞きました




今回 我が家の子どもたちは諸事情により不参加なのですが

末子やお兄ちゃんが参加したとしても 同じことをしたでしょう





そして…




さんざん迷った挙げ句 出発です

目的地のキャンプ場が発信している情報も心強くて

現地ではいろいろありましたが 結果的には行って良かったと思います

続きます






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 浅間山 噴火 警戒 情報 レベル 長野県 群馬県 嬬恋村 軽井沢 キャンプ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

噴火は怖いですが、迷ったらとりあえず行ってしまって結果良かった事が多いのでいつもそうしてます(^u^)

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ