GWや夏休みもDQN・ウェーイがゼロの静かなキャンプ場



山梨県の最西端に位置する南アルプス市

そこを流れる富士川水系の御勅使川(みだいがわ)




キャンプ場に続く御勅使川沿いの道は

途中から未舗装路

雨だったので水溜まりも多かったけど

悪路というほどじゃありません




ウエストリバーオートキャンプ場には

8年ぶりの訪問です




御勅使川 に注ぐ御庵沢川(ごあんざわがわ)の

本流合流部からほど近い斜面に広がるキャンプ場は

急勾配の立地で ひな壇状のサイトが続いています




我々の設営したE1・E2サイトはその中でも

特に勾配がキツめだったらしい

すぐ横を登坂する車のエンジン音の大きさに

何度か振り返ることがあったのです


しかし助かりました




テンティピ設営時に雨がほとんど止んでくれたのは幸いだった

今回はtenki.jpの精度にだいぶん助けられた気がします


いまは4月30日

平成年間最終日の17時半を過ぎたところですが…




アプリが示す予報どおり

雨はほとんど落ちていません

でも山あいに低く立ちこめる雲が

油断できない感をアリアリと漂わせておりますし

夜には小雨が降る時間帯もありました


さて2サイトの設営構成です




Eサイトは駐車スペースを含んでも

60平米くらいの広さです

なので上段のE1サイトはテンティピを単体で設営し

下段にヘリテイジのヘキサタープを張り出して…




先日リペアしたばかりのウォーラスTWO-STARを

エントランスがタープ内に向くようにして設営します




今回の参加メンバーのうち女子は

二十歳過ぎの姪が2人と中学生の姪が1人…

予定ではもうひとり 小学生の姪が参加予定だったのですが

諸事情により不参加となってしまいました




姪がもう1人参加していれば…

女子4人にテンティピを明け渡すところでしたが

3人なので ウォーラスを女子用とする部屋割りに落ち着きます




弟と年長の姪2人を中心に晩メシの支度をまかせ

ワタシは残りの設営作業

ランタンと薪ストの準備にかかります


ウエストリバーのサイト地面は

下流域のフリーサイトをのぞいてほとんどが芝なので

その上で火器を扱う際 養生のための装備が必須です




持ってて良かったスパッタシート♪


サイトには場所ごとに 芝を火から養生するための

板が置かれていますが…




薪ストの下敷きにするはやや小さいのです

なので自前のシートが役立ちました







この時期の気温は山間部でも

明らかに数年前より暖かくなってきた印象があり

薪ストを使わなくても大丈夫かなと思ったのですが

標高500メートル超の土地だし子連れだし

何より雨風が冷たいので 念には念を入れることにします




手持ちのダウンシュラフはすべて女子用に貸し出してしまい

男子部屋は3季用の化繊シュラフのみ…

という事情もありましたけど (^^;




一度設営を終えましたが 煙突が短いかもしれない…

後で組み合わせを見直す必要があるかなぁ…





通路を挟んで我が家のウォーラスの対面に

MSRの幕が設営されたのは感慨深い光景です

そう感じていたのはワタシだけかもしれませんが


設営完了後は 野菜少なめ肉多め…

旺盛な食欲の胃袋向き炙りに舌鼓を打ち

キャンプ初参戦の姪にも満足してもらったようで

入浴も済ませて就寝タイム




しかし男児たちはテンティピの中で

ゲームに夢中…(^^ゞ




でもここはノーACサイト

ポータブル電源もひとつしかありませんから

ゲームやスマホで遊べるのも今のうち…




さらにウエストリバーならではの素敵なルールが

普段はゲームで宵っ張りな子どもたちを

否が応でも自然の中での生活に連れ戻してくれます




22時には あたりが津々と静まりかえり

聞こえるのは御庵沢川の流れる音だけ…

ゲームの音はおろか 声を出すのすら

はばられるような静けさです


…というのも ウエストリバーオートキャンプ場には

21時から朝7時までは 静かに過ごさねばならないルール

クワイエットタイム(静粛時間)という約束があり

徹底されているのです




実際 21時の時点で 見回りのスタッフが各サイトを訪問し

「クワイエットタイムなので 以降は灯りは暗めで

静かにお願いします」と声をかけていましたし…

上の画ほどテンティピは明るく輝いてはいなくて 実際はもっと暗い見た目でした




上のウェーイっぽいのは表情だけ 甥の悪ふざけです


宴会は21時で終了・解散

もし注意を受けても改善が見られなければ退場させられるそう

車の移動もこの時間は原則禁止ですし

夜間ゲートも閉鎖されるそうで

ここまで徹底されていると さすがにDQNもウェーイも出没せず♪


実はEサイトの端に 2日間テントだけで

まったく車も人もいない一角がありましたが…

あるいは退場処分を喰らった人たちのサイトだったのかもしれません




とにかくキャンプ場のルールや運営がしっかりしており

利用者もそれを守る意識が浸透している印象…

訪れる方々も モラルの高い方が多いということなのでしょう




これまで訪れた他のキャンプ場との違い…

あまりの静けさには親戚たちもビックリしてましたが

静かに眠れたのは何よりでした





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー 御庵沢川 テンティピ ウォーラス サイト 構成 DQN ウェーイ クワイエットタイム


コメントの投稿

非公開コメント

クワイエットタイム

クワイエットタイムっていいですね
やはりキャンプで一番困るのが騒音
騒いでいる連中がいると眠れませんから

ポータブルバッテリーいいですね
こういうの見ていると欲しくなります(^^;

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ