加水分解したテントでも絶対にあの「魔法の粉」で洗っちゃダメらしい



今はなきウォーラスのヴィンテージテントを入手して

ずいぶん探したのですが

なかなか該当する幕のソースが見つかりません




探せたのは上のスクショが関の山でした


1999年のオンラインカタログです

おそらくワタシが入手したテントの

後発モデルと考えられる画像はありました






しかしそのものズバリはこのカタログに載っておらず…

つまり今回入手した幕は

1999年よりもっと前の製造だったことになります




何はともあれこの フライシートの汚れを落とすべく

週末は洗濯三昧…


初めは手で洗いましたが

まるでファンデーションを洗い流した後のような

肌色の液体が流れ出て止まらない感じになりました

おそらくコーティングが剥がれたものと思います

途中で諦めて洗濯機に放り込み

洗濯機で回すこと5~6回…




ようやく肌色の水が出なくなりました




このあと軽く脱水して日陰に干して

乾いてから庭で初設営です




陽光を受けてるのもありますが ずいぶんと白く見えます

もしかしたらもっと褐色がかった幕色だったのかもしれませんが

デフォルト状態では一度も張っていないので不明です


ところでテントの正式な名称はこれ




TWO-STAR 直訳すれば2つ星

一般にはふたご座 ( Gemini ) の

β星 ( ポルックス ) とα星 ( カストル ) をさすようです



ルーベンスの 「 レウキッポスの娘たちの略奪 」 は ギリシア神話の双子

カストルとポルックスがモデルと聞きます



場所によってはこぐま座のβ・γの2星

またさそり座のλ・γの2星や

九州では七夕の牽牛星と織女星を指す地方もあるらしい…


しかしともかく ウォーラス社で命名された時のいわれは

今となっては分からないので あくまで想像の域の話




命名者が絵画好きだったのか あるいは天体マニアだったのかもしれませんね


…では フライシートをかけてみましょう




セイウチマークがついに我が手へ

それだけで感慨はひとしおです




…ひとしおなのですが

洗濯機でも落ちなかった濁点がポツポツと…




どうやら縫製部を中心にして汚れが残っている感じ

おそらくシーム材が残っているのでしょう




汚れの散り方からすると シームはテープではなく

液状の物だったと予想できます

だとしても ハウスクリーニングで脚光を浴びた

あの 「魔法の粉」 を使えば落ちる可能性もありそうかなと

そう考えたのですが フライシートの生地自体にも

ダメージを与えそうな気もします…




そう考えて調べましたが

結論から言うと 重曹はアウトです


今回のようなケースで

重曹の溶液に漬け置いて洗った方のブログ記事は

重曹 テント」 でググルとたくさんヒットするのですが…


強力にコーティングやシームを剥離処理できたものの

テントがどうなったかの後日談は おしなべて薄いし

さらに専門業者さんの中には

「 重曹はテントに使っちゃダメだ 」

はっきりと書かれているページもあります

興味のある方はご自分で探してみてください




確かにハウスクリーニングでは

絶大な威力を発揮する魔法の粉なのですが

テントに使うのはNGとのこと

撥水コーティングが完全になくなり

ただのビニールになる のでもっての外らしいです



正直いうとググって完全アウトと分かるまでは

ワタシも重曹を使うことを考えていたのですが…





シームがかかっていない部分はきれいなのになぁ…


この後どうするか…

まだ調べ切っていないのですが ここまでのリサーチでは

テント生地にダメージを与えず

シーム材だけを取り除くことは難しそうな印象です

プロのテントクリーニング業者のHPも覗きましたが

シーム関係は不可侵領域と設定しているお店もありました





ここで初めて フライの内側に

洗濯の際の水が垂れたような白い跡があるのに気付きました

これを消すことも含め 次の手を考えて

近いうちに再度洗浄を実行しようと思います




あと他にも構造が古すぎて 絶対に交換したほうが良い箇所にも気付いたので

とりあえず先に 縫製部門の作業もエントリーするかもです





縫うまではしないけど

切った貼ったを久しぶりにやるかなぁ… (^^ゞ






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ヴィンテージ テント ウォーラス 重曹 洗濯 シーム テープ TWO-STAR


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

悩ましいですね(^^;)

洗濯で色が見違える程になったと思ったのに、よくよく見ると・・・
ありますね、あちこちに。
30年も前のモノとなれば仕方ないのかな。
どうしたら綺麗になるんだろ?
私だったら、もう面倒くさいってハイターで漂白しちゃいたい。
あと汚れに効きそうなものは・・・酢?
撥水が無くなったら元も子もないから難しいなぁ。

もういっそのこと染め直して汚れを目立たなくって出来ないのかしら・・・

大人になりきれない子。
ニュースで流れる他所の話ならよく耳にしますが、まさか従妹がそんな感じだとは・・・
ガッカリです。
このままだと葬儀すら行えるのかどうか・・・
残された父親が料理人でなければ食の心配もあったのでしょうが、そちらの心配が無いが為に放って置かれたのかもしれません。
そして、食堂を開き続けたために借金も増えたのかなぁ・・・なんて思ってます。

重曹

まさかの禁じ手、重曹で洗ってしまうとは。
この続きが気になります(^^;

Re: 重曹

> まさかの禁じ手、重曹で洗ってしまうとは。
> この続きが気になります(^^;

重曹はつかっていないです

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ