(仮)改良薪ストのみ・灯油ストーブ不使用で氷点下の夜を乗り切れたか?


一見 モンベルバロウバッグだけのように見えますが

この中には2層のダウンシュラフを重ねています




さらにシュラフの中には 熱々の湯たんぽも入れましたから

さすがに寒さは感じないだろうと考えて…




補助暖房のアルパカストーブを点けず

幕内暖房は薪ストだけで就寝したのですが

シュラフや湯たんぽばかりでなく

アイアンストーブちびの炉内気密性を高めた効果もまた

大きかったのでしょう




熾き火が長く続き

長く継続して熱供給がおこなわれた模様です





翌1月3日 道志の椿荘ACの起床は

9時を過ぎましたからね


昨夜も氷点下だったはずですが

アルパカなしでも寒さを感じず

9時間も熟睡できたことになります





しかしぼーっと見上げた煙突ガードの取り回しに

これまでとまた別の解決すべき課題を見つけてしまい

備忘録として画像に収めました




熾き火のアイアンストーブちびに

自家製薪を投入してしばらくすると…





あっという間に全開燃焼です




幕内は5分間で暖かくなりはじめました


しばらく身体が温まるのを待ってから幕外に出てみます




良い天気です

がここは道志の山の中…




もうすぐ10時だというのに

幕外は2度しかないことをルットルプが教えてくれます

もっと温まりたく感じて幕内へ引き返し…





この上で沸いたケトルでコーヒーを淹れ…




体内から熱を足し 再び幕外へ出ることに

あることを確かめたかったのです




それは何かというと

煙突ガードの取り回し




うーん やっぱりか…

起き抜けに幕内から見上げた際

煙突ガードが斜めっていたのは曲げようのない事実だった

これは早急に対応を講じないとならないようです




昨夜のような

煙道火災っぽくもある「煙突が真っ赤になる状況」が

今後も起きれば

熱を持った煙突が幕体に悪影響を及ぼしかねませんから




夜間 幕体頭頂部は幕内も幕外で見ても

暗かったので まったく気付きませんでした


煙突ガードの斜めりで 煙突自体が幕体と近くなって

テンティピの生地が焦げたりしてはたまりません

これ次回のキャンプでさっそく対策することにします




昨夜は点けずにおいたアルパカも点火して

幕外からの寒さに抗いつつ

朝昼兼用のメシ作り開始




正月です

餅も自宅から持ってきてありましたので






キャンプで雑煮を作ったのは

伊豆での年越しキャンプ以来かもしれません




さすがに餅4枚はボリュームがありました

自宅では3枚で止めているのですが…(^^ゞ








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 椿荘AC ストーブ 煙突ガード 斜めり 煙道火災 キャンプ 雑煮


コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ