キャンプ用薪ストーブのロストル (火床) は無くても大丈夫?



12月29日 完ソロの22時40分




道志下の外気温は-1度

スントで温度を測るのは久しぶりでした

さっきより少しだけ気温が上がりましたが

それでもまだ氷点下です




そんな寒い夜の就寝前 困ったことが起こります

暖かい眠りをもたらすべく 薪ストには太めの薪を突っ込みたい時間帯なのですが

テンマクアイアンストーブちびには

細めの薪しか入りません




右のコンテナはKB広葉樹薪で左は自家製薪

左のは太めが多いのですがこれが無理だった… (^^ゞ 



就寝中はダウンシュラフや湯たんぽのおかげで

寒さで目覚めるようなことはなかったのですが

脚用の穴のみならず パーツの用い方にも課題があることが判明した次第…




課題と言っても克服は簡単です

上の画像に写っているあるものを

取り除くだけでクリアできることでした


ただし薪スト運用中にそれを行うのは無理だったため

ある程度 炉内が下火になるのを待たねばなりません




そして翌朝 12月30日の朝

炉内が熾き火の下火になっているのを確認したあと

課題を片付けより暖かく使用可能になりました





最初からこれを外しておけば良かったのです




格子状の鉄製ロストル 火床です


このロストルには 炉内底の鉄板部材が熱で痛むのを防いだり

筐体底のスリットから導入したエアを

炉内にまわすための空間を確保したりといったねらいがあるのだと思います

しかしこの格子は3~4センチもの高さがあるため

太い薪の投入を拒む障壁でもありました…




吸気口は炉内に灰が溜まれば

すぐ吸気口を塞いでしまうため ロストルは空間を作れなくなりますが

十能か灰掻きなどで掻けば大丈夫



「灰掻き」 として探すと高いものしかヒットしないのですが これでじゅうぶんかも…


アイアンストーブより板厚が薄いちびストーブも

ロストルがない状態で8年以上稼働しているしなぁ…




毎使用後にきちんと濾した灰を残すことで

底の鉄板を痛めず使えてきましたからね


結論 : 邪魔者でしかない鉄格子のロストルは取り除くだけ

そして…




課題クリアによって

こんな極太薪も飲み込みます が…




これは太すぎたらしい これ以上フタが閉まりません (^^ゞ

でも大丈夫 (笑)

煙はすぐに煙突へ流れていくので

この状態でも幕内はまったく煙くなりませんから




ロストルは五徳へと流用することにしました

ストーブの上に直置きすると すぐにケトルは沸騰してしまいます

それに気付かずにいると空焚きしそうだし

付属の鉄格子の使い方は こうした方が有用かと…


ところで その五徳な鉄格子上のストアウェイポットには

これを入れてあります




5種類野菜のカルビクッパ

遅くなったので朝昼兼用メシ

パッケージの雰囲気で冷凍食品であることを隠せません

でもこの手の冷食ということは…






言わずともがな電子レンジ専用…

なのですが そんなの知ったことではありません




電子レンジ専用を謳われている冷凍食品って

キャンプじゃクッカーにあけて火に掛けることで調理できてしまうものって

けっこう多いです






ロストル転じて五徳となった鉄格子も

良い仕事をしたようです







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ キャンプ ストーブ アイアンストーブちび ちびストーブ ロストル 火床


コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ