夏休みキャンプ最大の皮肉・一番良かったのはオプションのホテル朝食バイキングだった… 



8月14日

羽黒山キャンプ場の朝は気持ちの良い晴れ空です





雪深い山形県の羽黒山キャンプ場の開設期間は

4月下旬から10月下旬まで





それ以外の期間 上の芝生は

スキー場として使われているらしいのですが

夏真っ盛りのお盆休み期間中は

フリーの芝サイトとして開放されておりました




ただしオートサイトではありません

車は別場所に停め そこから荷物を

手や台車等で運ぶ必要があります


その場合のサイト使用料は1,030円で

利用者ひとりあたり年齢に関係なく

410円の管理費が発生します




オートサイトの使用料は2,060円と倍ですが

全年齢とも管理費は510円





羽黒山キャンプ場、オートサイトといえど

AC電源サイトの設定はないため

長期滞在ならフリーサイト

我が家のような2泊程度なら

オートサイトで快適度を上げるのが良さそうかなと… 




ただし 長期滞在時は撤収の余力をじゅうぶん残しておく必要はありそうですけどね




ところで我が家の今年度は忙しすぎて

親は仕事の合間の親族のケア 中高生の子どもたちは

海外短期留学や夏期講習などにギリギリまで出ておりました


なので3日目の朝メシは あるプランを利用することに… 




羽黒山キャンプ場から休暇村の本館へ向かいます





先行していた末子は

本館の脇の木立にあるハンモックを堪能中(笑) 


本館のエントランスをくぐり… 




その先へ… 





そう、ホテルの朝食バイキング




休暇村羽黒では、本館の宿泊客と同様

キャンプ客でも本館での朝食バイキングを

いただけるプランがあります




このプラン オートサイト利用者用の

朝食バイキング付きというもの

サイト使用料2,060円は変わりませんが

管理費が大人1,910円、小学生は1,510円

幼児(4~6歳)は1,210円ですが

3歳以下の幼児は0円だそう


つまりバイキング利用料として

大人は1,400円 小学生の末子は1,000円を

追加で支払ったことになります




バイキング食材は山形地元の玉こんにゃくや

漬け物などが豊富ですが これがまた旨かった




自宅に帰ってからも 近隣のスーパーに入ると

思わず山形産の漬け物などを探してしまう自分が

いるほどなのです


  




末子はイクラ大好きで 普段から寿司屋に行くとそればかり…

さすがにイクラはなかったけどね

筋子食べ放題にはまってました…(^^ゞ 



漬け物や筋子を山盛りに食べ

朝から塩分摂取過多となった感は否めませんが

酷暑の今はそれくらいでちょうど良い




サイトに戻り 撤収開始




久しぶりでしたが

身体はその手際を しっかり確実に憶えていました





設営は難儀しましたが

撤収は定刻45分前に完了です



今夏の甲子園では残念でした




一回戦で廃退した高校野球山形代表

羽黒高校 正門のすぐ脇を通り

自宅方向へハンドルを切りますが… 




何だか空模様が怪しくなってきた

そして… 




なぜか東京ドームのある場所へ? 

続きます





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 東北 山形県 休暇村 バイキング 朝食


コメントの投稿

非公開コメント

豪華

先日、山形に帰ったときにあまりの暑さに
実家ではなくホテルに宿泊しました(^^;
今ではそれが当たり前というから驚き!
そして朝食バイキングを食べたかったのですが
地元のおいしい食堂へ向かうために
泣く泣くあきらめました(>_<)
このキャンプ場いいですね
来年はここにしようかな(^^;

こんにちは

うわっ、びっくり。
短期留学?
やっぱりそちらは留学が多いのかな。
茨城の従妹も高校時代に行ってたなぁ。
こちらではあまり聞きませんが、首都圏は多いのでしょうね。

ホテルの朝食かぁ・・・と思って読み進めて、「えっ、ボッタクリ?」(*_*)
高いですね(^^;)
でも、喜んで頂けたようで安心しました。
我が家は毎食漬物無しではご主人様にご飯を食べて貰えない。
漬物はおススメ出来ますよ(*^^*)
おみ漬け、だし、赤かぶ・・・ 庄内では出されないかもしれませんがぺちょら漬けもおススメ。
取れたての食材はそれだけでご馳走ですね。

野球・・・なかなか勝てませんね(^^;)
例の学校は兄嫁の母校なので我が家はあまり嬉しくなかったのが正直な気持ちで・・・
でも、息子がこちらの地区の何処にも入れなかったら羽黒に入っていたかもしれなかったのですが、学校は休暇村近くだったんですね。

運転は、息子が働き始めて私がレッツを乗るようになり億劫になっていた。
そこに事故ですから、ますます・・・ですね。
正直、怖い。
でも、あれで済んで本当に良かったです。
片側二車線の追い越し車線にいたのにぶつかったのは通常車線で、そこまでナナメっていながら自爆で済んで。
身体も何ともなかったし。
有難いです。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ