雪中キャンプに3季用ダウンシュラフで安眠する方法




2018年冬、道志。

久保キャンプ場は表向き冬季休業中ですが

ソロ薪会員に向けての門戸は開かれています。




この雪原の中で幕営したら

別世界が見られるのかもしれません。



今年度最後の2月三連休に

初日から出られたとしたらそれも適いましたが

諸事情により中日からしか出られずでした。




撤収翌日は仕事ですから、無理はできません。


屋根の下、BBQ棟のコンクリ上の無雪ゾーンに幕営して

ソロ薪会員にのみ許されたサバイバルなキャンプを楽しんでます。




コンクリ上なのでテントサイドのロープはおろさず。

過去に道志渓谷の別のキャンプ場で

不意の突風によりC社のテントポールが折られたこともあるのですが

KBの大きめな東屋であるBBQ棟下ならば、この対応でも大丈夫。






幕内にはドイツ製ファウデ社テントと相性が良い

頼もしい暖房である韓国製アルパカストーブ。




内炎筒の構造は平成初期の国産石油ストーブを思わせますが

これが放つ熱量はハンパない。




今回も湯たんぽは持ち込んでおり

アルパカの上で内容水をきっちり沸騰させて栓をしてあります。


そして寝床となるシュラフは… 




モンベルダウンハガー #2 をアウターにして

インナーにもダウンシュラフ。




オレンジ色はエルブレスの物ですが

プロモンテOEM のモンベル#2~3 あたりのスペック。

これを組み合わせてみました。






ボケボケの画ばかりで見え難くてゴメンナサイ。




上のダブルダウンに湯たんぽ入れた状態で

酷寒の道志で寝入ったのは21時過ぎ。





まったく目覚めず、起きたら7時を過ぎてました。



起床後、幕外に出て見た光景です。




寒いけど気持ちいい。

やっぱり冬キャンプは空気感や音感がきれいで

それはこの気温が影響しているのだと思います。




もうすぐ8時ですがまだ氷点下2度です。

この数値表示、車での通勤途中では、もっと低い車外温度表示を見ることもありますが

今はサバイバルソロキャンプ中。


いつもの暖かい自宅やAC電源万全なキャンプ環境とは違う

アンプラグドな今では別の意味をもつ

困った状況をもたらしました。




すでにその影響は顕れてますけどね。

酷寒状態でも静かに機能するモバイル電源があると良いのですが…。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ サバイバル キャンプ 雪中 韓国 アルパカ 道志 湯たんぽ

<

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

寒くてバッテリーが低下してますね。
もう充電してもすぐに減ります。
ココもずっと氷点下なので、早くマイナスが付かない気温が見てみたいわぁ。
でもおっしゃるとおり、空気が澄んで、星も綺麗だし、肌がピリピリする感じが
「冬だなぁ」と好ましく感じたりしますね(*^-^*)
今しか味わえない感じ。
早く春も感じたいけどね(;^_^A

大容量バッテリー

自分も持っていましたがバッテリー上がりにも
使えるポータブルバッテリーはどうでしょうか
照明やスマホの充電にも使えるし
自分は扇風機を回してましたよ(^^;

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ