伊豆・河津の宝の宿が汚されている予感がしてやみません…



2017年の大晦日は、前日まで幕営していたモビリティパークを離れ

河津町のループ橋からそう遠くない場所にある

禅の湯さんで迎えました。




こちらの標高は110メートルしかありませんが

清々しい空気に包まれています。




しかしこの後、今回のキャンプを含む家族旅行で

たった一度ですが雨に見舞われました。




早朝時点ですでに雨雲が立ちこめ始めています が… 

早朝の禅の湯では、すでにスタッフさんたちが

忙しく朝餉の支度をするため、動かれてる姿を目にしました。



こちらでは朝5時から朝風呂を楽しむことができるので

早起きして浴場に向かっていた時に見えた光景です。




宿泊室のソファだけでなく、前回利用時と変わったシステムを

この機に見てしまいました。




ヘアブラシやヘアキャップ、また髭剃り等のアメニティグッズは

部屋や脱衣場でなく、ロビーから浴室に選んで行くための

新たなカゴが置かれるようになったこと。


その変容を目にし、物悲しくなりました。


この地でも、運営側の目が届き難い所に置かれたアメニティ類を

不慮に持ち去る輩が訪れたということでしょう。






こんな清潔で気持ち良い温泉に

そんな大馬鹿者が入ったと思うと、泣きたくなります。





半ば憤りを憶えましたが

そんな思いを鎮めるように、淡々と… 




清冽なお湯が湧き出してきます。



あと2年経つと、これまでよりもっと多くの

海外からの来客を迎えることになるでしょう。




いろいろと考えてしまいます。






飲むこともできるくらいの清潔な温泉が湧き出ますし

ベロ系競技地から遠くないユースホステルでもあることから

海外からの渡航客が大挙して訪れるのかもしれません。




禅の心によるおもてなしの意気が溢れる宿が

2年後、疲れ過ぎてしまわぬようにと…




今から、心の底から思うのです。









更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 














関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク 禅の湯 温泉 飲泉 可能 清潔 キャンプ


コメントの投稿

非公開コメント

イメージ

ユースホステルというと男女別々のドミトリー
みたいなイメージしていましたが
ここは違いますね
やはり思い込みはダメですね(*^^*)

No title

これについては逆に台湾のホテルなどは最初から「部屋にあるものは全部持っていっていい」と書いてあったりしてそれが当たり前になってしまっているのかもですね(^_^;)

日本が観光によって利益を得ることについては大賛成なのですが、受け入れの体制等についてはいろんな問題が出てきそう、泣きを見ることが無いようにしたいですねえ(>_<)

こんにちは

国民性の違いがありますからね・・・
有名な観光地に行けば「えっ」と思うぐらい国外の方も多く
マナーに驚く事も多いですよね。
先日も青森の樹氷に落書きをされたと。
親日家の方だけがやって来るわけではないでしょうし・・・
正直、2020に向けて観光客が増える事に嫌だなぁって気もします。
温泉も「マナーを知ってるのかな」と、それらしい人がいると気になったりします。
サービス業だから宿の方も強くは言えないでしょうしね。
民泊でのトラブルの話を耳にするたびに、無事に済んでくれれば・・・と思います。

裸参り、今年は天気が良かったので平気そうでしたが、雪が舞ったりしますからね。
うちの県では聞かない行事なので羨ましかったですよ。
熊手や正月飾り、結局何処にも持って行ける所が無く、このまま来年まで仕舞っておくことになるかもしれません。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ