冬キャンプ最強装備説・ダウンシュラフと湯たんぽの効果の凄さとは?



ここが椿荘ACで良かった。





我が家の軒先乾燥の薪は

もしかしたらこのキャンプ場の至る所に落ちている

最強の着火材で強烈に炙り倒せたがゆえ… 




炭化するまで燃えたのかもしれません。


焚火しまくりのまま夜を明かしたくなりますが

寒い上にあくびも出始め、そろそろ22時です。




火遊びを諦めて幕内に入りました。




韓国製アルパカストーブは

1時間あたりで2800kcal の火力を発します。




これはフジカ ハイペットの

2150kcal/h というスペックより高いのは

言うまでもありません。

ちなみに2150kcal/h という最大火力は

これも同じらしい。




トヨトミ レインボー。これ我が家にもありますが

最近はキャンプに持ち出すことはありませんでした。

秋口ならまだ大丈夫ですが、本気の冬キャンプだと

これ単体ではちょっとキビシかったりします。




ニッポンより確実に寒い土地で育まれ

純粋かつ単純な運用ができるよう

簡素化したのではと思えるくらいシンプルなこのストーブ… 

素敵に思えます。




ただ、この激暖な灯油系暖房の恩恵に

安心して与るには、狭い3人定員のトンネル型テントです。

換気には気を遣わなければなりません。





頭上のエアインテークを開放してあるのは

言うに及ばずで… 




足元はメッシュなので、なるべく

その前には物を置かないようにしてあります。




では暖かい眠りを貪るための支度に

入ります。




韓国製アルパカストーブの上に鎮座するのは

日本古来からの、冬寒の夜を温かく眠るための知恵… 




湯たんぽ。




完ソロしかありえない状況で温かさを求めるなら

3リットル以上で直火にもかけられるタイプを求めました。


でも我が家の場合、残念ながらまだ

家族で冬キャンプに出るケースがあり得るので… 




1.2リットルでも、湯たんぽ専用の袋に入れれば

しっかり温かいこれ。miniまるです。





化繊シュラフと併せても大丈夫だったかなぁ… 

そう思えるくらいでした。










ただでさえ暖かい#2のシュラフに

湯たんぽを入れて眠った結果はもう何というか… 

冬キャンプ最強装備をあげるとしたら

これらの組み合わせがそれかもしれません。






目覚めたらこんなに空は明るくて… 

時刻を確認したら、なんとこんな時刻。




9時過ぎまで寝てました。

疲れもあったのでしょうが、足元の温かさがとにかく心地良く

11時間も眠り続けたのは数十年ぶりだった。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 椿荘 湯たんぽ 乾燥 アルパカ ストーブ 暖か 温か


コメントの投稿

非公開コメント

疲労

よほどお疲れだったのでは?
自分は6時間ぐらいで起きてしまいます
でも疲れているときはそれからまた寝るんですよ(笑)

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ