1年棚積み後15パー乾燥だった広葉樹で焚火ができたかというと…



ワタシの自宅軒先などで1年間乾燥させ

含水率が15パーセント前後であることが

判明した広葉樹薪。




自宅にはまだ大量に在庫がありますが

今回の持参はおそらく10キロ程度。

オイシックスの段ボール箱2つに詰め込んで

久しぶりのキャンプで椿荘ACに持ち込みました。




場内の至る所にある杉葉は最良の天然着火材。

まるで火薬が仕込まれているかのように

パチパチと小気味良い燃焼音を発しながら火が回ります。




乾燥状態としてはやや頼りない薪には

心強い着火源です。




鉈で割った薪を放り込むと

杉葉が燃えているのか薪からなのか… 




この炎はどっちを喰らって燃えているのか

初めのうちは判別が付きませんでしたが… 



こちらの期待に応えてくれつつある状況に

少しずつ傾いている様子。


しかし薪の燃焼状態は

まるで苦悶を伴うかのように感じてしまいます。




これ煙ではありません。

薪の中に半端に残った水分が

水蒸気となって炎に混じっていますし… 






いつだったか… 

道志で求めた湿った杉薪と同じような現象。




木端から薪に残った水分が浸み出してます。

やっぱり乾燥が足らない薪だったのかと… (T.T) 




デジャヴを見た気がしました。



でもあの時とは何かが違う感じ。




我が家の軒先乾燥薪は、思いのほか粘り強く… 




気が付くとしっかり炎を吐き

炭化も進んでる様子…。






何が良かったのかは今だに分かりませんが

この後、追加で薪を山盛りにしたら

もっと豪勢に燃え盛り、身も心も温かくなりました。




含水率20パーセント以下なら薪として使えるという定説は

こういうことなのかもしれません。





ホッとして、やっと晩メシ作りを始められます。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 乾燥 椿荘 AC スノーピーク 焚火台


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

杉はよく燃えてますね^^
今日はあちこちで初雪の便りが聞けてるほど寒い。
燃えさかる炎を見てると、外に積もった松の落ち葉を燃やしたくなった。
外にはいっぱいあるのよねぇ・・・

乾燥が足らないかと心配していた薪は思いのほか燃えてますね。
と言う事は、乾燥を待たずにキャンプに連れ出されると言う事で
一年持つかなぁ~( *´艸`)

私はメガネの利用が無いので尚更身体に人工物が触れると違和感があるのかも。
メガネもフィットするまで試行錯誤ですものね。
お金を払ってもろくに見なかった領収書。
毎回やられる歯の掃除は検査って事になってるみたい。
上だけ、下だけ、と分けてやったりして500円から600円の三割負担。
クリニックにとっては塵も積もれば山となるって感じ。
それより再診で行っただけで510円だからソレが大きいですね。
医者なんて行くもんじゃないって、たまに行くとつくづく思います。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ