ビアンキ復活・イタリアのミニベロ本気度は5年放置も色褪せず


先週の仕事都合で、平日朝に

公共交通機関はおろか自家用車でも行けない場所へ

始業時刻より早く到着する必要がありました。


でも大丈夫。

ワタシの通勤手段は自家用車で

今回の直行先はふだん通勤時に駐車している駐車場からは

徒歩だと遠いけど、チャリなら10分程度で行ける場所にあります。





しかも我が家にはその車内に積み込める

小振りな小径車があります。

が…




久しぶりに引っ張り出すと

経年劣化で後輪がパンクしてました…(^-^;


なお上のビアンキは正しくはママさんの所有で

ワタシのスギムラ製ミニベロもあるのですが…




こちらは前後輪ともタイヤが逝ってしまっており

どちらかと言えばビアンキの方が

リペアの手数が少なくて済みそうだったので

優先順位が上がった次第。




プログレッシブのほうも直したいのですが

実はこっちもまもなく修理開始となります。




オートバイです。

こっちのほうが確実にお金がかかりますからね。


ワタシのミニベロが復活するのは

もう少し先になりそうかなと。




ということで、平日の夜にも関わらず

急遽でビアンキ復活に向けて

リペア始動です。




近所のサイクルあさひ、閉店間際に駆け込んで

無事に購入。


さすがにビアンキのホワイトリボンなタイヤは

在庫はありませんでしたが

同サイズ 20 × 1.5のタイヤと

もちろんチューブも適合サイズを求めてあります。




ビアンキデフォルトの英式バルブと同じです。


さっそくリアタイヤをはずして

タイヤとチューブ交換作業を始めます。




ミニベロのタイヤは前後とも

クイックリリースになっている場合が多いので… 






後輪を外す作業は楽でした。





その後、あまりに久しぶりのタイヤ交換で

勘所を忘れており、苦労したのですが

気を付けなければならないこの箇所をどうすべきか… 




バルブ周辺部はチューブが厚いので

タイヤとリムとの干渉に、少々気を遣わないとなりません。



が… 


6年ぶりに作業すると

手順を忘れているものです。




この状態になるまで

2度のやり直しが必要だった。


でも勘所を思い出したので

次があっても、たぶん5年後くらいまでなら大丈夫でしょう(笑)




あとはブレーキワイヤーの

テンションを調整し直して… 



とりあえず自宅での調整は終了。






そして翌日に実乗し

サドル位置やリアタイヤのエア調整など

使用状態での不具合箇所を突き止め… 





何とか乗れる状態に戻りました。が

さすがビアンキです。




乗り始めると、もっと走りたいと思わせる

前のめりな期待感を抱かせる漕ぎ心地。

ちょっとヤバイなと感じました。


ママさんに借りたのは

どうやらお姉ちゃんに渡さねばならないらしいし… 




久しぶりに新しいチャリが欲しくなってしまったりして…(^^ゞ 

その前にCRM250ARのリペアも待っているのですが…。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ビアンキ ミニベロ 調整 タイヤ ブレーキ


コメントの投稿

非公開コメント

自転車

ビアンキですか、ん~
これは乗ってみたい
これでダイエットになるかな(^^;

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ