プラノ フィールドトランク湿気対策の決定打は売りの機能を捨てること?



好天に恵まれたものの、なかなか日が差さなかった

久保キャンプ場のCサイトにも

やっと陽光が差し込み始めました。






この状態になるのに

10時を待たねばならなかったのですが

こうなればテントやタープの結露は

完全に乾燥させてからの撤収が適います。




しかし油断は禁物。




どんなに晴れても… 

道具の収容で湿気への対策を怠れば

例えばクッカーやカラトリーが

カビたりする事態が起こります。


このタフそうに見えるストレージ

プラノ フィールドトランクが、つい先日

カビの温床になっていたことが判明し

漂白剤で徹底洗浄したのです。





その漂白洗浄後、初実地投入するにあたり

いくつかの対処療法を施してあります。


まずは洗い物のための小物です。




スポンジの類いはこの中には収容せず

タワシもカラビナでコンテナ外に吊すことに。




こうすればタワシがまだ湿った状態であっても

躊躇せず撤収できます。


ただ、この工夫… 

今回はまったく用を為しません。





久保キャンプ場と言えば

亀の子束子さん。関係はよく分かりませんが

こちらのキャンプ場のスポンサーなのかも? 





場内炊事場のいたる所に

タワシがしつらえてありますからね。




マイタワシの出番はありませんでした…(^^ゞ 



で、もうひとつの

大きな対処療法ですが… 





フィールドトランクのフタをひっくり返すと

それが何かが分かります。





そう…

Oリングをはずしてしまいました。





フィールドトランクの持つ

簡易防水機能のかなめなのが

このOリングです。

しかしながらストレージ内部に

湿気を含んだ物がある場合

その水分の蒸発を妨げてしまうのもまた

これなのです。





ちなみにOリングをはずした状態で

フタの閉まり方はどうなるかというと… 






こんな感じでガタが出ますが

フタが外れたりすることはありません。

むしろ内部の通気性は向上している筈です。



でもそれ以前に… 




クッカーやカラトリー類は

とにかく乾燥させてから仕舞うこと。

これを守るのがいちばんの特効薬かもしれません。



ところで朝になって気付いたことですが… 




このランタンの運用に関して

やっちまったらしいです。


続きます。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 プラノ フィールドトランク 湿気 Oリング タワシ 束子 亀の子


コメントの投稿

非公開コメント

維持管理

自分は密閉するより通気性のよい
コンテナに入れてましたね。
キャンプ場では簡単に洗って
自宅に戻ってからしっかり
洗って乾燥させてました。
でないと次にカビくさくて
使えなくなるんですよね。
同じ悩みです。
そうした経験から洗って乾燥させる
わけですから、この維持管理が面倒で(^^;
若い頃は苦手でした。
itchannさんの記事見ていると
よくやっていると感心しちゃいます(^^)

こんにちは

えっ、やっちゃった?
この間やっと手に入れたランタン?
やっぱり古いものって扱いもナイーブなのかなぁ。
やっと手に入れたのがコレでおじゃんになったら悲しいなぁ。

亀の子束子・・・
タワシってこんな字だったんですねぇ。
オープンの頃に大量に仕入れたのかしら(^^)

「大正の男」ってもちろんイメージですよ。
舅は実際に大正の男でしたけどね( *´艸`)
ちなみに息子は平成生まれだけど昭和の男って娘は言います。
頭は坊主、そして性格は融通が利かない、から。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ