冬キャンプは鍋だけじゃなし・旨辛エスニックで芯から温まる♪


せっかくのソロ行、せっかくの平日キャンプです。

サイト貸し切り状態をみすみす楽しまないと、罰が当たりそうな気がして… 





幕内には引き籠もらず、冷風を運ぶ道志川を尻目に焚火を熾します。




これで多少は暖かくなるでしょう。


そして自分以外、Bサイトには誰もいないのを良いことに… 




LED点灯が電池稼働中の証し。




iPadに繋ぐスピーカをパッシブモードではなく、

電池で稼働させ最大まで音量を上げて、60~90年代の古めな洋楽を楽しみます。



KBはお世辞にも大きめのキャンプ場ではありません。

Bサイトは貸し切り状態であるものの、河原サイトとCサイトには他のお客さんがいらっしゃったのですが、

それでも決して迷惑をかけないという自信がありました。


300mW×2個くらいのパワーくらいでは絶対に敵わない轟音です。




道志川の流音がほんの3、4メーター先から響いてきますからね。

昨夜パッシブモードで同じ場所で鳴らしていた時は、ホントちょっとでも椅子を動かすと聴こえなくなるほどでしたし。


では朝メシ作り。




マナスル121。焚火だとクッカーが真っ黒になるのでこちらの熱源を使います。



予熱して着火させたマナスルで温めるのは前夜の食事です。




塩ちゃんこ鍋はある意図を持って残してありました。



これらの食材も求めてあったからです。






白飯と温泉たまご。



そう、前夜は鍋のシメでこれをやりたかったのだけど… 




雑炊です。翌朝も寒いままでしょうから、胃袋から温まるための食材を残しておきました。

雑炊を塩系鍋で作ったのは初でしたが、信じられないくらい旨かった♪ 

ダイエーの海鮮塩ちゃんこ、また買うと思います。もちろん白飯と温玉もセットで (^.^) 



しかし前日、他のお客さんから杉薪の残りも頂いていたのですが… 




着火性は良いけど火保ちは悪い薪種です。あっという間に燃え尽きていきます。


気温はずっとこんな感じ。




夜間にアルパカを消した際の幕内温度とほとんど変わりません。



更に温まる必要を感じ、マナスルとマイヤー トラディショナルケトルでお湯を沸かし… 





前夜は辛旨チョリソで温まりましたが、今朝はこれ。

寒い時季のキャンプではエスニックな辛味系食材を効果的に使うことで、

体内から温まることができます♪ 




ポッカのトムヤムスープ。




レモングラスの香りも良くクリーミー。

調子に乗って1パック内の2袋とも頂いてしまいました。






これ浮き実にインスタント麺で使われるようなチープな乾燥エビが入っていないところがまた良かった♪ 

ご飯を入れていただいても美味しいとのこと。







コンビニで発見しましたがこんな製品も出てるんですね。

4人分で具材は自前で足す必要がありますが、そのあたりを工夫するのも楽しそうです。








更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ 平日 キャンプ マナスル マイヤー トラディショナルケトル エスニック トムヤムスープ


コメントの投稿

非公開コメント

レパートリー

キャンプすると料理のレパートリー必然的に増えますよね
自分でやらなきゃいけないし(^^)
レストランで働いていた経験でしょうか
とても美味しく見えます
自分も飲食店で働いておくべきだったなあ(^^;

No title

辛いと温まりますね。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ