高ディート虫避けより強烈にブヨ退治・ヤツラが山を越えてやってきた?







iPhone7で清流の水面下からの水中撮影に興じているうちに

すっかり日が高くなりました。




河畔沿いサイトですし

清らかな水の近くということで、今回もブヨ対策は施してあります。

軽井沢では惜敗だったこれ。




サラテクトミスト リッチリッチ30。

ディート30パーセント配合の強力な虫避けのはずでしたが

豊かな軽井沢の自然に育まれたブヨを完封することは適わず… 




3回も献血してしまいました。


ブヨも元気になる涼しさだったライジングフィールド軽井沢と同じく

今回の道志ソロもここまでの気温は

20度台前半で推移しています。




ブヨが活動しやすい気温は20~25度くらいと言われており

7時半前の今頃はピークタイムのはず。





8時過ぎたあたりでも気温は… 




26度。やや高くなってきましたが

朝方に水中撮影で足を清流に突っ込んでいた状況なら

足首に吹き付けた虫避け成分も流れており

刺されてもおかしくないと思うのですが… 





なんと今回のブヨ被害は

ゼロです。完封でした。




さすがディート30パー配合

と、一瞬、第2類医薬品に分類の

反則スレスレな薬効を確信しそうになりましたが

そうではないかもしれないと気付きました。



盛夏を過ぎた今、収穫期を迎えつつあるのは

農業に従事される方だけではありません。





それらは早く飛ぶので上手く撮れませんが

ブヨ等の弱小な羽虫より生態系上では優位な立場にいる存在… 




植栽の間から見える田圃… 

その上で無数に往き来する白い点は

トンボたちです。




道志の田園地帯にあるオートキャンプせせらぎ近く… 


山を越えて大量に飛来してきた逞しい捕食者の前には

ブヨのような小さい羽虫など非力に過ぎます。

大きくても5ミリ程度の吸血虫など、片っ端から喰い尽くされてしまったのでしょう。




トンボたちが自由自在に飛び回る姿を目にし

危険な高濃度の忌避成分に頼る人間の愚かさと、同時に

無慈悲なほどに弱肉強食な自然界のオキテを感じてしまった…。



あの煩わしい痒さを感じずに済むのは自然の恵みの一端かもしれません。

感謝した方が良いんだろうなと思いながら

朝メシにします。




塩分は摂っておいた方がよさそうな天気予報だったので

ソルティライチを求めておきましたが… 




ソロで手抜きしてるとは言え

主菜は糖質が高そうな総菜パンばかり。

ソロキャン時の朝メシでも、もっと自然に感謝しつついただくべき内容にすべきなのだろうと

ふと思ったりして… (^^ゞ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

トンボってみんなが大好きな昆虫ですよね。
トンボを見て「ギャー」とか言う人はいないと思うし・・・
そんなトンボがみんなの嫌いなブヨを食べる?
考えた事も無かった・・・
そういえば、トンボはヤゴの時代はメダカの天敵になんだよな。
可愛い顔して危険な肉食って事ですね。
幼虫から育ててペットにして、キャンプ時には連れて歩く・・・とか出来ないかしら。
紐でくくってサイトに繋いで。
異性に積極的な人とそうでない人って遺伝もありそうですよね。
普通お孫さんが出来たら「おめでとう」って言うべきだけど、驚きの方が先立つ。
あっ、そういえばお姉ちゃんはうちの息子が通っていた高校みたいな学校なんですね。
うちの息子も女子が多くて、男子はオタクな感じの中で過ごしてました。
そして、すっかりオタクが出来上がって( *´艸`)

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ