リッチリッチな市販ディート30パー VS 自作+パワー森林香 ブヨ避け勝負の意外な結果


RFKで2泊のキャンプの後

リゾートホテルで1泊して

軽井沢滞在最終日の朝… 





軽井沢で美味しい朝食を外食で摂ることは

さほと難しくはなさそうだったのですが

この後の行動予定を考えて…





ハーヴェストのブッフェを利用することにしました。



これはワタシの和食の部と… 





洋食の部(笑)




少食のお姉ちゃんが呆れる量です。


なお我が家のお兄ちゃんはアレルギーで

とにかく落花生がダメなので

あらかじめスタッフに相談したところ

事細かにブッフェの各メニュー前に案内して下さり

どれがダメでどれが大丈夫なのか

懇切丁寧に説明していただけました。

なので憂いなく、父は自分の食べたいものを食べたいだけ楽しめた次第です。



朝食を済ませたら帰路の渋滞を避けるため

東急ハーヴェスト旧軽井沢のアウト定刻、11時より

1時間早めにチェックアウト。





碓氷軽井沢ICから上信越自動車道を東へ進み

関越自動車道に入る手前の藤岡PAで休憩します。





10年以上前の記憶が蘇ります。

パラソルが立ち並ぶ向こうにあるふれあい広場には

子どもたちが水遊びできる噴水や人工のせせらぎがあるはずです。

今は中学生のお兄ちゃんがまだよちよち歩きだった頃に訪れ

そこで水遊びをさせた思い出があります。




懐かしいなぁ。


しかし今回、中2のお兄ちゃんはもちろんのこと

末子も水遊びに興味すら持ちませんでした。


その理由は気温にありまして… 




この時点の藤岡PAは29度。30度に達していません。

過去に訪れた時は34~5度で

関東内陸部ゆえの高温に見舞われたことを憶えていますが

これくらいの暑さでは末子も水に親しむ気にならなかったのでしょう。


親戚や職場へのお土産を求めて

足早に藤岡PAを後にします。




帰宅直前、環八の信号待ちで撮った画ですが

31度と都内の方が暑かった。


その後、自宅着は14時前で

早目に出発できたおかげで大した渋滞にも合わず

子どもたちの習い事等、諸用に余裕を持って帰宅できた次第。



ところで本題です。




RFKチェックインの際、スタッフにアブ、ブヨ、

ヤマビルの出現があるかを訊ねたのですが、

「残念ながら前二者は出ます」とのこと。


ただし「ここ数日は涼しいので

ブヨもアブも少ない感じを受けます」とも

言い添えていただきました。




末子はRFKではずっと半袖短パンだったのです。

キッズプログラム参加時もロングソックスこそ履かせましたが

短パンなので完全防備ではなかったものの

それでも一度足りとブヨの害に遭うことはなかったし

上の子どもたちとママさんも無事だったのです。




涼しくて酪農も行われる地ですから

RFKスタッフに確認するまでもなく、

今回は最近話題に上ることも多い

市販品のブヨ避け強力アイテムは持参しておりまして…




サラテクト ミスト リッチリッチ30

ディート濃度30パーセントの虫避けです。


第2類医薬品に分類されるこの製品は

マダニにも効果があるとのことで

確かにブヨより予後がずっと面倒なことになる

マダニの害に遭うことはなかった。


しかし… 




体質もあるのかなぁ… (^-^;


軽井沢のブヨはディート30パーセントをものともせず…。

特にサラテクトを積極的に吹き付けていたはずのワタシだけが

足首あたりを3箇所もやられてしまいました。



思い出すのは8月上旬に行った

朝霧JAMでのブヨ害です。




この時は初日の設営時が小雨で

自分の身体のまわりにブヨが舞っているのが分かるほどでしたが

それでも被害は3箇所。




まだリッチリッチは持っておらず

クローブ融出成分とハッカ油を合わせた自作虫避け、

そしてパワー森林香で対処した結果は

RFKでのブヨ害と全く同じ。3箇所でした。



朝霧JAMとRFKだけで比べれば

ディート30パー市販虫避け剤と

自作虫避け + パワー森林香の防虫力は

ほぼ同じという結果になります。




ですがその強力さは

軽井沢から帰宅した後、別のキャンプ場で

実感することができました。




しかしこれ吹いた直後でも

自宅では蚊に刺されることがしばしばあります。

自然豊かな環境に棲むブヨやマダニより

都市部にも棲息するヤブ蚊の方が

薬剤に対する耐性が高いのかもしれません。




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

ブヨ

うちの田舎でも清流にいくとブヨがいるんです
昔はこのような虫除けなかったので
煙でいぶすか水の中に逃げ込んだものでした。
不思議と水の中に逃げ込むと
どこかに行っちゃうんですよね
もしかしてニオイより体温に反応していたのかな
と思ってしまいます(^^;

こんにちは

刺されましたねぇ・・・
都会の虫さんは過酷な条件で子孫を残しているので薬への耐性はありそうですね。
ホラ、ネズミも田舎のネズミより丸々と丈夫そうだもの。
キャンプ時には自作の方が今後もよさそうですね。
itchannさんは小食なイメージがありますが、和洋とスゴイ食べましたね(#^.^#)
私はウインナーをもう倍くらい欲しいかな~
あっ、そうそう、到着が早かったですね。
意外と軽井沢は近いんだ~  良いなぁ♪
今日は更に寒く、陽射しは出てても25度ぐらいなので陽が入るままにして出掛けたら・・・
小さな金魚鉢に入れている子がアップアップ、様子が変でした。
持ってみると明らかに水温が高く、急いで室内の涼しい場所に・・・今は元気です。
朝は朝で寒くて泳ぎがヘンになってる子もいました。
メダカを手広く繁殖している人たちは産まれた子から親になる子を選んでいます。
そこから漏れた子はネットオークションに出したり、最近は販売会をする事もあるようです。
ただ、ネットオークションには「親と同じ表現にならない事もある」「ノークレームノーリターンで」と最初に釘を差して出来の悪いものを出す人もいるそう。
現に私が落札した卵は、ちょっと遺伝が薄い感じでした。
ネットにはいろんな種類をまとめて数十匹で出したり、私の心の師匠は家の前に「差し上げます」と置いておくようです。
まとめちゃえば何が何だか種類なんて関係ないですから。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ