亜寒帯にあるキャンプ場は8月も冬装備が必要だった



RFK2日目の朝。





前夜の雨でテンティピが濡れているのが分かります。





RFKは標高1,100メートルを超す高地にあります。





日本を代表する避暑地である軽井沢町は

亜寒帯湿潤気候に区分されるそうですが、

中心部である軽井沢駅の標高は約940メートルだそうで

そこから200メートル高地にあるRFKの朝6時半頃はこんな気温。




18度しかありません。


使わないかもしれないなと思ったのですが

一応持ってきてあったユニクロ ダウンジャケットを

ホグロフス ウインドシェルの下にミッドレイヤーとして羽織ってちょうど良いくらい。







この日は都心部も30度に達しない涼しさだったようですが

軽井沢の山中にあるキャンプ場は涼しいを通り越して寒いくらいで、

就寝中はダウンシュラフや化繊でも耐寒性能の高いシュラフが絶対に必要な寒さでした。





ケロシンツーバーナーを駆使して

朝メシを作り始めます。





地面の色でひんやり感が伝わるでしょうか。





ママさんがバケットを切ってくれて… 





RFKは給湯設備がありますが

温かい料理を摂るためお湯も欠かせません。





時短のため炊事場で入れたお湯をさらにケトルで沸かし、

それでスープを作ります。





ズッキーニとオニオンにソーセージを入れ

岩塩とブラックペッパーだけで味付けしたスープ。





バケットはフレンチトースト仕立て。





甘いのは好きではないのでワタシのは別に取り

岩塩とブラックペッパーで味付け。

ママさんと子どもたち用はその後で甘くしたそうです。





朝メシが出来たら急いで子どもたちに食べさせて

前夜RFKで申し込んであったある場所へ

向かいました。




RFK宿泊者だけが許される

特別な場所が、キャンプ場の近くにあるのです。

続きます。




更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ライジングフィールド 軽井沢 RFK 亜寒帯湿潤気候 ダウンシュラフ ダウンジャケット 給湯設備 避暑地 キャンプ


コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ