焚き火テーブルの存在感を激変させたほんの少しの手間とは?


今回のソロキャンプ一週間前の週末に

これまで5年以上もノーメンテでガンガンに使い倒してきた、

あるアイテムをリペアしてありました。




ユニフレームの焚き火テーブル。


我が家には2台の焚き火テーブルがあり

それぞれ7年と5年の時間が経過しています。



これは5年前の画像。




2台目の新品が我が家に到着し、開梱したばかりの時のもの。

ピカピカです。


それが5年も経つとこうなります。




キャンプで使う火器類からのダメージが、

撤収時にウェスで拭き上げるだけでは

取りきれない痕跡として染みついてしまってます。





まずはマジックリンで天板部分の汚れを洗い落とし… 






乾いた後はエッジの天然木部分を

研磨して… 





この後布ヤスリと手で研磨仕上げを行っております。







仕上げにエッジ部はワトコワックスを塗布し

ウェスで磨いてフィニッシュしてありました。



それら生まれ変わった焚き火テーブルを実戦で再投入した最初は

雨キャンプだったワケですが… 





2台の焚き火テーブルのうち新しいほう、

現行型の天板のいちばん汚れが酷い部分は

マジックリンでは落とし切れず…。




ま、他の部分はじゅうぶんきれいになったと思います。


特筆すべきは7年前に我が家に来た、

旧型のほうです。




旧型はステン天板のエンボスが荒いのですが

ほぼ汚れが落ちてます。



さらに天然木のエッジ部は角を落としてありました。





ささくれも出ていたので苦肉の策だったのですが、

かなりフォルムが柔らかくなった感じがします。




UNIFLAMEの焼き印も無事に残りました。




ワトコで磨き上げたおかげで

雨キャンプも何のその♪ 




軽く拭き上げるだけで

雨中でもすぐに水滴を払えましたし。




やっぱりこれで仕上げて良かった。

雨キャンプだったことでその効果をさっそく実感できました。




しかしこっちの道具類は

雨の影響がまだ色濃くて… 




やむを得ない撤収形態になりそうです。うーん残念…。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

ワトコ

ワトコワックスすごい性能ですね
ん~欲しくなってきました(笑)

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ