GWキャンプで10000mAhの格安ソーラーモバイルバッテリーを実地検証


今年のGWは連休後半の5月5~7日での家族キャンプ。

天気予報では3日間の道志滞在中、少なくとも一回は雨に降られる可能性があったのですが、

結果的には一滴の雨粒にも降られずに済みました。




レストリブレ滞在2日目の朝も素晴らしい晴れ模様。


実はこんな天候下で使うのに、

うってつけのガジェットを事前に求めてあります。




ソーラーモバイルバッテリー。

スペックはこんな感じです。




筐体裏面を右から左へ視線で辿ると、

バッテリー容量は10000mAhで、ソーラー発電能力は1.5Wと読みとれます。



この製品は楽天で求めましたがショップのHPにも同梱物にも詳しい説明はなく、

1.5Wという表記が何時間のスペックなのか等、詳細は不明なのですが、

ソーラー充電だけでなくPCやコンセントに繋いだアダプタからUSBケーブルでの充電も可能で、

自宅にてコンセントに繋ぎ満充電にして持ち込んでありました。




この後とりあえずiPhone7は100パーセントのフル充電ができ、

さらにiPad mini3 のフル充電も完了。

バッテリーとしての容量は10000mAhなので、これくらいの芸当は難なくこなしてくれたのです。 




しかしレストリブレではAC電源を使用していたので、

必要も感じませんでしたから、これ以上の実地検証はせず。




…というところで終わっても面白くないので、

キャンプ後の平日、晴れた日の車内ダッシュボードに放置してみて、

ソーラーパネルのみで満充電できるかを数日間、試してみたところ… 




一週間試してみたところ、太陽光だけでは満充電できないと分かりました。




きちんと計測する機器を持ち合わせていないので数値的なデータは示せないのですが、

青LEDのインジケーターがひとつしか点かない状態から2昼夜間、ダッシュボードに放置して、

やっとLEDが3つ点灯、つまり70~80パーセントまで充電できる感じです。


でも今これくらいの出費で買えて、

1泊くらいの無給電環境でもスマホとタブレットを1台ずつ満充電できてしまいますし、

このお値打ち価格だしね… (^.^)





ソーラーパネルの機能は補助的なものと考えた方が良いようですが、

太陽光で充電する機能がないモバイルバッテリーよりは遙かに使えると思います。



なお付属品はmicroUSBケーブルのみ。説明書も付属しません。




USBコネクタ部分にフタがなく露出しているので防水・防塵とは言い切れませんが、

同じショップのラインナップにはUSB部分にフタが付く上位機種もありました。




もっと調べてから買えば良かった…。フタありバージョンがあることに気付けば間違いなくこっちにしたのに。うーん残念…(T.T)



さてさて、せっかくの家族キャンプです。

手元のスマホばかりを見ていてはいけないと思い、

頭上を見上げてみて、あることに気付きました。




命の儚さ、畏敬の念を抱きました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

充電時間は50時間!?

10000mAhというと10Ahです。
充電するためには7Vぐらい必要なので
1.5Wというと電流は0.2Aなのかな・・・
となると10÷0.2=50ということになり
50時間なのかな・・・
しかし、ソーラーパネルもついて
この値段は安いですね(^^)

No title

太陽光だけでは満充電できないんですね。
でもキャンプで使うくらいなら、いいんじゃないかと思います。
家でフル充電しておけば、あとは補充だけだし。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ