「標高100m上がると0.6度下がる」 を何と言うか知ってます?


オートキャンプせせらぎは道志村下善之木に所在します。




場所としては道志の森のすぐ近くで、

標高は730メーター前後。

我が家とは600メーター以上の標高差があります。

今の時季、自宅では朝方も10度を下回る気温になることはほとんどありません。




しかしやはり平地とは気候が違いました。

世間でよく言われている、「標高が100メートル上がれば気温は0.6度くらい下がる」のだと考えたら、

自宅がある場所との気温差はだいたい4~5度くらい。




22時の外気温はルットルプでの計測値だと11度。

しかし数値以上に体感気温は低い感じで、

インナーとしてダウンパンツとダウンジャケットを着用したり、

そろそろ使わなくなってきたこれ。




首周りのゲイターを使ったらちょうど良い感じ。暑さ寒さを感じず、最適なクロージングとなりました。



「標高が100メートル上がれば気温は0.6度くらい下がる」という通説…

この高度によって気温が変化する割合のことを、

気温減率と言います。




ただし… 

昼と夜では地表の温度が違うので割合は異なりますし、

空気の乾燥具合によっても変化するので、全ての状況で当てはまる割合と考えない方が良さそうです。





焚火で温まれなかったことも寒さを感じた一因と思いますけどね…。





オートキャンプせせらぎは宅地に近いとは言え、

そこは道志村。サイト植栽の切れ目から、道志みちを車が走っていることは視覚や聴覚で分かりますが、

耳障りなほどではなく、落ち着いた雰囲気のキャンプ場と言えます。





場内の照明も明るすぎず暗すぎず。




三ヶ瀬川沿いのサイトはもっと暗いのですが、

設営したのはその照明が無い場所ではなかったので、

夜間にトイレへ向かう際もヘッ電は不要でした。




カメラでは撮り損ないましたが、すでに夕食は済ませてあります。

しかし寒さを感じるのは体調不全の前兆かもしれないと考え、

22時半より前にテントに入ることに…。





大袈裟かもしれませんが、持参しておいたアルパカストーブを幕内で点火しておきました。





寝床はプロモンテOEMなエルブレスのダウンシュラフ。





ロフト回復のための放置を怠ってしまい、

この30分前にようやくサックから開放したのですが、

アルパカの強烈な輻射熱のおかげで、

何とかなったかなと… (^^ゞ




マットは3枚とラグ1枚。その下にオールウェザーブランケットを敷いており、

地面の冷えはほとんど感じず。22時半には就寝してしまいました。
 
 
 
 

そして翌朝です。




起床は5時前でしたが、

疲れていたせいか熟睡でした。就寝中に一度も目覚めず。

もちろん寒さも感じませんでした。






幕外はちょうど夜が明けて間もない頃合ですが、

カラッとした青空が広がりそうな空の色。


しかし… 




前室のテントウイングを見ると、

前夜の雨がまだ残っていることに気付きます。




雨が止んでからすでに10時間は経っているのに…? 

夜中にまた降ったのかとも考えましたが、

幕外放置のルットルプで外気温を確かめたら… 




納得です。現在2度しかありません。

乾くか乾かないかより、凍るかどうかの心配をすべきでした。





前夜は大袈裟かなと思いましたが、

今朝の寒さを味わってしまうとね…(^^ゞ 

やっぱり灯油系暖房ストーブを持ってきたのは正解でした。




GW後半のキャンプにこれから出られる方で、暖房器具を持ち込むかどうか迷っていられたら、

特に高地の場合、なるべく持参することをオススメします。




寒さを感じてから後悔するのでは遅いのです。

連休が明けた8日の朝、なかなか起きない子どものおでこを触ったら、

発熱してたなんてことになったら… 




目も当てられませんから。




我が家では過去に何度もそんな経験をしておりますが… (T.T) 




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

暖房

やはり寒さは大敵ですよね
自分は最悪キャンセルもあり
と思っております。
実行する勇気より止める勇気の方が
なかなか決断つかないといいますよね。
後から辛い思いするより
家でキャンプ費用分で贅沢に焼肉でもやろうか
と家族が納得できる方向に転換したこともありますよ(^^;

No title

やっとキャンプなんですね。
お天気に気を付けて下さいね。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ