霜降り和牛より旨いニジマス炭火焼きを食べたことがありますか? 


夕食は19時開始で、「囲炉裏山賊料理」をお願いしてありました。





この日はTOKIOの山口達也さんをもう少し細身にしたような風貌のスタッフさんが、

インの際から世話を焼いてくださいましたが、調理の下拵えも同じ方。

要するにイケメンさんを我が家でひとりじめできたということです。





固形の着火剤のまわりに木炭を立てて配されたのはさすが。





寝かせるより立てた方が遙かに炭火が熾きやすいことは、

ワタシも長いキャンプ生活で良く知っています。


がしかし… 




火が回り出すと、その自立した状態を保つのは難しくなります。




ワタシなら囲炉裏の中より、さらに高温で火が燃え盛るこの筐体の中に突っ込み、

表面が白くなるまで炭の火力を上げるけどなぁと思っていたら… 





山口さん、ワタシが考えたのと同じ行動に出られました。

炭火の扱い方に慣れてらっしゃるお姿に、凛々しさを感じてしまいます。



では囲炉裏山賊料理のレシピです。




前菜は芦川産手作りこんにゃくのお刺身。

左下に見えるわさび醤油があるのは頷けますが、

黄色いのはオリーブオイル。新鮮な味わいでした。



…が




刺身こんにゃくはフォークでなく、

お箸で食べた方が良いと思いますけど… (^^ゞ 





キレイな脂の差しが入った牛肉は富士山麓で育ったものだそうです。




岩塩を削って調味したものを炙り、いただきます。



季節の野菜は… 




茄子はまるごと焼くそうです。




それだけでなくアスパラや椎茸、長葱なども、

これまでワタシやママさんがバーベキュー用に仕込んだ特とは違い、

かなり大振りなカタチで具されています。




厚揚げもデカイし… 





ニジマスもデカイ。





ここまでの食材を見る限り、質より量で圧倒する系の食事なのかなと予想していましたが、

ほどなくしてその憶測は裏切られました。




仕込み段階での塩加減が絶妙だったのでしょうか…。


正直言うとニジマスは脂身も少なく焼いても淡泊に過ぎるので、

キャンプ場やその近くで釣り上げるまでの労苦でも伴わない限り、お世辞にも美味しい方ではない食材と捉えていたのです。



が… 




なんとその美味しくなかった淡水魚を完食。

私的にはおろし岩塩をかけた富士山麓牛の炭火炙りより美味しかったくらい。



自炊しなくて正解だったと思える美味しさを堪能できたことに、

少しだけ悔しい気持ちもありましたが… 





芦川村の底力に恐縮です。LOOFの食事は感動モノの美味しさでしたよ。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

豪快な料理、良いですね^^
やっぱり旅先ではその土地の美味しいものが良いわぁ。
スタッフさんも慣れてらっしゃるから、一番美味しい手法が分かってるのね。
私も川魚は苦手だけど食べてみたくなりました。
野菜も土地のモノなんでしょうね。
リピートもアリじゃないかしら( *´艸`)
今度はお兄ちゃんの卒業の記念に♪

No title

美味そうな肉ですね。
これにはビールかな?

囲炉裏

そうか、囲炉裏って和風BBQだったんですね
しかも室内で出来るって最高
これはさぞ美味しかったことでしょう!
ここ行きたいかも(^^;

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ