人気モデルを踏襲したデザイン・MHWジャケットとモンベルの相性が良かった理由


夏以外の時季に、キャンプだけでなく通勤途上でも着用していたホグロフスのシェルレイヤー…




薄手の生地がゆえ軽く、それでいて防風性も高いので重宝してました。

しかし3年も経つと、ところどころほつれが見えてきてしまい、

ついに現役引退となりました。

引退と言っても通勤時だけのことで、まだ着用する場面はありそうですが…(^^)



平地でもまだまだ寒いし、キャンプに出ようものならもっと防寒着は長く使用しますから、

次を探していたところ、手頃な価格の良品が見つかったので… 




余っていたポイントに追い金して購入。MHW(マウンテンハードウェア)です。





求めたのはこちら。





スピノザCLジャケット。

往年の人気モデルだったスピノザジャケットの意匠を踏襲したモデル。




MHWのナットロゴが胸に配置されています。





袖には金色で刺繍されたフルロゴ。





その先の袖口はベルクロで着圧を調整します。





個人的にはホグロフスのサムホールのある袖口の方が好みなのですが…。

ベルクロって綿埃を吸うのが嫌なんですよね。




このスピノザが旧製品と大きく違うのは、

GORE-TEXをしのぐ透湿性を持つDRY.Q ELITEと呼ばれる生地だったのに対し、

おそらく廉価な素材であろう タスランナイロンが使用されていること。





正直旧製品は持っていませんが、ググって確認したらポケットの意匠もほぼ同じ。




ホグロフスはこの位置にポケットが無かったので、設営中など小物を手に持たず身につけておきたい時は困りました。



そしてこのタグがあります。






アジアンフィット。東洋人の体型に合わせた大きさに作られているそうです。







サイズはMを飼いましたが、腰周りやフードのドローコードを閉めてもきつくない着心地。

全体的にゆったりした、クラシカルな雰囲気の作りになっている感じがします。



前の更新に続いて自画撮りしてみますが… 




確かにゆったりしてます。これでアジアンフィットなら、

本国のモデルはもっととてつもなくデカイことになるのでしょう。





しかしこのゆったり感は良いかもしれません。

ホグロフスのシェルは細身過ぎて、ダウンインナーを着ようものならパッツンぱっつんでしたからね…(^^ゞ 



さらにこのゆったり感は、先行して求めてあったあのアイテムとの相性も良い感じ。





モンベルのマルチネックゲーターです。

それをネックウォーマーの状態にしてジップアップしても… 




まったく窮屈感がありません。




まだまだ寒さは続きます。MHWのこのジャケット、そろそろ品切れのお店も多いようですが、

探せばなんと7,000円台で購入可能なお店もありました。





本当にゆったりした着心地ですから、細身の方は実サイズより小さめでも良いかもしれません。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

かっこいい

あまり服などの興味のない自分ですが
見ていたら欲しくなりました(*^^*)
今日は横浜のボートショー行ってきます
ブログ更新は夜にします(^^;

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ