薪棚を安く作るなら足場パイプより良い部材があります


この週末、昨年末に分けていただいたのと同じ場所から、

再び間伐材をいただくことができました。




前回は小枝も多かったのですが、

今回はやや太めのものばかり。

薪として使うならやはり太い物のほうがありがたい。




樹皮を見ればおそらく広葉樹だけではなく、

針葉樹も含まれているものと思いますが、

焚き付けや薪ストオフシーズンとなる夏の焚火用と捉えれば良いかなと…。




伐採したのは昨年の晩秋と聞いていますから、

少なくとも今年の冬近くにならないと乾燥は進まないでしょう。




一般に木が木として生えている立ち木の状態での含水率は50~150パーセントだそうで、

薪として最適な乾燥状態の含水率は15~20パーセントを下回らないとならないそうです。





そこで昨年末に間伐材をいただいた際、含水率を計るために必要だと感じていた物を、

やっとオーダーできました。





デジタル水分計。薪の乾燥度を測定するアイテム。

思っていたより安かったのですが、レビューを読むと、

測定精度は高くないものの、乾燥が十分か不十分かは分かるとのこと。




まだ手元に届いていませんが数日中に配送されてくる見込みです。

説明書が英文だったり不良品が届く場合も稀にある様子ですが、

他の同等製品と比べるとハズレは少ない様子。届いたらレポしてみたいと思います。





そしていよいよこれも考えなければならないかと…。



薪棚ですがこんな良い物ではなく、

手作りでも良いだろうと考えており… 




短管パイプを組んで作ろうかと考えていたのですが、

もっと安く、手軽に作る方法がありました。





2バイ材買ってきてジョイントして組めば短管パイプより安く上がるでしょう。

耐久性は落ちるかもしれませんが。

そしてこれも…。





太めの間伐材も含まれてますから、薪割り用の斧も必要です。





おそらく学生時代に木彫やってた時のマキタの電動チェンソーが、

自宅倉庫に眠っている筈なんですが… 




出てきたとしてもさすがにウン十年ぶりに使うには怖すぎるので… 

斧にしようかなと…(^^ゞ 






薪割り台になりそうな切り株も必要ですが、間伐材をいただいた先から頂けそうなので、

買わずに済みそうです。

車に積んだは良いが下ろすのが大変かもしれませんけどね。




しかし… 




薪は無料でしたが思っていたより管理のための出費が嵩みそうな気が…(^^ゞ 




ま、こういう準備も楽しいから良いんですが。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

携帯、変えたんですね。
あの契約の煩雑さ・・・
購入してから一度の機種変だけで、一度も変えた事はないです。
子供たちはスマホにしてタブレットと合わせて分け合うって言う事をやってますが、あれは使ったもん勝ちですよね~
ゲームもやり放題しているので限度内では収まらなそうです。
薪棚、手作りするのも楽しそう(≧▽≦)
どの位あるのかなぁ。
何回のキャンプで消費するか、楽しみですね♪

No title

乾燥してから、欲しいところですね。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ