幻の氷の池を伊豆スカイラインで撮れた瞬間


昨年末の父子キャンプでは、

幕体がずぶ濡れになっただけでなく縫製部から雨漏りまで起きるという始末。




雨漏りしていても張り姿の美しさは健在です。

草臥れ始めた幕体を復活させるため、これからあるところに向かうことにします。



その前に、お借りしていた物品を返却せねばなりません。




モビリティーパークのテントサイトでAC電源を使うにはこのコネクターが必要でした。

これと約定等が入れられたファイルを返却するため、クラブハウスへ立ち寄ります。




まだまだ雨は降り続いています。







キャンプ場を後にして、亀石ICから伊豆スカイラインに乗り、

一路、小田原を目指しますが… 


往路にこの有料道路を走った際、素晴らしい景観をカメラに収めたのと同じ場所で、

再びデリカを停めてしまいました。




海が蒼く見えています。

海面レベルの天候は回復傾向に差しかかったのでしょうか… 




玄岳あたりですが、窪地にある小さな湖沼が目に止まります。

これ幻とも言われる湖だとは、後で調べて分かったこと。




氷ヶ池。

温暖な伊豆ですがこの池は標高630メートルに位置し、

かつては天然の氷を切り出していたそうです。



その玄岳から熱海峠にかけては、いまだ分厚い雲に覆われており… 







程なくして雲の中に突入… 





熱海峠では、この電光表示を目にしました。









過去に何度となく箱根では濃霧に遭遇しています。

友だちとのバイクでのツーリングだったり、親族との旅行での帰路だったりしますが、

自分だけがハンドルを握る身としてこの環境下に挑んだのは、

初めてのことだったように思います。







十国峠レストハウスに辿り着いた時は妙に嬉しかったような気が…(^。^)






もうすぐ正月です。こちらで家族や親戚へのお土産を求めて、

一路下界へと向かいますが… 


自宅に戻る前の経由地に立ち寄る前に、

すでに雨雲は立ち去っていました。




何とも言えませんが、この後一週間以上、

我が家地方では、雨も雪も降らない乾燥した気候が続きました。



そして経由地へ到着です。




こちらで今回キャンプ撤収時に感じた修繕についておたずねすると、

さすがのお答えをいただきました。




どうやら撥水が草臥れたこの幕体も、復活が適いそうです。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

濃霧

怖いですよね。前が見えないというのは
前に車がいればテールランプを目印に
走れますけど。前に車がいないと本当に
つらいです。
そういえばフォグランプとか買った覚えが
あるんですが、今はあまり見ることはありません。
霧でも強いランプになったから?(^^;

こんにちは

帰宅後、幕体を洗ったんですね。
40キロかぁ・・・
大変だなぁ"(-""-)"
でもその後晴天が続いたようですので良かったですね。
濡れたままになったら大変。
キャンプ時も天気が良かったら帰路も素晴らしい景観を楽しめたんでしょうね。
残念です。
あの海は熱海かなぁ。
熱海までなら行った事があるんだけどなぁ。

No title

自転車が来てからが腕の見せ所ですね。
末っ子さんによーく見てもらって下さい。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ