スノーピーク焚火台はSサイズでも薪組み工夫でじゅうぶん焚火を楽しめる



我が家の焚火台の在庫はふたつはあったはず。

ですが過去の更新でも触れとおりなのです。






ピコグリルがフレーム破損の憂き目に遭い、

現在はスノーピーク焚火台Sだけに

なってしまいました。






スノーピーク焚火台の場合、

普段は薪を立てて燃やすことが多いのですが、

今回は立ちにくい木端の薪が多かったので、

井桁に組んでおります。





いつものやり方は薪を立てて着火することで

上昇する焔により、薪への火の回りが早くなると考えてのものですが、

概念はあっさり覆されてしまった。

井桁に組んでも良く火が回ることが判明したのです。





けっこうな勢いで火の粉が飛ぶまでに

火勢がつきました。




経路都合で大手スーパーで扱われている薪を求めましたが、

買い手の需要も組み込み済みなのかもしれません。

乾燥状態も良かったのだと思います。





幸いいしたのが焚火の位置です。

ランタン台にしていたユニフレーム焚き火テーブルの近くで燃やしたことが

幸いしたようで…





ランタンの周囲からは、

明らかに羽アリの姿が消えつつあります。


今はまだ盛夏ほど昆虫たちを元気付ける、気温とかの環境要素が揃っていないのでしょう。

真夏以降は、焚火程度の煙では、羽アリを退治できると考えない方が良さそうです。




でも今はこれで何とかなったかなと。

羽アリの襲来を気にせず、

無事に晩メシにありつける状況になりました。





これ何かと言いますと

一見チーズに見えなくもないですが、







旬の味覚、空豆です。



他にも往路でいろいろなツマミ系を求めたのですが、

撮る前に食べてしまった…(^^;;



そして最初は駆虫用途で始めた焚火でしたが… 





だんだん楽しくなってきて、

気づけば1時間以上も焚火台の前に

陣取っておりました。





楽しい時間はあっという間に過ぎます。

薪は全て燃えてしまい… 





気付くと21時を過ぎてしまった。





ちなみに現在の気温は22度。

焚火の暖かさがちょうど心地良いくらいの気温でした。


ところでユニフの焚き火テーブルです。







先日自宅でメンテして実地再投入の初回。

確かに綺麗になりましたが… 





そこはやっぱり夜間の撮影。


どこがどう良くなったのか、

やはりワタシの力量ではデジイチでも

iPhoneを持ってしても捉えられなかったので… 





翌朝、きちんと撮り直すことにしたいと思います。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 新戸キャンプ場 羽アリ 焚火 焚き火テーブル ユニフレーム スノーピーク


コメントの投稿

非公開コメント

焚火

火のありがたみ感じますよね
焚火を見つめながら
一人でボーっとしている時間
これが至福のときですよね(^^)

こんにちは

ソラマメかぁ。
何だろうと思った。
ソラマメってスーパーで見かける時期もありますが、食べ慣れないからピンと来ませんでしたね。
そんな感じで売ってるんですね。

羽アリも明かりを求めて飛んで行ったら熱くて・・・かな。
焚火の初めの頃は火の勢いがかなりあって、私としてはちょっと怖い。
怖くないですか。
慣れかなぁ~

桜の実は食べれちゃうんですか(◎_◎;)
見た目はサクランボに似てますが・・・食べるには勇気がいりますね。
私が今回見つけた桜も、大木で立派な桜を楽しませてくれる樹には全然実りません。
桜が立派な程 実はつけないって事は無いかしら。

No title

焚き火台って1台あれば良いんじゃないの?

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ