この素敵なキャンプ場のWeb情報が少ない理由?


大栗ACにはHPはなく、Web上を探しても、ほとんど情報が見当たりませんが、

それにはいくつかの理由がありそうです。


ひとつ思い当たるのは、とっておき度が高いこと。

ここには他人には晒したりせず、自分たちだけの秘密にしておきたいような、

素敵な環境があるということです。




この時季の関東地方なら、道志みち沿いのキャンプ場でなくとも、

荒川や多摩川の上流とか、山北町あたりの冷たい清流で思う存分に水遊びできるキャンプ場所を探すのは、

そう難しくありません。


しかし、かつて南極観測隊が持参した際、赤道を超えても腐らないと言われた、

本物の清水が流れる道志川。


その本流の、の両方を味わえる環境が、この大栗ACには揃っています。



今、まさにそのの部分に挑もうかという気勢で、流れを見つめる男子が1名。




しかし… 

彼は大事な物をサイトに忘れてきてしまいました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

フローティングベストです…(^^ゞ 


このあたりの道志川の本流は、深いところでは大人の腰くらいの水深がありますから… 




とりあえずこの場所での動的な水遊びは見送り、

例の丸太橋を渡ります。




これけっこう揺れました。三島スカイウォークといい勝負だった気がします (笑)



丸太を渡る前に見えていた対岸には、静かな流れの場所があり… 





オタマジャクシ発見。清流のテノーリスト、カジカのベビーでしょう♪ 






狂喜乱舞しつつも、末子にも簡単に掴まえることができました。

網の類いが無かったので捕獲できませんでしたが、小魚もいましたよ。




しかしこの川底の白さったら、もうたまりません♪ 




この日はお兄ちゃんも来ていたのですが水遊びには参加せず。




いっしょに来ればよかったのにね~とは、末子だけでなくワタシの口からも出た台詞です。



上の画ですでに写っていますが、これも持参しています。




ロゴスのグラスボート。我が家ではこんにゃくボートと呼んでます。が… 




末子はいまだにオールの使い方が良く分からず。




浮いているだけでも楽しそうなんですが、手を取ってオールの使い方をレクチャーして、

最後にやっと一漕ぎできたかどうかという感じ…(^^ゞ 





道志川の水は冷たく清らかでしたが、思い切り水遊びするには時刻が遅かったかな。

次はもっと早い時間に来ることにします。






ちなみにこのキャンプ場の情報がWeb上で少ないことの理由としては、

負の側面と考えられる要素も見えたのですが、それについては後日の更新で触れたいかなと…。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

オールの漕ぎ方もまた実践ですね
末っ子さんが将来、カッターの選手になるかも知れません

海辺で育ちました
何をしても不器用な私は
友人のゴムボートで教わり、やっと漕げるようになったことを思い出しました

その頃、同級生の女子が父親の伝馬船を出してきて
対岸の友人宅まで器用に艪を漕いでいる姿に
感動した記憶があります

すごい・・

大栗キャンプ場、
とってもステキなロケーションですね。
こんな場所があるなんて、ほんと道志みちは奥が深いですね(^^)

ゴンドラに吊り橋・・・
一見素人には厳しめか?と思いきや、
私でもチャレンジできそうな気がしてきました。
続きレポ、楽しみにしてます(^^)

こんにちは

末子君、海パン!!
しっかり準備してきたのね^^
とっても気持ちよさそう。
うちの500匹の子供達も放してあげたくなってくる~(≧w≦)
きっとオタマジャクシさんと仲良くできると思います。
お兄ちゃんは、もう水遊びと言う年頃でもないのかな。
思春期になると学校のワイシャツでさえ半袖を着なくなったりします。
もしかしたらそんなお年頃?

負の側面が何なのか、気になる所ではありますが、隠れ家的な場所ですね。
いろんな人に来られて荒らされるよりは、常連で大事にしておきたいのかなって思います。

甥っ子は兄嫁の実家に行き、自分の祖母と母の会話に呆れて帰る事もあったんですが、
いかんせん、兄嫁に性格的にも似ているので、自分に置き換えて反面教師にすることは無いのです。
姪っ子もイマイチだし・・・ 2人とも勉強をすると言う事を知らないから。
母の葬儀も本当は来ないつもりだったらしい・・・ 
来たのは兄嫁の家を継いだ弟さんですが、甥っ子は何かといえば「金銭的にあちらも大変だから・・・」と。
子供も居ないので子供にお金が掛かる訳でもないし、そういう考えが甘いなぁ~ともどかしくなります。

No title

画像を見た限り、新しくはないなあと思いました。

秘密のキャンプ場

うんうん、わかります
人に教えたくないひ み つのお店
これ以上混んだら自分が入れなくなるから
常連さんにも配慮して掲載していません
なんで、よくわかります(^^)

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ