スカート折り込み賛成派 : テンティピの話ですが。




今回キャンプの本願である、小学校卒業のお兄ちゃんが行きたい場所へ向かうべく撤収してます。


が、その前に… 







前々から思っていたことなのですが、テンティピの起て方について、


いろいろなブログやSNS画像などを見ていて、「これは違う」 と思っていたことを書きたいと思います。





何が違うかというとコレの扱い方です。まずは違う形状の幕体画像ですが… 






画像の赤い矢印の示す先にあるのはマッドスカート。上はスノーピークの自立タープ。


4季用のテントにあることが多いこのマッドスカートという装備ですが、3季用のテントにはありません。






外側に向けて垂らすことで、地表からの冷気の侵入を防ぐ効果が期待できます。




言うまでもなくテンティピも4季用のテントであり、同じ仕組みが備わっていますが、


そのスカート部分は他の4季用テントとは異なる運用の仕方を取るんですよね。







他の4季用テントはマッドスカートを外側に向けて垂らすのに対し、


テンティピは逆に内側に向けて収束させる必要があるのです。





稚拙ですが下に断面図を用意してみました。







このようにスカートを内側に折り込むことで、外気の侵入を防ぐのが正しいようです。


ちなみにテンティピのスカート部には3種類のループが付いており、Aのループにショックコードを通すことで引っ張られますから、


スカートを内側に折り込みやすくなります。










そうした上で、Bのループにフロアのグロメットをはめ、幕外のAループ付近にあるテンショナーで張りを強めれば、





さらに気密性が高くなります。


上は夏季運用時のためベンチレーターを開けてあり、フロアを半分程度に折りたたんで使用している時の画なので説得力が薄いのですが… (^^ゞ 





ところが前述したように、スカートの扱い方を間違ったままで、


テンティピを起てていらっしゃる方が案外多いようで… 






Aのループを蔑ろにすることで、スカート部分が外に向けて広がり、


風が吹けばバタツいて幕内に隙間風が入りそうな状態の起て方を見ることが少なくありません。




そしてもっとスゴイ強者を目にしたことも… 





なんとAループにペグダウンすることで、幕体の限界まで広げて幕内を広くしようとしている方がいるのを、


画像上だけでなく、実際にA根キャンプ場などでも見たことがあります… (^^ゞ 


こうなるとテンティピのスカートが持つ機能を殺してしまっているので、天候によっては隙間風が入りまくりでしょう。





実際に正しい設営状況下で、Aループを引っ張り出してみるとこんな感じ。






Aループでペグダウンしたのと同じ状況です。指先近くにスカートの先端部の辺が露出してますから、


こんなに幕体に無理をさせた状態でペグダウンすれば、風が幕内に侵入するのを防ぐ手だてがなくなってしまいますよね。





テンティピのジルコン以外の幕体は持っていませんが… 






スカートを本来のあるべき姿で設営することで、張り姿は格段に美しくなります。







フロアをお持ちでなければ、これだけでも済みます。






ショックコードを長めに買えばスカートを内側に絞ることができます。


スカートが内側に浮いてしまうことがあれば、コンテナなどで抑えれば簡単に外気をシャットアウトできますし。








相応の手応えと手塩にかけるだけの価値がある幕体です。可愛がってあげないとね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 














関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

手の込んだ描画、ずいぶんと手間がかかったのではないでしょうか

サラリーマン時代、女子職員のスカートが
人によって長さが違うことを知りました
ベストの下で何度も折り曲げて丈を縮めるんだ、と
見せてくれた職員がいます

私の知らないところで女子職員も
いろいろと工夫、努力していたようです

きちんと設営方法を理解しておかないと本来の機能が…(^_^;)
大抵の場合、思い込みなんでしょうけどね

こんにちは

テントってメーカーによっての個性もあるだろうし、
なかなか全部を立てて売るショップも無いだろうし
ネットで見ただけじゃ分りませんね。
「とりあえず立てばいいや」って感じになっちゃうでしょう。
私だったら・・・
昨日早速ベランダに丸々太ったヤスデを発見したので
「這う系」のお客様が絶対来ないようにして欲しいですね・・・

買えないと分かると、あの時計をあの値段でとっても欲しくなりました。
時計は母の物もいっぱいあって(たぶん母も誰かの形見で貰ったのだと思う)
でも、どれもこれも電池が止まってて動かない。
    (たぶん動くものは妹が貰って行ったのでしょう)
ご主人様に結婚記念でプレゼントしたのが、あの頃出始めたソーラー。
時計を合せている姿を見た事無いから電波なしで探してみようかな。

そういえばお兄ちゃんはもう入学式、済んだんでしょうね。
制服姿のお兄ちゃん。
凛々しいでしょうね^^  女親はキュンとしてるとおもいますよ。

No title

172,800円かあ。
凄い値段ですね。

力作

今回の記事は断面図とかも作って
すごく力が入ってますね
さぞ時間がかかったでしょう。

自分は1日では作れなくて
2日分の記事です(笑)

tentipiの正しい張り方 有り難うございます

はじめまじて。
北海道在住の今年テンティピを購入したathokkaidoと申します。

過去記事へのコメントで恐縮ですが、大変参考になる記事でした。ショックコードも準備し次回是非とも試してみたいと思います。

当方のブログでも紹介させてください。

有り難うございました。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ