テンティピからセンターポールが消える日








先日、テンティピの本国サイトを見ていたら… 










気になる情報を探り当ててしまった…。


WOODEN POLE SETS なる新オプションの準備が進んでいるようです。




私的に気になる 「 WOODEN POLE SETS 」 とはどんなオプションなのかを説明するにあたり、


テンティピテントのラインナップについて書いておく必要があります。




現在日本国内で普通に買うことができるテンティピのラインナップは、


実はテンティピのティピ型テント全てではありません。







本国サイトを覗くと分かりますが、これらはADVENTURE TIPIS(アドベンチャーティピ)と呼ばれる1つのジャンルであり、


キャンプだけでなく極地行などの用途も含め、


より可搬性を求めるユーザーに使いやすいように軽量化されたジャンルです。





一方で、イベント会場などで常設して使うためのジャンルも存在します。







その名もズバリなEVENT TIPIS(イベントティピ)。


上はストラタスというモデルで、直径13メートル・高さ7.4メートルの幕体の総重量は740キロにも達します。








こちらはニンバス16。


EVENT TIPIS の中ではもっとも小振りなサイズですが、それでもジルコン15より一回り小さいくらいの常設型テント。


直径は5.5メートルで高さ3.5メートル。重量は150キロ。








そしてこれらEVENT TIPIS に共通するのが、ポールの材質と本数の多さ。


ストラタスでは9本、ニンバス16では4本の木製メインポールを設営のために使用します。








一方でADVENTURE TIPISの設営で使うのは、金属製の極太なポールを一本のみ。















ちなみにジルコン15の物で直径4.5センチ。







ランタンハンガーとなる金物を探すのにも苦労しました… (^^ゞ 





そんなADVENTURE TIPISに、EVENT TIPIS と同様のウッドポールを複数本用いて、


空間的余裕をさらに高めることができるオプションがこれ。






「 WOODEN POLE SETS 」 (ウッドポールセット)です。




本国サイトの説明文を和訳するとこうなりました。


アドベンチャーシリーズをクラシカルなスタイルで。

長期間の設営、常設などテンティピイベントシリーズのようにウッドポールを使い立ち上げるアタッチメントです。

※日本ではウッドポールは国内調達となります。

センターポールが無くなることでよりオープンな空間を造ることが可能。

ベッドなど大型の物を自由にレイアウトできます。

8本のウッドポールで荷重を分散するため暴風・積雪に強い。特に無人の状態でも安心。

ウッドとベージュのポリコットン生地の雰囲気は抜群。

アドベンチャーシリーズはイベントシリーズに比べ生地が薄いためポールと接する部分から雨水がしみ出ることがあります。








日本ではウッドポールは国内調達となるとの注釈をどう捉えたらよいか、


現時点ではまだ不明ですが… 







果たして8本ものポールを運搬できるのかは別としても… (^^ゞ 








こちらのお店で情報が1日も早く開示されることを期待したく思います。










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : テンティピ


コメントの投稿

非公開コメント

ウッドポール

ウッドポールですか・・・
重さは?
いや~これは常設用じゃないですかね
センターポールは邪魔になるけど
これ一本で済みますから
持ち運びは絶対センターポールかと(^^;

センターのみだと設置時の負荷は上からなので、あのポールでいいけど、斜めに組む場合応力からすると必然的に太くなってしまいますよね。
なので、常設タイプになってしまいますね。

こんにちは

ニンバス!!
ニンバスと聞くとハリーポッターを思い出してしまいます^^
ちょっと魔法の帽子みたいかな~
海外の製品だと日本では考えられないようなデザインがいっぱいですね。
センターポールの無いテントって・・・学校のテントみたい?!
うーーん、なんか想像できない。

共働きだと町内会の行事は大変ですよね。
まだお子さんも小さいし・・・  
お子さんに手が掛からなくなったら出来るかな?
人間関係が広がるイメージがあります。

今日はバタバタしているので更新をお休みしますね。

No title

真ん中の柱がなくなったということですか?

No title

収容人数が増えると、必然的にテントは大きくなるでしょうが
当然ながら重量もかなりのものになりますね

そう考えると移民族はとんでもない移動をしなければならない
ような気がします

  ここ数日、早朝に出かけて深夜の帰宅、
  それだけで家事がたまってしまい、
  キャンプを続けることはどれほど大変か想像しております

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ