次期キャンプ用薪ストーブ選びの結論は…



いま現在、国内で入手可能なキャンプで使える薪ストーブの中で、


一体どの製品が最も使えるのか、最もコストパフォーマンスが良いのかを考えてみました。






そう考えるに至ったのは、言うまでもなく、


我が家の薪ストが不具合を抱えているからです。







我が家の冬キャンプで使う、次の薪ストの購入候補を絞るということでもあります。








まず考えたのが価格の安さ。



そうなるとこちらが候補に上がります。






伝統のブリキ製ストーブ。






形状としては上の時計型より下の卵型のほうが燃焼効率が良いようです。





最近は可愛らしい色合いの物も出てきました。







しかしこれらの比較的安価な薪ストーブには、ひとつの大きなハードルがあります。


ネックとなるのが煙突のサイズです。





 


その径は106ミリ。ばらした一本あたりの長さも短くても30センチからとけっこう長く、


車載時には間違いなく嵩張ってしまいます。








あるいは煙突をステンレスの薄板で巻き式として用いる可能性もありますが、106ミリ径を継ぐ金具を探さなければならないでしょう。



ちびストーブで巻き式煙筒を使うために素材を探した際のあの苦労は、できれば味わいたく無いものです…(^^ゞ 










もっとも最近は燃焼持続時間を伸ばすため、


煙突異径レジューサー(煙突径106ミリを80ミリに変換)というパーツも出てきましたが、







同じメーカーから出ている80ミリ径の煙突も…







直管が約46センチと、残念ながら長すぎます。これじゃ車内に乗せ切れません。






では値段を度外視して、最近流行りの海外製に目を向けてみると…






オージーピッグや…







フロンティアストーブなど、面白そうなストーブを選択肢に加えることができます。





しかしこれらの海外製ストーブに、何故だか共通する不安要素としてあげられるのが、


筐体の容積の小ささ。






例えばオージーピッグは15~16リットルほどで


フロンティアストーブは20リットル強程度。








どちらも筐体の奥行きは40センチ前後ありますが、この容積では太めの薪だと呑み込めない場合があることは、


容易に想像できます。








他にもホリデーロードさんや、快速旅團さん等から、


可搬性が良さそうな薪ストが出てますが、


これらも容積的に不満が募りそうな気がしますし、暖房熱源としての持続力にも疑問か残ります。







ワイルドなお店のストーブは折り畳めますが、これも106ミリ径の煙突を使わないとなりません。


本体がコンパクトになったとしても、煙突がデカイのでは話になりませんしね。






ほどほどの筐体容積があり、本体と煙突がコンパクトにまとまって車載時に嵩張らず、


なおかつ暖房熱源としてじゅうぶんな持続力を期待できる薪ストを考えると、


容積が約60リットルあって、巻き式煙筒を使えるストーブが候補に上がりました。







答えはひとつしか出なかった…。








コストパフォーマンスに優れるのは、やはり国産。


ちびストーブです。



今は無きオガワキャンパルの遺産の中でも、


私的には最高のプロダクトではないかと感じます。






我が家が次のキャンプ用薪ストを買うとしたら、やはり同じこれを選ぶことでしょう。







ちびストーブの後を継ぐものは、ちびストーブ。これが私の結論です。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

最近、埼玉新都心のショップ行ったらチビストありました。
煙突付け根に補強部材が、追加されてたような?
あやふやですが

やっぱり百々のつまりは、ちびストーブですか(^_^)
でも、これまで通りの運用が出来るからね♪

なるほど

こうやっと論理的に説明されると
よくわかります
売却して新しく買っちゃう?(^^)

No title

なぜこんな商品を作らないのだろう、と思うことは
頻繁にあります
日本経済の発展余地はまだまだあるはずです

さあて訳の分からない軽減税率の決定に一喜一憂するより
気楽に欲しいものを選びたいものです

    いただいたコメント、ドイツビールを飲みたいのはやまやまですが
    自宅からある程度の距離があることと
    取引先をお連れする役目もあって、飲酒は外泊時のみです

No title

もう使っちゃったんですね。

貯金ならぬ貯ポイントしとかんと。

http://ikatako2000.naturum.ne.jp/e1745045.html

以前、僕も薪スト持ち出してキャンプしてました今はもっぱら石油ストーブですけどね。

以前の僕の運搬スタイルです。
参考になるかなぁ?

こんにちは

今日寄ったホームセンターにもちびストーブに似たストーブがありましたが
安かったのは素材でしょうね。
山形にも薪ストーブの専門店らしいお店がありますが、キャンプ用と家庭用では違うんでしょうね。
海外の物はオシャレで良いですよねぇ~♪
色付きのも好みだわぁ。

母の断捨離は本当に凄かったんです。
近年マスコミでも親の断捨離を取り扱ってますが、本当に大変でした。
日本中のあの年代の方々が同じように物に溢れて、異常です。
リサイクルしようにも、日本中に同じような物があるんだもんね。

Re: タイトルなし

> 最近、埼玉新都心のショップ行ったらチビストありました。
> 煙突付け根に補強部材が、追加されてたような?
> あやふやですが

コメありがとうございます。
ちびスト2でしょうね。
煙突まわりの補強部材は確かに必要かもしれません。

Re: タイトルなし

僕 様

ブログ記事拝見しましたが、更新を止められたとのことですので、
こちらでレスいたします。

ルーフキャリアもひとつの案ですね。
しかし我が家の車では初期投資が大きそうで、
将来的な展望も見越した場合、導入するならヒッチかなと考えます。

ご意見ありがとうございました。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ