メタルなガジェットでリペア失敗挽回を狙います



キャンプ用薪ストーブの運用でいちばん苦労するのは、煙突の取り回し方ではないかと思います。





我が家もこれまで薪ストーブを使う幕体により、試行錯誤を繰り返してきました。








コールマンのオアシス スクリーンタープを使っていた頃は、


あの、冬場に薪ストを無償で貸してくれるキャンプ場の幕体避けジグを真似た物を自作して使用しておりました。






このジグのベース、黄土色の部位はこれです

↓ 





FDハンモックの残骸。網部分が経年変化で破れてしまい、残った折りたたみ式の木製アーム2本にツーバイ材を足して作成したもの。






そして数年後、スノーピークの リビングメッシュエッグを使っていた頃は… 







木製ジグではなく、ユニフレームの鉄製 焚火4脚スタンドを使うことで、


より堅牢に煙突を支えられると気付き… 










さらにPVCの幕体生地避けのジグをベニヤで作成したりもしてました。








やがてポリコットン製 ジルコン15を使うようになると…






ユニフの焚火4脚スタンドと、ラス網の煙突ガードを併用。


このスタイルで現在も運用しております。







ありがたいことにジルコン15の天頂部には、予め煙突を出すための孔が備わっており、







ちびストーブでも煙突を伸ばせば、


テンティピのありがたい備え:天頂部の孔から煙突を出して、薪ストーブの恩恵に与ることが可能です。







テンティピデフォルトの薪ストーブは高すぎます。手が出ません…(T.T) 





しかしジルコン15の背の高さは、ちびストーブの構造には酷だった。






ジルコン15の幕体高は3.6メートル。





ちびストーブの煙突取り付け部位は、その筐体の側面に位置します。


筐体上面に排気口がある構造だったなら、煙突伸長の負荷はもっと小さくなったのでしょう。








デフォルトでは2メートル足らずだったのに、


3.6メートル高の幕体で運用するため、2倍の長さになった煙突です。







煙突の重さは気になっていましたが、さすがにこの構造でこの状態での運用は、


エビ曲がりを介して、煙突自重が筐体の煙突取り付け部位に負荷を掛けていたようです。








ま、遅かれ早かれこうなったのでしょうけどね…(T.T) 






モルソーのヒートボンドをあてにし過ぎると痛い目に遭うのは目に見えてますが、


とりあえず現状で何とかなるかもしれないと、


足掻いた末にたどり着いたのが、これを使う方法でした。








自在受け足セット。ステンレス製です。







本来は天井に金具を固定して配管するための道具ですが…







これを用いる気になったのは、支柱の長さが変えられるから。調整スパンは30~40センチ。









昨日の更新で、カシワグリルを含めた煙突取り付け部位の最低地上高を測ったのは、


これを本来用途とは逆向きに地面を背にして、ちびストーブの煙突支えに使おうと考えたからです。







脚部分の先にはベニヤかあるいは手持ち無垢の板材を取り付けて、安定度と高さを稼ぐ予定。








…そしてこれまで使っていたユニフの焚火4脚スタンドも、


もちろん併用するつもり。







焚火4脚スタンドは上から吊る形で煙突の重さを支え、


自在受け足セットには下から煙突を持ち上げてもらおうと考えました。





ちなみに自在受け足セットの煙突を巻く部位は105ミリ径用(9~12センチの範囲で調整可)で、


ちびストーブ煙突の75ミリよりはだいぶん太いですが、


過去の資産を流用しようと考えています。







かつてジグの防炎用に使っていたヒートバンテージ。


これちびスト煙突に巻いて径を稼げは何とかなるかなと…。









ヒートボンドには宦官贔屓に近い感覚を持ってるかもしれませんが、


溶接で補修、あるいは新しく薪スト買い換えを考えるなら、更なる出費や苦難の道が待ち受けてますからね。


これで大丈夫となればめっけもんです。








果たしてどうなるか、調整は今週末あたりに試したいと思います。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 









関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事を拝読しながら
「支点・力点・作用点」について考えていました

支える点の前に点を支える堅牢性が前提ですね
初等物理学では言及しない障害ですが
次々と難関を乗り越える才知は痛快でさえあります

まさか

この金具で支えられれば
持ち運びがかなり楽になりますね
いや~すごい発見ですね!!

No title

薪ストーブ、高いです。

こんにちは

おっ、そうきましたかぁ。
下から支えるという方法だとは思わなかったな。
でもそれじゃカシワグリルが邪魔にならないかしら。
組み立てて使用してみないとって感じかな。
今日なんてほとんど氷点下なので是非東北で試運転してほしいぐらいです。

No title

ネタ切れ?

こんにちは

今日は関東地方雨風がすごい荒れているとか・・・
大丈夫ですか?
気温も上がっているとも言ってるし、寒暖の差に注意ですね。

No title

これで完全復活となるといいですね。
しかし色々と試行錯誤してたんですね。
そういうのは楽しいですよね!

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ