薪ストーブ片づけがあったとしてもチェックアウトに間に合う方法





今シーズン、初めて薪ストーブを運用した後の撤収です。








いよいよこれまでの積み重ねの真価が問われることになります。


しかしながら、ちびストーブを片づける上で苦労する点が2つありまして…






いちばん大変なのが筐体内の灰濾しですが、この時点ではすでに完了しております。






そして次に負担となるのが煙突掃除なのですが… 







薪種にこだわったおかげで、煤の掃除はウェスで拭く程度で済みました。







オガワのデフォルト煙突の掃除は… この程度なら今回は見送っても大丈夫でしょう。





杉薪はクレオソートが多めですが、燃焼時間が長いナラ薪を併用することで煙突のコンディションが多少はマシになるようです。






撤収作業にかかる時間も短縮できるし、ナラが他の薪より高い理由が分かる気がします。






幕内でシュラフやコンテナをまとめ上げたら、荷物の車載を始めますが、


物理的負荷を軽減するには、こうするのが一番効果的でしょうか。





幕体の入口に車の荷室を近づけます。これだけで作業効率はだいぶん上がるもの。






冬キャンプ撤収でいちばん時間も手間もかかるちびストーブの片づけは終えてますが、


他の荷物を積んでいる最中も大物の片づけの負荷を感じます。


何が大変なのかというと、薪スト撤収って中腰の姿勢での作業が多いので、気付くと背中がバキバキになってますからね…(^^ゞ 






ちびスト撤収に比べれば、20キロのポリコットンテントを収容する手間なんて楽な作業に思えるくらいです。


まーこの手間を惜しまないくらいの暖かさを楽しめますから、冬キャンの薪ストは止められません (^.^) 








そしてお兄ちゃんにはこの作業を頼みました。








テンティピのペグを洗ってもらいました。河川を汚すものではないので道志川で洗ってもらい… 





濡れたペグを乾かすため、初めてこちらのU字溝を横倒しにして使いました。






そして撤収完了したのは… 














10時40分。定刻の20分前。これまでの努力が実ったようです。





管理棟に立ち寄り… 





猪鍋のお礼を告げて山伏ACを後にします。











キャンプ場内より入口のあたり、道志みちに出た辺りの方が紅葉が進んでました。







帰路はいつもの相模原市内のGSに立ち寄ります。





夫婦間での約束で、デリカには最低限、キャンプで使った分の軽油を補充してから帰ることになっています。





リッター単価を見て即座に計算し… 








これ帰宅時の燃費表示ですがGSに立ち寄った時点では15km/Lには達してましたから… 






自宅からの往復距離を考えると10リッター補給でも、むじゅうぶん約束を果たしたことになりますのでこんな量で…。


某ルクスワーゲンみたいな不正ソフトは搭載していない三菱クリーンディーゼル、維持費はやはり安いですよ (^.^) 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

薪によって結構違うんですね。
やっぱナラがいいんですね

No title

関西の現在相場はレギュラー125円/L、ハイオク135円/L
くらいではないか、と思います
少し田舎に行けば+10円程度のところも少なくありません

やはり関東が最も安いですね

No title

トルクが厚いディーゼルだとキャンプに限らず、坂道が多い所では非常に頼もしいですよね♪

No title

天ぷらじゃなくて、テンプレ、変えましたよ。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ