炊飯ジャーを凌駕するメシ炊きを可能にするストーブ





観光農園キャンプ場の標高は、約700メートル弱といったところ。








まだ9月ですが、今年はこのまま気温が下がり、秋冬の訪れも早いのかもしれません。



ここに来る前に調べた情報では、中道志あたりの最低気温は10度台前半だったはずですが、


道志川の河畔に位置するキャンプ場では、夜間の外気温はもう少し低い感じがしました。







子連れキャンプでもあり、やはり暖房を持参して正解だった。









観光農園キャンプ場初日の夜はお子たちにつき合って、とんでもなく早く寝てしまったので、


2日目の朝は4時半過ぎには目が覚めてしまった…。







寝ぼけ様にジルコンの幕内を見上げて撮った画。暖房の光源だけでシャッターが下りました。







そう、暖房のレインボーを点けっぱなしで就寝でした。レインボーストーブには照明としての機能もありますから、


幕内温度は19度台をキープしてます。






じゃ、外はどんな気温なのかと知りたくなり、幕外に出てバリゴを外気温にさらします。











6時台まで待つと16度と出ましたが、この30分後にもう一度見たら15度台まで下がってた。


この気温なら薪ストほどの熱源は要りませんが、灯油ストーブならあっても良い感じでしょうか。



少なくとも共働きの我が家では、子どもに風邪ひかせたらママさんの叱責やらワタシの仕事もしわ寄せがコワイし… 


これくらいの寒さであっても手厚くした方が良いようです… (T.T) 






ちなみに道志川までは徒歩20秒(笑)







観光農園キャンプ場のサイト構成は大まかに見て、河畔サイトと山側サイトに分かれています。


ウチは河畔サイトなので川からも近いため、わずかな時間を歩くだけで清流を見ることが適いました。







今の時期、水量が多いので流音もけっこう凄くて、夜中にうつらうつらしながら聞こえた記憶が…(^^ゞ 


GWはここでかなり苦戦したけど、見るだけならタダです。







観光農園キャンプ場すぐ横の道志フィッシングセンター、ふだんの土日なら1日じゅう滞在することも可能ですが、


連休中は時間制限があるので高く感じてしまうんですよね。






河畔を渡る風の涼しさ、いや寒さと言ったほうが良いか… 


押し戻されるようにサイトに戻り、お子たちも昨夜は早くに休んでいることを思い出しました。







いつもより2、3時間早く寝たので絶対に早起きするはず。早めに朝メシを仕込んでおくべきでしょう。






ということでドラゴンフライと焚火缶で炊飯開始。







火にかけてから30分は絶対に下ろさない鉄則は、今回も守りました。







焚火缶をひっくり返して蒸らしに入ったら、おかずも作ります。







朝から肉。朝からジンギスカン (笑)







カット野菜を用いることで、刃物をまったく使わずに主菜と副菜ができあがりました。






焚火缶で炊いたごはんは、こんな見た目。







恣意的におこげができるくらいまで加熱してますが、


火力の微調整、すなわち「はじめちょろちょろなかぱっぱ」が随意に可能なドラゴンフライを使えば、


炊飯ジャーで炊くのと同等か、それ以上に美味しく炊きあげることも可能です。






デフォルトでは白ガス仕様だけど、ケロ化できるジェットも付属してますよ♪ 











にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







今夏お世話になった 蒜山高原キャンプ場からの素敵なプレゼントです

チェックイン時に、このブログを見たと言うだけで「蒜山ジャージー牛乳」または「蒜山ジャージーカフェオレ」を

お一人様につき1個プレゼント!!





★チェックイン時に『「何がなんでもキャンプだし」を見ました!』 と声をかければ、その場でプレゼント

※ ただしその時の在庫の関係上、種類が選べない場合があります

★プレゼントは泊数に関わらず、1度のキャンプ場利用につき1回まで (対象:4歳以上)

★期間は今年度のキャンプ場営業期間内(平成27年11月7日宿泊分)まで





お近くの方もそうでない方も、素晴らしい眺望と高規格な設備が魅力の休暇村蒜山高原キャンプ場へ

ぜひ足を運んでみてください!



何がなんでもキャンプだし・蒜山高原キャンプ場シリーズはここをクリック










関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

清流

いや~きれいですね
あの大雨の影響がほとんど見られないですね
ジンギスカン、あ~食べたい!!
寒いときはカロリー必要ですからね
朝~ジンギスカン。最高です♪

ドラコンフライをケロ化するとランニングコストも安くなるしいいですよね♪(^_^)

No title

東北を旅して、改めて関西での米がおいしくないことを思い知らされます
ですが米はいいのに、炊き方が残念に思えることが何度かありました

やはり電気ヒーターでは役不足なのでしょうね
キャンプファイアーでの炊飯は最高だと思います

No title

ストーブをたいて、19度って結構冷えてますね。

ひっくり返し

私も1年前までは炊き終えた飯ごう(クッカー)をひっくり返して蒸らしましたが、ある情報からひっくり返しは意味が無い むしろ立ったゴハンが崩れて不味くなるとの事です。ひっくり返して速く飯ごうの煤を落とす事が本来の意図らしいです。更に棒でトントンはNGで飯ごうを変形させるだけみたいな。
全部やってました(汗)

こんにちは

今日の天気を見ると、ほんとに秋がすぐそこまで来ている気がします。
今年は残暑が無かったなぁ。
暖房が恋しいですね。
夏の水遊びが本当に懐かしいぐらい。

いつもながら惚れ惚れする炊きごこち。
適度なおこげもあって本当に上手(^^♪
でもいつもパンなのに珍しいですね。

嵐、うちの県は上手く便乗した感じでしたが、コレが拓哉たちだったらどうだったんだろうなぁって思います。
あちらのファンの熱さはいろいろと聞いてますので・・・

No title

初めまして、いつもこっそり覗いています。 笑

いきなり質問ですが、ドラゴンフライの音ってどれくらいうるさいですか?
マナスル126よりうるさいですか?

Re: ひっくり返し

ユ→とケ→のパパ 様

ご指摘ありがとうございます。
飯盒炊飯の逆さま蒸らしには諸説あるようですね。
煤落としの狙いが第一義のようですが、
ご飯を攪拌しやすくしたり、炊きあがりを均等化する意味はあるようですよ。
私感としては、蒸らし終わった直後、しゃもじの入り方に差が出る気がします。

棒で叩くのは確実にアウトみたいですね…(^^ゞ

Re: No title

モチャ 様

コメントありがとうございます。
126は持ってませんが、121やBATとも大差ない気がします。
ポツーンサイトで無い限り、どれも早朝と深夜は運用しない方が適でしょうけど…(^^ゞ

No title

マナスルと同じくらいですか〜。

今はマナスル126を使ってるんですが、火力調整が出来るケロシンストーブが欲しかったもんで^^;
ドラゴンフライに決定します。

ありがとうございました。

Re: No title

モチャ 様

他にもいろいろ選択肢はあると思いますが、
ドラゴンフライなら間違いないと思いますよ。

RESPECT FIREの刻印とメーカーの自信を、ぜひご自身で見てください♪

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ