焚火台は花火とも相性が良いという話



今夏初のトリオキャンプでの肉祭りを終えて… 








次はこれ。花火です。





小6のお兄ちゃんはすでに興味を持たなくなって久しい。末子とパパだけの時間です。






着火源は以前ならSP焚火台でしたが、今回はピコグリルを使います。








花火に付いてくるキャンドルは風に弱いけど、薪火なら風で消えることもありませんし… 








燃え残りの棒もそのまま焚火台に放り込めば、ゴミにならずに済みます。










末子はいま1年生。キミはあと何年、キャンプで花火を楽しむのかな。






さて、時刻はまだ午後8時過ぎなんですが… 





小さなお子さん連れのお客さんが多かったようです。レストリブレのテントサイトは早くも静けさ優勢になりました。











我が家もお子たちに水分を補給させて、早々に就寝。






昨夏こちらに来たときと同じように、明日は撤収後にすぐ近所の某有名キャンプにデイで入って天然プールに行く予定もあり、


この後、午後9時には寝入ってしまった。











そして翌朝。


目覚めたのは4時台でしたが、1時間ほどゴロゴロしてたら完全に夜が明けて、この時間になりました。





午前5時半。気温は23度を切ってます。さすがに標高750メートルの高地だけあって涼しいし♪ 







ポリコットンのジルコンの幕体には、遮光性もほどほどにあります。





夏キャンプでは幕体の遮光性って案外重要な要素です。


この時期は早朝に夜が明けますから、良質な睡眠を欲するなら、遮光性の高い生地もテント選びのチェックポイントに入れるべきかと。





外に出ると… 





大陸性高気圧が張り出してるかな? 鱗雲が広がってます。






そして幕体を見下ろすと… 








ありゃ… 昨夜寝た後に一雨来てたようです。











ノアズはけっこう濡れてます。乾燥撤収が適うかなぁ…(^^ゞ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

花火

そういえば花火買ったはいいものの
公園でもできないし
マンションの共用部でやるのは
みなさんに迷惑がかかるし
出来ていません。
あ~子供がかわいそう・・・
どこか花火できるところに行かなくては(^^;

No title

こんにちは♪

お久しぶりです(^^)v

記事を見てい思ったのですが...

もう、何年も手持ち花火を
していないことに気がつきました(・・;)

子供のころは、よくやったのに
大人になるとなかなか
やる機会が減りますよね~!

今度、夏が終わるまでに
花火やりたいと思います(ノ∀`)

No title

花火は後片付けが大変なことが多いですが、
燃え残り棒をそのまま焚火台へ・・・
ならばその手間もなくてラクですね!
お子さん達とのお楽しみタイム、良い時間ですね^^

&翌朝の鱗雲、空の広さがわかって良い感じです♪

No title

ウナギよりステーキがステキです。

こんばんは♪

焚き火台を火種にして花火をすると残りカスも処分できて一石二鳥ですよね。

しかし雨にやられてしまいましたか…

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ