燃料缶フタを紛失しないほんの少しの工夫



冬キャンプの頃からはだいぶん陽が伸びましたが…









さすがに午後6時半を過ぎてます。肉眼ではカメラの画以上に暗いです。






我が家のランタンは、ほとんどがケロシン灯。


なので灯油缶は、季節がいつにもかかわらず、ほぼ毎回持参していることになります。






鉄製5リッター缶。本来はガソリン用ですが灯油専用であることを示すため、ステッカーを貼り付けました。





で、この灯油缶のキャップって、気付くと無くなってたりしますから、ある工夫を施しております。






フタの真ん中に、マグネットを付けといただけですが。






しかしこの磁石をつけることだけで…









キャップを給油ノズルに付け替えた後は、灯油缶本体にくっつく仕組み。






姑息さ全開な小ワザですが、この工夫のおかげか、灯油缶のフタを紛失したことは今まで一度もありません。





そしてもうひとつ。


灯油缶の開栓時や給油時って、意外と灯油が漏れ出すもの…





そんな時はウェスは使わず、必ずキッチンペーパーかティッシュで拭き取るようにしています。







灯油を含んだキッチンペーパーは、焚火の際に良い火種になるからです。





この上にシバや小枝や松ポックリを入れ、薪を載せれば楽に着火できますよ。








姑息なネタはここまでにして、ここから本題。






今回のソロは639Cを3基、持ってきてあります。







社外オプションのエアバルブ付きキャップで、加圧時にチャリの空気入れを使えるようになり、


楽をさせてもらってましたが…






いちばん右のがエアバルブ付きキャップ。





加圧の手応えがわかりにくく、エアを入れすぎてしまっていたようで、


エアバルブ付きキャップで運用してた639Cは、高温に晒されたせいか…






ベンチレーターの塗装が剥がれてしまいました。







塗装が剥がれるほどの高温というのは、あくまで私の憶測に過ぎませんが、


ホントのところはどうなのか…






複数の639Cを所有してますから、エアバルブ付きキャップを別の個体に取り付けて運用してみることに。










ベンチレーターの塗装が剥げてません。今までエアバルブ付きキャップを取り付けてたのとは別の639Cです。











給油して…







予熱して…







まずはエアバルブが付いていない個体を点灯させます。








続いて新たにエアバルブ付きキャップを装填した個体に加圧…







空気入れでのポンピングは、6回に留めました。





エアバルブの空気入れ孔のフタを閉め込み、点火させると…








うーむ… やはり明るすぎる…(^^;;





ちなみに下の画は空気入れでなく、指で加圧した物です。





私の拙い撮影技術でも、輝度の違いが伝わるかと思います。




エアバルブ付きキャップの功罪への確証を得る実証実験、結果は後日明らかにしますので、しばしお待ちください。







さっき灯油を拭き取ったキッチンペーパーで着火させ、焚火もスタート。





ソロキャンの誰にも干渉されないゆったりした夜が始まります。まさに至福の時です♪ 











にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご謙遜で姑息と表現なさっていますが
ちっとも姑息とは思えません
むしろ適切で無駄のない発想は、さすがと感じました

帰省時、深夜走行でしたが
距離があったため燃料缶を所有していたことがありました

こんにちは

キャンプに出た先で灯油缶のキャップを無くしてしまったら・・・
泣きたくなりますよね(x_x;)
磁石は良い方法だわ。
機会があったらやってみよう^^

加圧ってこんなに違うんですね。
指で感じる微妙さが必要って事かしら。
でも回数を統一すればエアの入れ過ぎって解消するかな。

熊、いるんですよぉ(T-T)
先日も隣の市で目撃されました。
あの公園も山だったところを広げて整地してて サルは公園を通り越して住宅街にやって来る。
なので正直な話、あの斜面にはコワくて近寄りません・・・
ハムちゃんも自然の中で動き回れたら嬉しいでしょうね。
お庭の草地でアルパカのガードの為に作ったラックを置いたら中で自由に遊ぶんじゃないかしら。
念のため、ニャンコ除けの為に付いてなきゃいけないけど。

こんばんは♪

明らかな輝度の違いが判りますね。
やっぱり一気に空気が入らない携帯用ポンプが一番いいと思います。

さすが

さすがアイデアマンですね
それなくすというより
落ちて泥だらけにならなくて
済むのですばらしいアイデアです。
バイクの給油キャップに使えないかな・・・(^^;

No title

大学だけで、一人500万円かかるらしいよ。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ