着火が楽でよく燃える焚火台



いよいよピコグリル398の実戦デビュー。





パーツをケースから取り出しますが… 






今回は焼き物はしないので、スピットは使いません。






フレームを展開し… 







ステンレスの炉部分をフレームに取り付けます。








この造形美は焚火台とは思えません。





ここからはピコグリルを幕外に出して、いよいよ薪に点火。








点火時は少量の灯油を使いましたが、使わなくても大丈夫だったかもしれません。









なぜならこの焚火台、火のまわりがけっこう早かったので…。









炉部分の下部に空隙ができる構造なので、そこからエアが入って下からどんどん燃えていく感じです。







調子に乗って、薪を足していきます。








ピコグリル398の薪の許容量は大きい。これと同量の薪をSP焚火台Sで燃やそうとしても、できないでしょう。














炉の下部に開けられたスリットも、燃焼のためのエア流入をスムーズにしているようです。







周囲のサイトを見回しても、目にする焚火台はSPだったりユニフだったり。


やはりピコグリル、人気キャンプ場である青根でも他人様とかぶりませんでした (^^) 







では風呂上がりからずっと我慢していたビールを開けて… 





焚火を愛でながらいただきます♪ 










華奢な外見とは違い、焚火台としてのスペックもなかなかのモノ。








Pikari outdoorshopで求めることができますが、数に限りがあるはずです。欲しい方はお早めにどうぞ♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

最後の写真で拝見すると、豪快な炎のようです
いい道具を手に入れられたご様子ですね

角度にデザインなのか、と思っていましたが
エアが入って…のご説明がよくわかりました
売り切れそうですね^^

なるほど

そのくぼみがいい感じですね
焚火か・・・
昔は庭でもやったんですけどね
今やったら通報されます(笑)

クロスで

ピコグリル398 の上フレームは
クロスで取り付けできそうですが
? ヤカンとか軽いダッチなら
いけそうに思いますが、どうです?

こんにちは

燃えますねぇ~
焚火するために生まれたって言っても過言じゃないかも。
    まっ、焚火台なので当たり前ですけどね。
でも、傍目で見ても燃え方が違うって分かりますよ。
空気が四方八方から入って来るからあっと言う間に火がついて当たり前ですよね。
これならちょっとサイズオーバーしても割る手間が省けてイイよね^^

ハムちゃん、懐くんだぁ。   
うちは嫌われてたんだけどなぁ。姿を見つけるとすぐ巣箱に逃げ込まれて・・・
夜行性だよね。
羨ましいです。

No title

ツイッターと楽天アフィリ、相性、良いみたい。

No title

エアフローが計算されているんでしょうねー

周りとかぶらないってのはいいでよねw


そしてリンク先がありませんでした(´・ω・`)

こんばんは♪

完全燃焼してくれるだろうけど、ガンガンと燃えるので薪の消費も早そうですね。

Re: クロスで

ユ→とケ→のパパ 様

コメ感謝です。
クロス取り付けもできそうですが、フレームが折りたたみなので固定は難しそうですね。

ちょうど良い大きさの焼き網がないか探してますが、
純正のスピットを使うのがいちばん手っ取り早そうです(^^ゞ

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ