隣のサイトとかぶらない焚火台、ポチりました♪




5年間使い込んだスノーピーク焚火台S。





小振りがゆえの取り回し安さと、5年間使い倒してもまったく壊れないその堅牢さには満足していますが… 





Sサイズだけどロストルと合わせると案外と重かったり、キャンプ場で隣のサイトとかぶる率が高かったりと、


少しずつ不満も出てきて、セカンド焚火台を探し始めました。






テンティピユーザーなので、この無骨な焚火台も魅力的と言えば魅力的。ヘルカです。







特に小型のヘルカ7は34.5x21.5x12センチと小さくて、取り回しも楽だしガンガン使えそうだし安いしと良いことずくめ♪ 




これ買おうかなと、一瞬ファロスストアのリンクをポチりかけましたが、


パッキングサイズが長辺34センチもの長さになるというので、購入のクリックは思いとどまり、保留することにしました。



そのサイズだと焚火台Sよりも長い気がしたので… 





そこでもうひとつ気になっていた焚火台の存在を思い出し、詳細をリサーチしますが… 





ホリデーロードのロストル スペシャル Ver.02。


ステンレスファイアープレイスとも似てますが、こっちのほうが発表は早かったと思います。





しかしこれパッキングサイズはもっと大きめ。残念ですがコンパクトになるとはお世辞にも言えません。






せめてA4サイズくらいの大きさにパッキングできて、なおかつ40センチくらいの薪を難なく燃やせる焚火台がないものか… 

ググりにクグって探したら… 






ありましたよコレ♪ 





この焚火台、海外製です。なんとスイスメイド。





ピコグリル396♪ 





脚は細く、炉部分は薄めな造りで、いかにもライトウェイトな見た目ですが… 








しっかり薪を載せることができそうです。





サイズは38.5×26×24.5センチ。これがA4ちょっとくらいのパッキングサイズに畳めるというのは素晴らしい。




ピコグリル、Pikari outdoor-shopで国内販売されてますが、価格はこれらのちょうど真ん中くらい。


 



しかしタマ数はそんなに多くないみたいで、このブログ更新現在は購入可能でしたけど、


いつ売り切れてもおかしくない感じみたいです。現に2月くらいは品切れ状態だったらしいですから。






3月下旬にはPikari さんちから、もう少し大きめのPicogrill760も販売されるらしい。


こっちにする手もあったけど、可搬性を考え396にしました。






ピコグリル398のほう、オーダー済みなので届いたらまたレポします♪ 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











※ この記事のリンクと画像は、Pikari outdoor-shop様より転載の許可を得ています。二次転載はお断りします。









関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

これはかっこいい

時代は変わりましたね
昔は焚火台なんてなかったですよね
商品としてあったかも知れませんが
買わずにU字溝とか使ってました(^^;

No title

ご紹介のピコグリル396は
A4サイズで薄く、コンパクトなようですね
これだとバイクでのキャンプ行にも使えそうですね

わざわざA4とプリントアウトなさったのかな?^^

No title

焚き火台、安いのか高いのか、見当も付きません。

こんばんは♪

Pikariさんのグリルは可搬性と設営までの簡易性という意味でバッチリですね。

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ