形あるものは必ず壊れる… とは限らない



カタチあるものはいつか壊れるというのは、世の常です。


それはどんな道具も例外ではありませんが、ほんの少しの知恵と手間をかけてやることで、


延命措置を施すことはできます。








が我が家にはいくつかデザインリコさんから譲っていただいたファニチャーありますが、そのひとつ。ライトテーブルが…





何度ものハードユースを経て、薄汚れてしまい、また天板の接合が開いてしまった。





これくらいの汚れならたぶん水拭きで落ちます。天板の開きも骨組みの開きに起因するので、そこをくっつければ何とかできるかも。


ちなみに天板の開きは、広いところでだいたい2ミリほど。






しかし安堵するのはまだ早い。劣化はこれらの部位だけではなく、致命的なところに割れが来てしまいました。






ライトテーブルの脚の付け根、ブロック状の部分。天板の裏に接着されていて、脚が開くための支点になってるところです。






ここはきっちり直さないと、せっかくの美しいテーブルが、骨組みの根幹から崩壊する可能性があります。





なお脚の付け根が割れた経緯はというと、次の画の通り…。





たまたま屋内に展開しておいたところ、天板に家族が手を置いて立ち上がろうとしてしまった。体重をかけた瞬間、パキッって音が聞こえました… (T . T)


不用意にライトテーブルを室内に広げてた自分に、非があったということでしょう (^^;;







補修には以前もリコさんテーブルでやったように、木ネジで強制接合しようかと考えましたが…





手持ちの木ネジはライトテーブルに対して太すぎ短すぎ。天板の開きを直すにも、用をなさない感じです。





ということで、今回はこれだけで補修することにします。





木工用ボンドです。





まずは脚の付け根部分の金具のボルトを緩めて、天板の開きを詰められるよう、横方向のテンションを緩めます。





これで天板の開きを詰められる、「あそび」が生まれました。





そして天板が開いてしまう一番の要因、天板の下の骨組みが開いてしまった部位にボンドを流し込みます。








さらに割れてしまった脚の付け根パーツにも、たっぷりとボンドを塗って…








接着します。






天板下の骨組みと、脚の付け根パーツの接着を終えて、これでリペア完了かと思いました。




しかし不意に体重をかけてしまったダメージは、他の部分にも影響があり…





脚の間のポールも外れていたことが判明。






ここもボンドで補修します。












…で、圧着です。






リビングのダイニング卓の重さで、リコさんテーブルの接合部を圧着です。緩衝材として軟式ボールを使いました。





このまま、まるまる1日放置したその結果は… 






天板の開きは少し縮まったかなと…。








骨組みはしっかり隙間が埋まったんですけどね… 





木材の反りもあるので、2ミリだった開き幅が1.5ミリに縮まったくらい。ま、これくらいなら許容範囲ということで自分を納得させます… (^^ゞ 






そして割れてしまった脚の付け根パーツですが… 








接合部位にしっかりボンドが行き渡ってる感じ。しばらく大丈夫でしょう。また体重かけたりしなければね… (^^ゞ 






脚の間のポールもしっかりくっついた様子。







天板も水拭きできれいになりました。これで再び野に持ち出しても大丈夫っぽいです。





今週末は今年初キャンプ。もちろんそこへも持ち出しますよ♪ 




なお今回の更新で、デザインリコさんのプロダクトが壊れやすいような印象を持った方がいらっしゃいましたら、ワタシの意図するところとは異であると申し添えます。


可搬性のあるキャンプ用ウッドテーブルなら、どのプロダクトであっても同様に経年劣化し、また許容範囲を超える荷重があれば破損は起こり得ます。


あくまでキャンプ用ウッドファニチャー全般を対象としたメンテ情報として更新ていますので、そのようにご理解いただけましたら幸いです。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 










関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ちょっとご無沙汰の間にいっぱいリペアしてましたね^^
自転車。
そうでしたね。昔は良く乗ってましたよね~
お兄ちゃんとキャンプ場で乗っていた事もあったかな。
トリオキャンプとかなら載せていけるのかしら。
キャンプ場で自転車乗れたら楽しそう♪

ところで、末子君、アウトドアショップでのはしゃぎようは凄いですよね。
やっぱり好きなんだろうなぁ。  水を得た魚?
将来がとっても楽しみ^^

No title

少し手を加えるだけで、ながもちするってことですね。

ここは弱いところ

力入れたら壊れますよね
ボンドで大丈夫ですか?
自分ならタコ糸巻いて
そこもボンド流し込みます
見た目悪くなりますが(^^;

こんばんは♪

支点の所はコの字に曲げた薄い鉄板をネジに干渉しない下側か内側から
接着剤で貼り付けて補強すれば割れる心配はなくなりますよね。

おはようございます

ある程度年数が経つと、どんなものでも
こわれやすくなりますよね。

特にプラスチック系はその傾向が強く、古いPCの分解時に
ツメを折ってしまったことも・・・

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ