冬キャンプの薪ストーブ・現地片付け時のメンテはどうしてます?




蓄熱効果を発揮してくれた中古レールを冷却しますが… 








上半分は濡れているので触れるくらいまで冷めてますが… 











下半分はまだ素手じゃ触れません。いやいや、スゴイ蓄熱効果です (^^) 





レールが抜けたちびスト筐体内にはまだ熾き火が残りますが… 







先にこっちを片づけます。煙突部分です。






無色の煙が上がっていた割りには、内部はけっこうな煤が付いてました。







これは巻き式煙筒を繋いでたφ75ミリのニップル。





巻き式煙筒の結束をほどいてみますが… 











こっちも結構な煤け方。朝方に上がった黒煙で、一気に煤が付いたものと思われます。











ちびストデフォルトの煙突内も同様の煤け方をしてます。





こんな時は、砂利サイトであることの恩恵を活かして… 








デフォルト煙突とニップルは砂利を流し込み… 








両端を皮手で塞いでガラガラと振り回せば、あらかたの煤は落ちてくれます。





砂利は巻き式煙筒の上へ。






ニップルの様子で、砂利振り回しの煤落としの効果が伝わるかと。





左が未処理の状態、右が砂利で処理した後のニップルです。




サイトの砂利はあまり多くを汚したくないので、煙突やニップル内部を掃除したあとの砂利は、


開いた巻き式煙筒の上にのせて… 









皮手の手のひらでゴリゴリとこするようにすれば、こっちの煤もキレイになります。
















砂利はそのままサイトに戻すのではなく、ちびスト筐体内の灰漉し用の粉ふるいに入れて… 





粉ふるいで振るい、なるべくキレイな状態に戻します。





炭入れバケツ内に落ちた黒い煤。これだけの煤が砂利についてたことになります。





…で、砂利はサイトの端の方へリターン。





この位置なら他の方の幕体を汚すこともないでしょう。後は雨が降ればもっと砂利はキレイな状態に戻るかなと。




以上、薪ストーブの煙突掃除方法でした。今冬から冬キャンプで槇ストデビューされる方の参考になれば…。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

すごい煤の量ですね。
それだけ薪を燃やしているということなのでしょうが。

これは画期的

今までは煤なんて大したことない
と見てみぬふりしてましたけど
こんなに簡単に取れるとは・・・
何回も見てますが、いつも感動します(^^)

こんにちは

やっぱりレールはかなり熱そうですね。
あんなに冷却した後なのにね。
そういえば、先日薪の事を書いたら秋田のブロ友さんが、幼少時薪ストーブだったと言ってました。
うちは薪ストーブを使ったことは無いけど、やっぱり煤が凄かった覚えがあるとか・・・
外出時の消化とかもあるので今から使いたいとは思わないみたい。
最近県内でも増えているのでちょっとオシャレなイメージなんですけどね。

No title

冷やすのも大変ですね。

こんばんは♪

砂利でガサガサと煤を落とすのが一番手っ取り早い方法ですよね。

うちで一昨日からUPしているのは六甲山牧場のものです。

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ