ご迷惑をおかけしてたいへん申し訳ありませんでした




ここに来た時はいつも、何気なく行き来してた、


国道413号と青野原ACの受付を繋ぐ坂道ですが… 






2月11日の午前10時頃、ボンゴフレンディが登れません。






あと3分の1くらいで国道というところで傾斜がキツイ場所があり、スリップしてしまいます。



後輪駆動でブリザック履いてるのが幸いしてか、後進で受付まで戻ることはできますが、何度かスタックしかけ…






奥の東屋に設営されてた他のお客さんがたまたま歩いて来られ、手持ちのスコップで雪をほじり、脱出を手伝っていただきました。






どうもその方々、青野原AC管理組合の方とは知り合いらしく、


これから徒歩で伺って、重機での雪かきを依頼するとのこと。







まもなく組合長さんたちが現れて…





「こんな大雪の日に無茶だよ」と、軽くお小言をいただきました (m_m) 


しかしそのあとすぐ、「坂の上から降りながら重機で雪かきするから待ってなさい」との、


ありがたいお言葉をいただきます。






青野原AC入口付近のこの建物、重機のガレージだったとは… 知りませんでした。






一度、おとなりの野呂ロッジさんの入口に入庫させていただき、待たせてもらいましたが…





1時間半待っても、なかなか重機の姿が見えなかった…





もしや、もう除雪が終わって知らせが来ないだけかと思い、


徒歩で登ると雪が溶けてるし重機も見えなかったので、再びヒルクライム再アタックしたら、


降りてきたブルと鉢合わせる始末。








なにやってるんだか… 11時半に再入場完了です (T . T)





除雪作業は思いのほか時間がかかっている様子で、歩いてこられた組合長さんに、時おり声をかけていただきましたが、


どうも坂の途中で他の車もスタックして、雪が溶けたら取りに来ると放置している状態。







最寄りのバス停まで(注:10キロくらい先です)送ってやろうかと言われ、甘えようかとも思ったり… 





あるいは延泊とか、明日は仕事を休む算段つけるか… とか、






何より残りのガソリンも少なくなってきたので初JAFかとか、





いろいろ考えてるところへ…






1台の軽トラが…





組合長さんではない、管理組合の方でした。


「ブルでひととおり掻いたから、FRなら上がれるんじゃねえか?」と声をかけられました。






排気量2500ccのV型6気筒の最大トルクは30kg-m。間もなくウチに来る同型車種のディーゼル仕様には負けますが、ガソリン仕様のデリカには勝ります。





この車、今までの経験では、ちゃんとした冬タイヤを履いていれば、登坂性能は馬鹿にはできないものがありました。


つい昨日、西沢林道でもそのことは経験済みです。





管理組合さんの手当てとスペックを信じて、3度目の登坂アタック開始。







このあたりほとんど雪がありませんが、他はもっとハードな状態。





これより上のヒルクライムの画は撮る余裕がありません。




残りのガソリンも少ないし、ラストチャンスと思い、


夢中でハンドルとアクセルを操作してましたから… 






そして気付くと… 





国道413号線に戻れました。





青野原ACの管理組合の方々と、この日に宿泊されていた方々には頭が上がりません。


組合の方々には、登坂し切ったボンゴを「四駆じゃないのによく登ったよなぁ」との言葉をかけて戴きました。



頭を深く下げて… 




次にこちらに伺う時は、分厚めなお礼を持参したいと思います。





しかし帰宅してまもなく、思ってもみなかった情報が舞い込んできたりして… (T.T) 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

No title

予想しなかった展開です
手に汗握る出来事、大変でしたね
あとで笑い話にできるのでしょうけれど
当時は焦ったことでしょう

何よりご無事でご帰還、おめでとうございます

おはようございます

かなり大変だったようですね。
でも、なんとか抜けられてよかったですね。

どんな情報が舞い込んできたのでしょう?

無事に帰ってこられて良かった

やはり自力脱出は無理でしたか・・・
あれだけの雪となれば当然ですよね
田舎ではさんざん雪にいじめられてきました。
なので雪を甘く見ちゃいけませんよ~(^^;
大雪で立ち往生した渋滞に巻き込まれずに
無事に戻って来られてよかったです

手に汗握るとは…

まさに今回のレポートを見守るような事を言うのですね。
前のブログも含め、だいたいの記事を読ませて頂いてますが
今回ほどドキドキした展開はなかったように思います。
何はともあれ、無事脱出出来て良かったですね。
キャンプ関係者は、やっぱり情に厚いと言うかなんと言うか。
次なる展開も気になる所ですね〜

No title

舞い込んできた情報が何なのか気になりますが
貴重な経験をしましたね。
雪国でなければスリップして動けなくなることなんて経験できませんからね。
           雪国でも先日のような大雪でなければキレイに掃いてますけどね。
でも本当に祝日の時で良かった~
この後の週末だったら本当に遭難してたかもしれない。
重機も出払ってすぐに対処できなかったかもしれない。
本当に良かったです^^
車がスリップして動かないって心細いですよね。
私は押してあげるのも大変なのでアパートはいつも雪が無いようなぐらい掃いている訳ですが
雪を掃かない人に限ってスリップして人の手を借りるんですよね・・・

No title

今度は、雪かきしなくてもいいらしいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

無事に戻れたからこその更新、と思いながらも
ドキドキしちゃいました!

続きが気になります☆

Re: 手に汗握るとは…

みっと 様

仰るとおり、いつもの青野原がまるで違う場所になってました。
道志みち沿いの通年営業キャンプ場も、
いまだ閉鎖している所が多いようです。

組合の方々にはホント、頭が上がりません(^_^;

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ