元旦に山登り・5歳児が標高500メーターに挑みます









アロエの花が咲く、西伊豆の雲見AC。





この花を見られるのは、温暖な土地だからということ。







さて年越しキャンプ2日目、元旦のアクティビティへ出かけます。





そこへの入り口は、雲見ACの敷地内にあります。





そう、高通山遊歩道。2012年末に雲見にクリスマスキャンプで来た時にも登りました。





登山開始は10時半過ぎです。








遊歩道入り口にはこれがありました。どなたかが置いていかれたスキー用のストック。





片方だけのが一本ずつあったので、ありがたく末子とお兄ちゃんが使わせていただくことに。





末子にはオーバーサイズですけどね (^_^;





我が家にはBD(ブラックダイアモンド)のトレッキングポールが1組だけありますが、


これはお姉ちゃんに使わせました。





実は彼女は2013年の10月下旬、右足を捻挫してます。ほぼ完治してますが念のためです。




ちなみに小学6年生のお姉ちゃん、身長は150センチ超ありまして… 


使用者の身長に対するトレッキングポールの適正なセッティング長については、過去の更新で触れてますが、


彼女にとっての適正な長さとしては、ややショートな105センチに設定しました。登りだからです。





じゃ、高通山遊歩道へ入山です。





高通山自体は500メートルほどの低山ですが、雲見ACにある入山口からの遊歩道は1キロ弱。





ちなみにキャンプ場の標高は約180メートルなので、実際に登るのは300メートルちょい。


遊歩道という割りに、勾配はきつめです。








登り始めは元気なお子たちは… 





20分ほどで70メートルも登ってしまった…。この後が心配ですが… (^_^;





2012年に登った時の記憶を呼び起こすと…





忘れもしません。当時3歳の末子はバテバテでした。なんとか家族全員で登頂しましたけどね。





パパがおんぶして下山時したけど… 








しかし今は、もう5歳。





おぶるにしては、ちとキミは大きいし (^_^;






実はこの時点ですでに泣きが入り始めていますが、





果たしてホントに泣いたりせず、登頂できるのだろうか?







家族で山登りするなら、もう1、2本求めてきた方がよかった感じです。後悔あとに立たずですね (T.T) 



にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン











関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

お子さんが泣かれずに登頂できるか、続きが気になりますね。

No title

過去の記憶をたどると
5歳、6歳頃に近所の山をいくつか
叔父や祖父に連れて行ってもらったようです

足が痛くなると骨が折れた、と訴えました
では釘を打とう、と言われて泣く泣く歩き出したことを
昨日のことのように思い出すことができました

こんにちは

そっか・・・
以前は3歳だっけ。
3歳はおんぶ出来ても、今のココちゃんは親が潰れちゃうね。
残り半分? うーーん、キツイねぇ~
ココちゃん、がんばれーーーー

姑パワーはすごいです。
こちらの意を汲んで意見してくれるようなご主人様ならイイけど
ずっとそんな環境で暮らしているので姑のすることが全て正しいと思うようで・・・
一対多なので前途多難。
私までそんな人間だと世間に思われるのは嫌なんだけどね。

No title

登りきれたかは、明日のお楽しみですか?

似てるかも

子供をおぶった写真みて
ドッキリ
自分かと思いました(^^;
ちなみに子供をもうおんぶできないです(笑)

No title

たとえ大泣きしたとしても
同年代の子たちよりも
良い経験をしてると思います☆

サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ