焚火には良いが薪ストーブには適さない燃焼材








そろそろお昼時。





この頃になると、薪の在庫も底を尽きましたが、陽の光もあり幕内は暖かい。





ならばということで、昼食に先立って、ちびストの片付けを済ませてしまいます。






先日エルブレスで求めてきた、ユニフのキャンプグローブの出番です。





熾火はまだ残ってますから、もう少し待っても良いんですが、


冬キャンプの撤収でいちばん手間がかかるのはやはりちびストなので。






やれるうちにやってしまおうということです。









筐体内は素手じゃ絶対に無理な温度ですが、皮手袋の威力はさすが。全く熱くありません。












ちびスト内の炭を均し、幕外に運び出す目処が付いたので、一気に煙突を外して…








左には新設された水場が写ってます。これから別用途で火を使うので、ウチのサイトのすぐ横に水道があるのは助かりました。





じゃ、12月下旬・青根での煙突の状況報告です。





今回の薪は先月末の森ソロの時、きこりさんちで求めたナラと広葉樹の取り合わせが約30kgと、青根の受付で求めた杉が10kgほど。




寒さがキツかったせいと、末子に過去のキャンプで教えておいたコレ… 





杉葉です。




オープンエアの焚火では着火剤として最適と教えてましたが、


幕体にインストールした薪ストーブで使うと、煙突から灰が幕屋根にたくさん降り注いでしまいます。







どうも杉葉をたくさん突っ込まれてたみたいで… 





うーん… 





ちびストデフォルトの煙突パーツも、巻式煙筒の中もかなりの煤け方。






これくらいになると、もう焼き切るしかありません。





ちびスト筐体に煙突部材を突っ込み、灯油を垂らして燃やしてしまいます。





リコさんからも「大変ですね」と労いの言葉をかけられましたが、施術後は素晴らしいくらいのスッキリ感が味わえるので… 








※ 焼き切る間の画は撮り忘れました。





これだけキレイになります。やっぱり煙突掃除は砂利で振るより、焼き切った方が仕上がりが良いようです。





そしてこの後処理も必要。





ストーブ筐体内の炭になった薪片を、100均の粉ふるいに入れて振るいます。




こうすることで、ストーブ筐体内に灰だけが残り、吸湿効果でサビ付きが防げますし、


火が残る炭と火が残らない灰を分けることで、ストーブを手早く冷まして撤収することができます。





ちなみに青根キャンプ場、直火は許可されてますが、


そのまま放置して良いとまでは言ってません。






ピザ釜設置の水場の前に、炭捨て場があります。





ここに炭を廃棄して、とりあえず一仕事完了♪ 





巻き式煙筒もこれだけキレイになりました。





ところで巻き式煙筒をもう一本増やすことになりました。なんでそうなったかということは、別の更新で触れます。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

杉の葉

なるほど燃えやすいと思っても
デメリットもあるんですね
なるほど勉強になりました

No title

煙突内の煤を焼き切るのは大変なことだ、と思います
それを冷まさないと持って帰れませんし、ね

片付ける作業もキャンプのうち、と
すべて楽しんでいらっしゃることと拝察いたします

こんにちは

もう1本煙突が増えるの?
今その状態でもかなり長くて大変そうなのですが・・・
なんでかなぁ~

暖かい炭の扱いは大変そうですね。
完全に冷えないと車には積みたくないですから。
時間的にはどれぐらい掛かるんでしょうね。
帰りの時間から逆算して帰り支度しないと。
帰りが早いと寒いうちから帰り支度しないと間にあわなそうで。

No title

ピザにサラミは必需品ですよ。
お試しあれ。

こんばんは♪

やっぱり焼き切るのが簡単ですよね。

No title

皮手袋の威力、
体験してみたいです☆

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ