テーブル自作モニター・塗装編




自作テーブルキットを発売されているガレージ・ファクトリー[デザイン・リコ]さんのご提案に乗っかって、


大型連休の前半は日曜大工にはまりまくり、楽しい時間を過ごすことができました。





ということで、昨日の更新の続きです。


檜無垢の躯体材のベースユニットに、赤松集成材のテーブル天板を取り付けますが… 






マニュアルの先頭の方に、天板は反りが生じる場合があることが記載されていました。






なのでネジでの固定もそのあたりを考慮し、あまり深くねじ込まないようにしておきます。



上の状態で止めるにはさすがに浅いので、これくらいの締め込みにとどめます。







しかし一箇所だけ勢い余り、深くまでねじ込んでしまった…





これ悪い例ということです… (^_^;






ようやく24枚の天板を、ベースユニットに取り付け終わりましたが… 





ちょっとずれてます… が、




間違えたんじゃありません。この感じ、恣意的にねらってみました。


自作キットだし、あえてこれくらいの誤差を与えれば、今後のキャンプレポでも手作り感が出るんじゃないかと。


ホント負け惜しみじゃないんですよ (^。^)









ではいよいよ… 






塗装に入ります。





塗料は油性の艶ありクリヤーラッカーをチョイスしました。








モニターですからね。いちばん安価な塗料で、オーソドックスな仕上がりになるかと思って… 




私的にはマホガニーのステンオイルと、つや消しウレタンニスで仕上げたかったんですが、


次の機会に取っておこうかなと… 










とりあえず一層目の塗装完了。





ラッカーが乾いているのを確認してから… 






ここで大事な作業段階です。


ニスを塗った一層目が乾いたあと、この一手間を入れるとだいぶん仕上がりが変わるみたい。






使うのは240番くらいのペーパー。





ニス類の一層目が乾いた段階で、表面を磨いてならしておくと、



何層が塗り重ねるたびに、なめらかな表面になるらしい。






2層目を塗りおえたところで、そろそろ暗くなってきた… 








日没です。やむなく土曜日の作業はここまでで切り上げます。









そして日曜日。


最初に3層目のラッカー塗装を済ませましたが、仕上がりは後で… 






いよいよ2枚の天板ユニットを蝶番で繋げます。







蝶番は片側3つのネジ穴があり、真ん中どうしのネジ穴にキリで穴をあけて仮組みしてみます。








この状態で問題なく開閉すればOKですが… 










大きな問題はなさそうかなと。 








ということで、蝶番全てのネジ穴にネジ込みます。 







開閉も問題ありません。





が… 





ありゃりゃ… (^_^; 





天板を全閉すると、少しずれてしまう状態で組んでしまったようです。





うーん… これはわざとでなく やっちまったかも… (^_^;






もうすこし慎重に作るべきだったかもしれませんが、これも手作りってことでごかんべん下さい…。





軽く 自己嫌悪の念を憶えつつ、脚パーツを組み込みます。









工程のいちばん最初のほう、脚パーツの稼働部をしっかり丸めておかないと、









この部位が天板に干渉するんだなとよく分かります。幸い4箇所とも、天板にかすりもしませんでした。






じゃ、ロックアームを組み付けて、












ロックアームボルトは、手でねじ込めるようになってます。





ロックアームで天板が開いた状態に固定できれば… 








これにて完成♪





庭先のテラスが作業場所でした。とりあえずここで完成図を撮りましたが散らかっているので… 






屋内に入れてみると、






ラッカー塗りで下地をサンディングしておいた効果が分かります。





まあまあ艶々。もう1、2層塗り重ねればもっと滑らかになるでしょう… 




が、モニターなので、1層目で磨いて3層塗りというところで仕上げた画にします。







とりあえずここまでで制作レポは止めますが、材料の精度が高いことでだいぶん助けられました。






この自作テーブルキット、まちがいなく達成感と所有欲とを満たしてくれるプロダクトです。



モニターのご提案をいただいたガレージ・ファクトリー[デザイン・リコ]さんにはホント、感謝したい。


近いうち、どこぞのキャンプ場でワタシから奢りたいかなと。






再び触れますが、ワタシがモニターしたのは、赤松集成材天板ワイドタイプ・P-1264キット。







他にも同ワイドタイプで檜天板もあります。








さらにペアとかソロキャンサイズの90センチ長のバリエーションもあります。





GW中、5月6日までの購入申し込みなら20%オフになるセールを実施中だそうですよ。



日曜大工を楽しめる方なら、制作時間は土日2日間あれば大丈夫。


GWに安く買っておいて、6月の雨の土日で組み、夏に使うというのもアリかと思います。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン








土日2日使えば満足の仕上がりを味わえます。オススメです。






関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

きれいな艶が出ていますね。
私がやったら、もっと完成度が低くなってしまいそうです。

材料の精度が高いと、組み立てが楽になっていいですね。

うわぁ♪

すごいなぁ!いいなぁ!かっこよい!
段取り済みってのがすごいっ!(笑)
なかなか段取りが難しいんですよね、こういうの。
あれがない、とか、足りないとか・・・
これだけのものがモニターだなんて、嬉しかったですね。さすがです。

うん、達成感はありそう

男の子には楽しそうな組み立てですね。
でも、蝶番がずれてたなんて、私も全然考えずにつけそうで
やっぱり難しいなぁ。
丸いヤスリ掛けも意味のあることだったんですね。
子供は難しいだろうケド、大人の連休の工作みたい^^
初使用はいつかな。
連休の後半かしら?
思ったより大きなテーブルで使うのが楽しみ♪

お兄ちゃんまで親離れし始めてますか・・・
うちは随分遅かったのね。

テーブル

イテちゃん、その完成品が欲しいです。
タイ王国まで空輸してくださいv-233

No title

わー、上手にできましたね。

こんばんは♪

天板の各板の面取りはしなかったんですね(^^;;
少し面取りした後、木槌で角を叩いてもいい感じに仕上がります。

丁番を精度よく取り付けるのはなかなか難しいですよ。

アウトドアで使うなら、やっぱりつや消しのウレタン塗装がいいと思います(^^
次の機会にということは、また何か作る?
あの天板かな?

No title

なんか楽しそうですね~
素敵なテーブルです!
使い心地もよさそうですね♪

No title

モニター提供なさったデザインリコさんでも
喜んでいらっしゃると思います

私がやれば、たぶんぶち壊していたことでしょう^^

No title

「材料の精度が高いことでだいぶん助けられました。」は
メーカーさんに一番うれしいレビューじゃないでしょうか?

仕上がり、見事だと思います!!!

素晴らしい

そうなんですよね
ニス重ね塗りするときに
サンダーかけると仕上がりが全然違うんですよね
昔よくやったよなあ・・・
と思い出しながら読んでました
今ソウルから

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ