薪を燃す香りが漂うホテル






ポンタシエーベ駅から車で送ってもらい、着いたのはここ。





宿泊施設全体としての名称は、FATTORIA LAVACCHIO(ファットリア ラバッキオ)。



この主宿舎の建物は、CASABELLA(カサベッラ)です。







中世の農家を改築した宿舎です。








今回の旅のメインステージは3つあります。ひとつめはローマのベタな名所旧跡巡りでしたが、2つめはこの地です。





いちばん大きい荷物をスタッフに託し、中に入ります。





まずはチェックインですが、手前で足が止まりました。 





あまりに身近な芳香が、不意に鼻腔を突きましたから。








広葉樹の薪を燃やす香り。




どうしみち沿いで薪を買い、幕体を張ってちびストーブを運用した時と、まったく同じにほひです。





まさかのあの香りとの邂逅。暖炉は他にもありました。これはいい夢が見られそう♪







そして受付窓口では、日本語圏で長く居住されたことのあるスタッフさんが在中されてます。



素性について詳しくは書けませんが、スタッフさんの日本語は、日常的会話どころの語彙力ではありません。





例えば、こんな質問にも答えて頂きました。




「日本ではドラッグストアとか薬局で買える、トランギア用のアルコール燃料、イタリアではどこで買えるのか?」


 


1日ほどですぐに答えを頂きました。その成果は、また後日の更新で触れます。






こんな感じのフロアを通り、






部屋に案内されましたが、なんという広さ、そして高さ…






 


この階段を上がるとロフトがあります。





シングルベッドが1床。





さっそく… お姉ちゃんに取られましたけど。





ロフトから見下ろすとこんな感じ。








降りるとこうです。





スツール2つとテーブル、その横に 






ソファベッドを展開したものですが、キングサイズなベッド。ここで2人が休めます。真ん中と末子の寝床になりました。




夫婦の寝床はこのクローゼットの奥です。





常設のダブルサイズのベッド。





ローマのホテルも環境は良いほうだったけど、この間取りには敵いません。お子たちが早起きして騒いでも、多少は寝坊できそう。





テレビは壁面に設えられたハイアー製。





広い部屋ですがテレビはこの一基のみで、ここも日本の番組は映りませんでした。でも時間がもったいないのでこれでヨシ。





客側が自由に温度設定できるオイルヒーターが、3つくらいあります。






そしてこの部屋、外にすぐに出られる扉がありまして…







ここからの、五感への刺激は素晴らしいのひとことでしたよ。





一度の更新ではこの農泊ホテルが、どれだけ素敵かを伝え切れません。否が応にも、ここでは多めに更新しなくちゃならないようです。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ




関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

ホテルレビュー

ここは広くていいですね
これでいくらぐらいで泊まれるのでしょうか・・・
自分も今日はホテルレビュー記事です
いや~ひさびさ(笑)

おはようございます

お部屋の雰囲気、家具のデザインを含め
とてもオシャレですね。

イタリアのデロンギ社がオイルヒーターを日本でも展開されていますが、
イタリアではオイルヒーターが多いのでしょうか?

No title

おはようございます♪

落ち着いた感じのホテル、ホテルって言うよりは~日本じゃ高級旅館みたいな~^^

ちらっと素朴なお庭が見えていますが~、何か他にも周りに素敵なところがありそうですねぇ

次のUPを楽しみにしています^^

No title

イッチャンさん
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

素敵な旅!!
今日家帰ったら全部最初からみたいと思います!
(という私は今会社^^)

私は12月30日から1月5日まで
イッチャンさんの住まわれている東京あたりを
ずっと旅していました☆*

更新もせず・・・・・。
帰ってから自分が海外旅行している気分でみますね。

ちら見

だけでもすばらしい!
部屋の中も外も良い感じが伝わってきます。
日本語の堪能なスタッフさんも、(わたしみたいのにはどれだけ
心強いか:笑)いいですね。
周辺はどんなかんじなのか、たのしみです。

素敵♪

外国ならではの夢が見れるホテルですね^^
日本じゃ絶対感じられない空気感。
細部にいたるまで女の子が好きそうなインテリア。
お姉ちゃん大喜びだったでしょう♪
私もロフトで休みたいなぁ。
日本からの旅行客が多いホテルなんですか?
でなきゃ日本語が堪能なスタッフを置いたりしないですよね。

No title

元農家だったんですね。
ホテルらしくないと思ったら。

No title

琴線に触れたようですね

ご無理をなさらず、数日に分けてご投稿ください
私も毎日、楽しみが増えます^^

サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ