薪の種類で燃焼温度が変わるのか?



先日、ブロともさんから嬉しい頂き物がありました。






何度か使ってますが、桐材の薪です。




送り主はmatsuyamaさん。華麗なる歳時記というブログを書いてらっしゃいます。


ブログタイトル通り、季節と暦とをみごとに融合した更新内容は勉強になります。オススメですよ。





で、この桐材の薪ですが、




見た目の通り薄く裁断されており…





例えばこんな節のある材であっても…








空手などやったことのないワタシの手刀とか踵落としでも、簡単に折ることができます。






ほどよい乾燥と薄さがゆえ、着火性は最高です。





山盛りにしても1時間保たずに燃え尽きるものの、着火してすぐ高温になるので…





着火前の桐薪の中に炭を仕込んでおくと、


このあとすぐにBBQをスタートできることに気付きました。






おかげでこれを全く使わなくなってしまったけど…







ところで今回、再び桐薪を戴いたところで、


そろそろこれの季節が近づいていることに気付きました。






オガワのちびストーブ。小柄ですが熱量はスゴイです。






あまりの暖かさに、冬でもキャンプに行きたくなる度がアップしました。


実際、これのおかげでわが家の冬キャンプが成り立っていると言ってもいいかもしれません。






高性能な灯油系暖房は重いし電源も必要ですから、冬キャンプではまだまだ薪の火力には敵いません。







ところで、今まで間違えていたかもしれません。





こんなぶっとい薪のほうが、








細めの薪より火力が高いのかと思ってましたが…






そういうことじゃないんです。



広葉樹や針葉樹を問わず、どの木でも発熱量は一定に近く、1kgあたり4800キロカロリー前後ということらしい。





どうも木材の種類では熱量には差が出ないみたいです。





じゃ、どうすれば暖かく感じるのか。例えば燃やし方です。






盛大に炎を上げて燃やすより、熾き火にする方が長く効率的に熱を得られます。




木炭を長く高い温度で燃焼し続けるには、熾き火にした方が効果的なのと同じこと。



木炭に近いような密度のある薪のほうが、熾き火では長く燃えます。






木炭は火保ちが良いですからね。





比重とは見た目でいうと、木目や密度も大事かと…





実は今回、matsuyamaさんからは、


桐薪だけでなく、こんな薪も同梱いただきました。






杉ですが見るからに目が詰まった感じの薪♪




これこそ密度が高く、いかにも長く燃えそうな材と言えます。












今週末、実地で検証できるかも…(^^♪








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい

すばらしいものいただきましたね
よかったです
matsuyamaさんからでしたか!
前から知ってます
いいサイトですよね
これもブログつながり
大切にしたいですね♪

おはようございます

いつもありがとうございます。
昨日は昼間は暑いくらいの天気でした。
昼間は半袖で十分と思いましたが、夜になるとやはり
寒くなりました。
しばらくは着用する服に悩まされそうです。

私も大きい薪の方が火力が強いと思っていました。
それだけに、今日の記事は勉強になりました。

ストーブの出る季節。
冬まっしぐら。
寒いのが苦手な私。
しかし年中暑いってのも・・・

暮らす国を間違ったかも・・

楽しみです。

オガワのちびストーブ、そんなに暖かいんですね。そろそろまたitchannさんちの炎のレポ、見られるのを楽しみにしております。

ぼんじゅ~^^

立派な薪ですね~^^
冬の断熱にも必要ですね(^O^)/

No title

おはようございます♪
いつもありがとうございます。

こちら今日は予想最高気温28℃と、また暑さが戻ってきました。
朝晩はかなり寒さを感じるようになり、温度差が堪えます。

そろそろ冬の身支度しなくては、あっという間に寒くなりそうですねぇ

これからのキャンプでは、ストーブを使われるんですね、薪を頂かれて良かったですね^^

ほう

木材によっては違うのかなって思っていましたが、
そうでもないんですね。
てことは、一気に燃え尽きるか、長く細く燃え尽きるかってことですかね。
組み合わせで、そのときの状況にあわせられそうですね。
もう、夕方から夜は涼しいです。
週末も涼しい予報ですからね。たのしみですね。

ちびストーブ、うちも恋しい

薪に適している木っていろいろあるのね。
こちらでも最近は(芋煮のシーズンもあって)いろんなお店で薪を多く見かけます。
値段も材質もいろいろみたいですが、薪って書いてあるだけで中身が何かは出てない。
アレはなんなんだろうなぁ~
一見、大きな薪の方が燃焼率が良さそうですが、違いがないなら細々とした薪を持って行った方が扱い易いかな。
今週末も連休だから、もしかしたら・・・と思ったらやっぱりお出掛けみたいですね^^
今のところ天気がちょっと崩れそうな気配ですが、ココちゃんもいっしょなのかしら(≧w≦)

No title

桐や杉の薪、とても良質で暖かそう♪
薪の選び方も勉強になりました^^実際に生かせると良いのですが^^;

あのストーブでのキャンプ、素敵ですね~。*°
これからは今までとは違ったキャンプ、楽しみですね(*^^*)

こんにちは。

こんにちは。
灯りとしての火は....
炎が無いと駄目ですが....
熱としては熾きになった方が熱量もあり、安定して使えますね!
そう考えると....
炭!
火が回ると最高ですね〜
マングローブのは持ちが悪いですが....

No title

薪は、キャンプで使えるから、ありがたいね。

No title

いいものを贈られましたね

ブンゼンバーナーとアルコールランプの
熱量差を中学の時に、先生と語ったことを思い出しました
薪は一定なのですね

次々と実験なさるお姿、きっと
大人になられたお子さんたちの自慢になると思います
すばらしい知育ですね

No title

ご紹介いただきましてありがとうございます。
お役にたてれば幸いです。
実は今回杉の廃材がありましたので、
キャンプで使えるかな、と思って提案してみました。
その効果楽しみにしております。

No title

 桐って,昔は上等なタンスに使われるぐらいでしたので,高いのではないでしょうか??
 わが家では,最近はガスが中心ですが,風呂は薪で焚いています。確かに太い,大きいから火力が強いとは限りませんね。

No title

食べ物の摂取カロリーで
タンパク質や炭水化物は4キロカロリー、
脂肪は9キロカロリーって計算するのと似てますね~♪

週末のキャンプレポ、楽しみです!

おはようございます。

薪ストーブという物を知りません・・
暖かいんでしょうね。
火を眺めるのもいいのかもv-426


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ